真鍋の八坂神社〜旧郷社(土浦市)

初詣はどこにいかれたでしょうか。

県内だと笠間稲荷、鹿島神宮、大洗磯前神社が特に人気ですよね。すごく混むので大変なんですけど。。特別な御朱印めぐりを楽しむのも素敵だと思います。

わたしも県内各地に足を運んでいますが、氏神さまを忘れてはいません。わたしの場合は土浦市の真鍋地区にある八坂やさか神社です。

この記事では八坂神社と初詣のようすをご紹介します。派手な神社ではありませんので、初詣や氏神について考える参考になればと思います。

八坂神社とは

土浦市には八坂神社がいくつかありますが、真鍋の八坂神社は土浦の総鎮守。鎮守は土地や建物を守る神様。いわゆる氏神です。(本来は氏=一族の神)

場所は土浦一高から合同庁舎の方に続く道の途中にあります。この道は八坂神社の前にあるので八坂通りといいます。

茨城県神社庁が由緒を簡潔に紹介していましたので引用します。

創立年代不詳
筑波南麓大形に鎮祭されていた神(牛頭天王像)が霞ヶ浦沖合で引き上げられ、湖畔(現・天王松)に祀られた。後、応永年間に現在地に遷座。
土浦市鎮座八坂神社/茨城県神社庁

言い伝えだと牛頭天王像(御神体)を引き上げたのが1396年(応永3年)。はじめは現在の市営グラウンド傍の天王松の下で祀っていて、いまの場所は1415年(応永22年)から。

ただ。。天王さまを流す風習は江戸時代にありました。中島家文書(おそらく当時の宮司)にも天正や宝永年間の出来事とありますので、江戸時代から祀った可能性が高いです。

真鍋に移動後、牛頭天王社として真鍋の鎮守に。その後、北西を向いていた社殿を南向きに替えて土浦城の鎮守にもなりました。城の北東なので鬼門除けなのでしょうか。

名前を八坂神社と変えたのは1872年(明治5年)。当時の神仏を分ける動きによってです。ご祭神を素戔之男命すさのおのみこととしたのはこのときでしょう。牛頭天王は神仏習合の神。スサノオと同一視されていましたから。

MEMO
八坂神社は1872年(明治5年)以前は土浦、真鍋、都和地区の氏神でした

鳥居と社殿

鳥居

鳥居

現在の鳥居は1728年(享保13年)に土屋陳直が建てました。本殿は1700年(元禄13年)に土屋政直が。どちらも土浦藩の藩主で土浦城の城主。土浦の歴史と共にある神社です!

翌年には政府の社格制度で『郷社』となりました。村社よりも上。権威付けがされたんですね。社格制度は戦後廃止となりましたが、神社の位置づけの参考になります。

八坂神社社殿(拝殿)

八坂神社社殿(拝殿)

八坂神社の拝殿・幣殿・本殿はいずれも市指定の文化財。さすが郷社といったところ。

拝殿はお賽銭を入れるときに目の前にある建物。その裏に御神体のある本殿があって拝殿と本殿の間に幣殿があります。つまり拝殿→幣殿→本殿の順に並んでいます。

拝殿は入母屋造り。聖徳太子が建てた奈良の法隆寺も同じ造り。格式高いです!

シンプルかつ常に薄暗い境内なのでいつも同じ雰囲気。子どもの頃から来ているのでこともあって、わたしにとっておなじみの神社です。

境内社

境内社に稲荷神社と招魂社があります。

招魂社

招魂社

招魂社は戦争で亡くなった方々の慰霊のための神社。お賽銭箱の星は大日本帝国陸軍の勲章や帽章をイメージしているのでしょう。数年前までは鳥居があったのですが。。

招魂社の右手には忠魂碑。右籾にあった海軍航空廠で亡くなった方のためのものです。海軍の街として栄えた土浦の歴史を感じます。

土浦祇園まつり

毎年7月下旬の土浦祇園まつりは八坂神社の例祭です。

祇園は祇園社のこと。明治以前、京都の八坂神社は祇園社と呼ばれていました。神社の名前は変わりましたが、おまつりは同じなんですね。

wata

土浦の八坂神社の多くは京都から分祀したといわれているんです

初詣

初詣

初詣

というわけで、初詣に行ってきました。

ふだんの境内は閑散としていて、社務所にはだれもいません。それが鳥居のあたりから参拝の行列ができているのを見ると、なんとも不思議な気持ちになります。

神社の由緒やご祭神は知らないとは思いますが、家族行事として親しまれているようですね。人生が豊かになるならレジャー感覚でも良いかなと思います。

氏神という考え方は人々の移動が自由な現代ではあまり意味がないかもしれません。でも、人は必ずどこかの土地で生活しますから、その土地に敬意を払う意味で参拝してみてはいかがでしょう。自分を大切にすることと同じだと思います。

初詣の出店

初詣の出店

たこ焼き焼きそば、大判焼き。定番のテキ屋を見つけましたが、昔よりも少し減りました。最近は外国の方も出店。世の中変わりましたよね。。

神社の駐車場は鳥居の奥に新設されました。初詣では利用できません。八坂通りはほぼ通行止めと思ってください。ただ、駐車場は合同庁舎側から入った通り沿いにあります。

wata

初詣は合同庁舎を駐車場として利用できます!

御朱印

八坂神社の御朱印

八坂神社の御朱印

八坂神社の御朱印です。初穂料は300円。

ふだん神職の方はいらっしゃいませんので、お正月や七五三の際にいただけます。社殿の左手にある社務所でお声掛けください。

アクセス

名称 八坂神社
住所 茨城県土浦市真鍋5丁目9-1
駐車場 あり(無料)
※初詣は合同庁舎に駐車できます(真鍋5丁目17-26)
Webサイト 茨城県神社庁内

まとめ

真鍋の八坂神社は土浦の総鎮守。ご祭神はスサノオノミコトです。

牛頭天王社として江戸時代から祀られていましたが、明治になって八坂神社に改称しご祭神をスサノオとしました。

毎年7月下旬の土浦祇園まつりは多くの市民で賑わいます。初詣の参拝者も多くいまも市を代表する神社です。


参考図書
・土浦市史 民俗編/土浦市史編さん委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA