茨城県内のちょっとした平将門伝説のまとめ※更新中(守谷市・取手市)

海禅寺の七騎塚

先日、平将門のピンチを妙見菩薩の化身が救ったお話を紹介しました。

イラスト『妙見菩薩の化身』平将門はなぜ強かった?ピンチを救った妙見菩薩はいまも禅福寺にあり!(つくばみらい市)

武士のはじまりともされる平将門は、武士が好んだ妙見さまに護られていたというのです。そのお話に限らず、将門の神秘的な伝説はまだまだあります。

そこで、ちょっとしたエピソードについては、この記事にまとめていくことにします。内容を書き加えましたらご案内しますので、TwitterやRSSなどのフォローもお願い致します!

七騎塚

茨城県内には将門の七騎塚しちきづかが何箇所かあります。七騎塚は文字通り七人の騎兵を弔うものです。将門のもとにはたくさんの兵がいましたが、七人だけは特別でした。

騎兵の正体はなんと妙見菩薩!以前ご紹介した童子ではなく、将門の姿で戦場に現れていたのです。伝説では『七人の影武者』と呼ばれていて、将門の身を守るために活躍しました。

wata

影武者が7人。。。しかも不老不死。強力過ぎます!

ただ、将門はおごりによって妙見菩薩のご加護を失ったとも云われます。それで最後に敗れてしまうのですが。。。それでも七騎兵は需要な存在。いまも各地で祀られています。

海禅寺(守谷市高野)

海禅寺本堂

七騎塚は茨城県内に3箇所とされていますが、わたしが実際に見れたのは、守谷市の海禅寺かいぜんじだけです。本堂のすぐそばにありますよ。

海禅寺の七騎塚

石碑は8つ並んでいます。一番右側の背の高いものは平将門を弔ったものです。七騎兵は戦場で馬を並べて戦ったそうですが、供養塔も同じように並んでいますね。ただ、これらは江戸時代以降のものであるそうです。

海禅寺に七騎塚があるのは、将門の子孫だと言っている相馬氏の菩提寺だからでしょう。お寺の宝物に将門の戒名が書かれた位牌もあります。

MEMO
海禅寺は931年に平将門によって創建されました。その縁起については、守谷領の領主が古文書で残しています。古文書については守谷市の公式サイトをご覧ください。

ところで、将門が敗れた理由は妙見菩薩のご加護がなくなったからと書きましたが、影武者の秘密を見抜いた人物がいたからとも。その人物の名は桔梗ききょう。正体を隠して将門に近づいた藤原秀郷の妹だと云われます。

wata

藤原秀郷は朝廷の命令を受けて、将門の首を討ち取った人です!

桔梗が影武者をどのように見抜いたかはよくわかりません。わたしが読んだ民話だと、桔梗は影武者の影が薄かったことに気付いたそうです。

桔梗については各地でさまざまな語られ方をしています。興味が湧いたら検索してみましょう!山ほど出てきますよ。

なお、このあとに桔梗塚についても紹介しています。

名称 大雄山 海禅寺
住所 〒302-0125 茨城県守谷市高野1337
駐車場 少しあり

西林寺(守谷市本町)

西林寺入り口

七騎塚は海禅寺と同じ守谷市内にもう1つあります。西林寺です。ただ、わたしの手元にある『茨城の民話(茨城児童文学者協会)』で紹介されているものの、境内にそれらしい塚はありませんでした。

でも、まったくゆかりがないわけじゃありません。将門のことを詠んだ句があります。しかも詠んだのは俳人の小林一茶です。

「梅さくや平親王の御月夜」(我春集 文化8年)

なんとなくロマンティックな感じがしますね。守谷市シティプロモーションによれば、小林一茶は守谷に9回も訪れています。しかも滞在日数は104日!もちろん、守谷のことを詠んだ句もありますよ。

西林寺内の小林一茶の句

行くとしや空の名残を守谷まで

wata

一茶は守谷に来たら、そのほとんどを西林寺で過ごしました。住職と仲が良かったからです。きっと守谷の人々とお話するうちに将門のことも知ったのでしょう。そして悪人でないことがわかったので、自分の作品に取り入れたのだと思います。
名称 西林寺(天台宗)
住所 〒302-0109 茨城県守谷市本町726
駐車場 あり

桔梗塚(取手市米ノ井)

将門の敗北の原因となった女性。。。桔梗。本当は諸説あるんですけどね。

先ほど、桔梗は兄の指示で将門に近づいて、弱点を見つけたことを書きましたが、少し違うお話をご紹介します。常陽リビングから引用します。

毎朝日の出を拝み、将門の武運を祈っていたという桔梗御前だったが、敵の藤原秀郷にだまされて将門を裏切ってしまう。結局は戦功に傷が付くのを恐れた秀郷に口封じのために命を奪われ、ここに眠っている。

桔梗塚(ききょうづか) – 取手市/常陽リビング

桔梗塚

そして上の写真が伝説の桔梗塚です。

場所は稲戸井駅のそば。米ノ井のファミリーマート前の通り(294号)をゆめみ野駅方面に進みます。草木に囲まれていてちょっとわかりにくいですが、紹介の立て札を目印に見つけてみましょう。

桔梗塚の周辺は、桔梗の悲劇的な最期によって桔梗の花が咲かない地域と云われますが・・・そんなことはないですよ♪

MEMO
桔梗塚のある米ノ井という住所も平将門と関係があります。将門は武運長久を願うために、取手の龍禅寺三仏堂にお参りしました。すると、お堂の前の井戸から米が吹き出してきたそうです。将門はそれに喜んだので、米ノ井の地名になりました。
名称 桔梗塚
住所 〒302-0033 茨城県取手市米ノ井 国道 294 号線
駐車場 なし

まとめ

平将門の伝説は数え切れないほどあります。そしてどれもありがたいお話であることが面白いですね。

わたしはお寺や神社をウォーキングを兼ねてお参りしていますが、将門のゆかり巡りも同じように楽しめます。

特に坂東、守谷は充実していますので、まとめて巡ってみるのもいいと思います♪