冬は水郷桜イルミネーションを撮影しよう!カメラマンの腕試しにもオススメです(土浦市)

写真がうまくなる簡単な方法・・・それは同じ場所で何度も撮ってみることです!!!

・・・何度も、というのは日を改めてということです。撮ったものを落ち着いて見てみると、改善点などの新しい発見があるからですね。写真の本でなんどか見かけましたので、試してみる価値はあると思います。

「じゃあ、どこで撮ればいいの?」

茨城の県南では霞ヶ浦総合公園がオススメです。(わたしの地元だし)とても広くて、季節ごとに楽しめるポイントがあります。撮影の他に運動や食事、さらにお風呂まで楽しめるので、気軽に足を運んでみてください。スマホやコンデジでも十分キレイに撮れますよ。魅力的な写真は撮る方次第ですから。

今回は11月〜2月の中旬にかけて開催される水郷桜イルミネーションをご紹介します。あと2週間ほどで終わってしまいますが、人通りが減ったいまがチャンス!三脚立ててじっくり撮影できます。まだ来たことのない方はぜひお越しください。

水郷桜イルミネーションとは

水郷桜イルミネーションは霞ヶ浦総合公園内のオランダ型風車の周辺で開催。例年11月中旬から2月中旬の約3ヶ月間、午後5時〜9時まで点灯しています。使われているLEDは225000個!立派な数です。入場は無料なので、なんども挑戦してください。

イベント情報はチラシのある土浦市のサイトからどうぞ。

参考 水郷桜イルミネーション土浦市(公式)

駐車場も無料です。霞浦の湯(銭湯)の駐車場を使えますが、期間中なら臨時駐車場もあります。風車の裏側の方にイルミネーションがほどこされた案内板がありますので、そちらを目印にしてください。

もし、風車側の駐車場が埋まっていてもご安心を。5分少々歩きますが、テニスコート側の駐車場はガラガラだったりします。冬の夜ですからね。

MEMO
会場にはキララちゃんバスで来ることもできます。利用される方はイベントのチラシが簡潔でわかりやすいです。行きは16:40、17:30、18:20の3本。帰りも17:42、18:36,19:22の3本です。

撮影スポット一覧

それでは、撮影例といきましょう。Twitterの公式アカウントが写真も紹介も素敵だったので勝手にコラボします。

風車イルミネーション

まずは誰もがシャッターを切る風車から。とても目立ってますよね。風車と一緒になにかを撮るのが面白いと思います。

公園のシンボル的な風車は市政50周年を記念して建てられました。いまは76年目なので、もう26年も前からあるんですね。昼夜問わず展望台に上がれまして、公園を一望できます。展望台からの風景もキレイなのでオススメ。

オランダ型風車のイルミネーション

わたしは釣りをする少年の像と一緒に撮ってみました。像のタイトルは『光の輪のむこうに』です。意味深なタイトルですが、むこうにあるのは霞ヶ浦です。霞ヶ浦の浄化を記念して建てられました。風車と同じく市制50周年記念のときのものです。

筑波山イルミネーション

風車のそばには水生植物園があります。植物は1年中あるものの冬場は少々寂しい。でも、それは昼間のこと。夜はイルミネーションを反射して美しく輝いています。

筑波山のあるつくば市は土浦市のお隣です。もちろん土浦市からも見れますよ!これは土浦市にしかない『筑波山』ですけどね。

筑波山のイルミネーション

わたしも『逆さ筑波』に『逆さハス』?に挑戦。いい感じに収まっています。ハスがあるのは、レンコンの上に咲く花だからでしょう。土浦はレンコンの生産量日本一ですから♪

花火のアーチ

色鮮やかですよね。光が星のようになっていて、とても幻想的です。土浦の花火大会は昨年で86回目。伝統行事を再現!というわけですね。

花火のアーチのイルミネーション

わたしは玉ボケさせてみました。神秘的な感じ!

渦巻き竹あかり

すごーく暖かい色で気に入っています。職員の手作りというのも気持ちがほっこりします。竹あかりだけを撮ると別世界な雰囲気ですね!

渦巻き竹あかりのイルミネーション

風車と一緒に撮りました。ホット&クールな一枚です♪

つちまるイルミネーション

6年目にして登場。市のマスコットキャラ『つちまる』です。市民であれば知らない方はいない。。。はず。土浦を存分にアピールしています。ちなみに、つちまるの語尾は「でちゅ」。シブい名前とすごいギャップ。

つちまると幸せの鐘のイルミネーション

『つちまる』の前に鐘があります。『幸せの鐘』といって。。。奏でれば幸せになります(断言)鐘は土浦ロータリークラブが寄贈しました。ありがたいことです♪

wata

他にも帆引き船や打ち上げ花火もオススメのイルミネーションです。たくさんの方が撮影していますので、一緒に楽しみましょう。

撮影で身体が冷えたら

キッチンカーベーヤン

会場はとにかく寒い。冬場に加えておとなりに霞ヶ浦があるせいでしょう。でも、実は暖まることもできます。ずばり、キッチンカーと銭湯です。エネルギーをチャージしながらリラックスもできますよ。

キッチンカーは日替わりです。ふだん『水郷マルシェ』として出店している『あおぞらまるしぇ』の方々です。いろいろありますが、寒さをしのぐのはこちら。

ベーヤンの中華そば

ベーヤンの中華そば!アツアツで濃い目のスープが元気をくれます。寒いなか動き回った後だと格別♪

キッチンカーを出しているのは土浦市周辺の方々です。わたしが知っている方ばかりなので安心してオススメできます!

霞浦の湯

夜の霞浦の湯

最高に温まりたいなら霞浦の湯です。これ以上ありません。けっこう混んでいると思いますが、それだけ人気があるということ。霞ヶ浦を一望できるのも人気の理由です。

定休日は月曜日。イルミネーションは21:00までやっていますが、霞浦の湯の最終受付は19:15までなので注意してください。でも、20:00まではゆっくりとできますよ♪

参考 展望浴場霞浦の湯国民宿舎水郷|霞浦の湯

まとめ

霞ヶ浦総合公園は写真好きには嬉しい公園です。季節ごとに撮影を楽しめるポイントがあります。

冬のオススメは水郷桜イルミネーションです。イベントは年々LEDが増えてレベルアップ。撮影ポイントも新しくなっていきますので、腕試しに向いています。

一度目はイマイチな写真でも、なんども足を運べば納得の一枚が撮れると思います。三脚を使うなら、人混みが落ち着く1月以降がオススメです。寒さ対策をしっかりして、冬の夜も元気に撮影しましょう!

アクセス

名称 霞ヶ浦総合公園
住所 〒300-0835 茨城県土浦市大岩田1051
駐車場 あり
Webサイト 土浦市公式サイト内