茨城の冬の味覚!『旬の味なかむら』で絶品のあんこう鍋をいただきました(大洗町)

あんこう鍋

「東のあんこう、西のふぐ」語呂がいいですね。地方を代表する高級魚という意味だと思います。

あんこうは茨城県で納豆と並ぶほどの名産品です。・・・実は大人になって知りました。高級品なので、子どもの耳には入りにくいからでしょう。

江戸時代、いまの茨城の中心にあった水戸藩は、あんこうを将軍家に献上していました。(参考:国立国会図書館)きっと大昔からの逸品だったんですね。茨城県民はそれを身近に食べられるのですから幸せです。

今回は茨城の冬の味覚あんこう(鍋)とお店に予約するメリットをご紹介します。あんこうの本場は県北ですが、ご紹介する大洗も提供店が多く評判もGOOD!人銘店でコース料理を注文しましたので、召し上がる参考になればうれしいです♪

旬の味なかむら

あんこう。。。深海魚らしく見た目はグロテスク。市場ではじめて見たときは思わず「げっ!?」それでもおいしくてユニークなのでオススメです!骨以外はすべて食べれちゃうんです。部位ごとに味や食感が違うのもいいですね。ぜひ、勇気を出して挑戦して欲しいです。

あんこうを楽しむならあんこう鍋がいいでしょう。理由は観光いばらきの『あんこういばらき』から引用します

あんこう鍋は、あんこうを主な具材とする鍋料理を指し、あんこうの七つ道具、野菜、スープ(割り下)を一緒に鍋に入れて煮込んだ料理のことを広く「あんこう鍋」と称します
あんこういばらき/観光いばらき

つまり、あんこうの魅力が詰まっています。それに寒い時期の鍋は最高ですから♪

大洗にはあんこう鍋を通常メニューとして提供しているお店がたくさんあります。入店していきなり食べれちゃう、ということです。でも、予約のメリットはしっかりあります!五反田にある「旬の味 なかむら」を例にご紹介します。

予約しよう

なかむら名刺

今回、わたしがいただいたのは、あんこう鍋コースです。料金は一人5000円(税別)。二人前から予約できます。お昼に予約しましたが、お昼から鍋って意外と多いそうですよ。当日、わたしたち以外にもおられました。

注意
人気店は予約しないとそもそも入店が難しいので注意です!

あんこう鍋コースは予約でしか食べられません。ふだん食べれないものをいただける。。。予約のメリットですね!

予約はお伺いする1週間前にお電話でしました。時間、人数、料理(あんこう鍋コース)を伝えて、あとは当日お伺いするだけ。簡単です♪

wata

なかむらの電話番号は「029-266-2127」定休日の月曜日は通じないかもしれません

なかむらへ入店

旬の味なかむら外観

なかむらはお家を改装したお店なので、外の電光掲示板がなければ普通の家に見えます。周囲を民家に囲まれていてまさに隠れ家的。正直、わかりにくい場所ですがお店の近くには案内の看板ので、チェックしながらいきましょう。

なお、店内では自分たちのテーブル以外は撮影しておりません。お店の雰囲気は以下の大洗町観光協会のサイトをご覧ください。

落ち着いた和風の造りとなっています。カウンターがあるのは面白いですね!

参考 旬の味なかむら~和食・日本料理と手打ち蕎麦の店~よかっぺ大洗

wata

駐車場は10台ほと停められます。有効活用するために『停め方』がありますので、先に停めている方を参考にしましょう。いなければお店で聞いてみてくださいね。

あんこう鍋コース

個室

入店して通されたのは、仕切られた予約用のお部屋でした。たくさんのお客さんで少々賑やかと思いきや、とても静かで驚きました。長く滞在するので、のんびりお話できるのはとてもいいです。これも予約ならではの特典でしょう。

ドリンクを注文してしばらくすると、料理が続々と運ばれてきました。

前菜

塩辛、コリコリした食感としょっぱさが最高です。隣のたまごが甘いのでより刺激的。昼でしたが「お酒飲みたい!」

お造り

続いてはお刺身!店主オススメのインドマグロ、たまりませんでした。。。とにかく味が濃い。分厚くきってあるせいかも。甘いイカにほんのり酸っぱいしめ鯖。味も食感もぜんぜん違っていて、楽しく食べられます♪

あんこう鍋

あんこう鍋

そしてあんこう鍋!ぐつぐつ煮立っていい香り。彩り豊かで食欲マシマシです!こちらは3人前のボリュームです。

鍋はテーブルのコンロの上におかれますが、運ばれてすぐに食べられます。自分たちではなにもしません。厨房で完成させてくれるんです。さすが予約は違います!

なかむらのあんこう鍋はゆずをたっぷり効かせています。だからとっても香ばしい!基本的には味噌味ですが、印象的に残るのは間違いなくゆずです。それにちょっとだけ辛味もありますね。

茨城のあんこうは美味しいですよ。身は白身魚のように淡白です。あっさりと上品な味ですね。でも、皮の部分はぷるぷるとゼリー状になっています。同じ魚だとは思えません!そして、なんといっても「アレ」の味がありますから。。。

鍋はあんこうの他にも白菜、春菊、人参、しいたけなどのお野菜たっぷり。よーく煮られてスープを吸っています。箸が進みますよ!

鍋の後にはこちらも出てきました。

あん肝

あん肝!寒い時期、あんこうの肝は大きくなって美味しくなります。シーズン真っ盛りのあん肝。。。それはもう絶品です!まさにとろけるような食感。思わず「ナニコレ!」と声が出ます。記念になるレベルなので、あん肝好きな方は食べておきましょう!

wata

ところで、冷たい海でとれるあんこうは身が引き締まって味もよいのだとか。茨城はあんこうがとれる地域で北部にあるので美味しいのです。
さわらと海老
デザートのようかん

さらに絶品料理は続き、いよいよシメ。シメは先ほどの鍋のスープを使った雑炊です。

雑炊1

雑炊2

問答無用の美味しさ。身体中ぽっかぽかです。

気がついたら2時間近く経過していました。昼間から地産地消を堪能しながらのんびり。とても幸せな時間でした。

まとめ

茨城はあんこうの名産地。シーズンである11月〜3月に各店であんこうを提供しています。

あんこう鍋はあんこうの『七つ道具』が詰まった絶品料理。鍋はお店ごとの個性がでます。観光いばらきでも特集されていますので、クチコミや情報誌などを頼りに足を運んでみましょう。

あんこう料理は手間がかかります。本格的なお店で食べるなら、ぜひ予約をしてください。お値段は高めなものの、満足度の高い料理とサービスが期待できます。また、あんこうのどぶ汁は予約でしか提供していないお店も多いです。

あんこうのシーズンは寒い時期。まだまだ楽しむことができますよ♪

アクセス

名称 旬の味 なかむら
住所 茨城県東茨城郡大洗町五反田532
営業時間 11:30~14:00、17:00~23:00
駐車場 あり。約10台停められます。
ただし、駐車方法が特殊なので入店の際に確認しましょう。
定休日 月曜日
TEL・予約 029-266-2127
喫煙