すぐにわかるアルカス土浦の使い方!(土浦市)

土浦市に県内最大規模の図書館がオープン!その名もアルカス土浦

図書館をよく利用するのでとても楽しみにしていました。各所で雰囲気や多機能であることが紹介されていますが、重要なのは図書館として優れていること。

これまで図書館を利用したことがない方、この機会にアルカス土浦を訪れてみましょう!お金を使わずにいくらでも自己啓発できますよ。本当に。

今回は図書館の初心者向けにアルカス土浦の利用方法をご紹介します。市内の図書館はほぼ同じなので、お近くの図書館の利用にも役立ちますよ!

アルカス土浦とは

アルカス土浦外観2

アルカス土浦は土浦駅前にできた複合施設。銀行や交番、学習塾などが入っていますが、メインは図書館です。なんと56万冊も所蔵できます。まだそこまで入ってないですけどね。建物は4階建て。そのうち2〜4階が図書館です。

館内の座席は600席!建物内は天井が高く、広々として気持ちがいいです。それになんといっても明るい!大きな窓ガラスのおかげです。読書や勉強が楽しくなる場所ですよ。

駅に併設してありますので、学生や通勤の方々が利用しやすいです。市役所がそばにありますので、市民はちょっとした用事の際に立ち寄れそう。2時間まで無料の駐車場も嬉しい!

wata

図書館内は撮影禁止。このブログも写真無しでお届けします
注意
駐車を2時間無料にするためには、2階の受付に駐車券を渡してください。入館と退館のときの2回処理する必要があります

アルカス土浦を使いこなそう!

図書館は本を読んだり借りる場所です。昔からありますが、利用せずに社会人になった方も多いのではないでしょうか。わたしもそう。利用方法がわからなかったり、本を探すのが面倒だったり。返すのを忘れたらどうしようと考えたりしてました。

でも、利用すれば仕事にも勉強にも役立ちます。使い方を知っていて損はありませんよ。しかも無料ですから!

本を探す

たくさんの本から目当てを探すのは大変です。読むよりも探している時間のほうが長かったりして。そもそも読みたい本が置いてないのに探してたら残念すぎますよね。その問題は解決できます。データベースで検索しましょう。

検索画面1

検索は自宅のパソコンやスマホを使います。もちろん図書館の端末OK。土浦市の図書館のWebサイトを開いて、探している本のキーワードを打ち込みます。

画像はパソコンですが、スマホでもほぼ同じ操作。スマホの場合はトップの『蔵書検索』から入力です。

検索画面2

キーワードに合致したものが一覧で表示されます。タイトルをクリックすると詳細が表示され、図書館のどこにあるか書かれています。貸出中かどうかもわかるので便利です。

検索画面3

検索で表示される『背ラベル』は、本の背表紙についているラベルのこと。館内で本を探すのに役立つのでメモしておきましょう。背表紙はマンガだと巻数が書いてあるところです。

土浦市の図書館はアルカスだけではありません。検索で表示されるものには分館(別の図書館)も含まれますので注意してください。

ざっくりとした位置がわかったら、館内で探し始めます。ここからは努力ですが『背ラベル』がわかると難しくないはずです。階数とジャンル、背ラベルが頼りです。

MEMO
図書館の端末で検索した場合、図書情報を印刷できます。置いてある場所を示してあるので、それを頼りに探しましょう。書庫にある図書は受付の方にその紙を渡すとスムーズです。『閉架』とある図書は棚に並んでおらず書庫にあります。

本を借りる

これまで本を借りるためには、カウンターに持ち込む必要がありました。司書さんは頑張ってますが、けっこう並ぶんですよね。もちろん、いまもその手段は有効。

でも、アルカスなら貸出を自分で処理できます!かなり時短できるので、ぜひ試してみてください。

MEMO
借りるには利用カードが必要です。事前に登録しないと使えませんので、持っていなければ受付でカードの発行を希望してください。市外にお住みの方でも作れます。ただし、登録には免許証などの身分証が必要なので準備を忘れずに。詳しくは図書館の公式サイトをご覧ください。

貸出は専用の端末を使用します。2階の受付前に3台あります。写真を使いたいのですが、館内は撮影禁止なので言葉で説明します。でも、すごく簡単です。

  1. 借りたい本を端末の台に置く
  2. 端末の指示に従ってボタン操作

以上です。操作と言っても、本のタイトルや冊数を確認するだけ。機械がバーコードを読み込んで、自動的にデータベースにアクセスしているのでしょう。初めてでもすぐできますし、慣れれば数秒で済みます♬

貸出レシート

端末で貸出レシートを発行できます。レシートには本のタイトルや返却日がありますので、忘れそうならしっかり発行しておきましょう。

本を返す

通常は借りた図書館の受付で返却しますが、それだと大変ですよね。もっと便利な方法を知っておきましょう。

本の返却方法
  1. 図書館の利用時間外く
    図書館の受付ではなく、図書館の返却ポストに投函すればOK。いつでも返却できます。ポストは入口のそばにあります
  2. 別の図書館
    本を借りた図書館でなくても返却できます。市内の図書館と公民館に持ち込めば大丈夫です。時間外は返却ポストに投函しましょう。返却できる施設はぜんぶで10箇所あります。詳しい場所は図書館のサイトからどうぞ。

借りたものを別の場所で返却できるのは便利ですね。市外の方に特にオススメです。

wata

返却は2階入口の自動返却機でもできます。1冊ずつ置いてください。ベルトコンベアーで流れていき返却できます。非常にスピーディー!

託児サービス「つちまるーむ」【土浦市民限定】

小さな子どもと一緒に図書館を利用したい。。そんなときは託児サービスを利用されてはいかがでしょうか。土浦市民だけのサービスです。

託児サービスは毎週火曜日の10〜14時のあいだ、1時間まで預かってくれます。定員(4〜6名程度)や年齢(10ヶ月〜2歳児)などの制限がありますので、まずは以下のリンクをチェックしてみましょう。事前予約が必要なのも忘れずに!

参考 (土浦市民の方向け)託児サービス「つちまるーむ」が始まりました土浦市立図書館
注意
預けられる子どもの年齢は公式サイトだと『2歳児まで』ですが、NEWSつくばの記事だと『3歳児まで』になったとあります。気になる方は問い合わせをしてみましょう

アクセス

施設名アルカス土浦
ジャンル図書館
TEL029−822−3398
住所土浦市大和町1番1号
駐車場あり。アルカス駐車場ほか、土浦市駅西駐車場、土浦市駅東駐車場。2時間まで無料可。
営業時間平日10:00〜20:00、土日祝10:00~18:00
休館日第2〜第5月曜日(祝日開館)
MEMO
駐車場については市役所の公式サイトがわかりやすいです。

まとめ

アルカス土浦は中心市街地の活性化のために誕生しました。居心地の良い空間を目指しているのもそうした理由です。

その機能はどの図書館より優れていて住民の生活に役立ちます。特に「たくさん読みたい」「欲しい本を見つけたい」「スピーディーに!」というニーズにしっかり応えてくれています。土浦市民でなくても大いに活用して欲しい施設です。

今回は初心者向けということでご紹介しませんでしたが、図書館にはさらに便利な仕組みがあります。貸出予約や貸出の延長、市外の図書館の本を取り寄せるなど。。こんなことできたらいいな、ができるかもしれないので、公式サイトは要チェックです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA