海神VS大毒魚!阿見の由来は古代霞ヶ浦の伝説のバトルからか(阿見町)

海神と大毒魚

今週、終戦の日(8月15日)を迎えました。そのせいか、阿見町の記事がたくさん読まれています。戦前、阿見は海軍のまちだったので、この時期に関心が高まったのだと思います。

現在の阿見町は昭和30年に旧阿見町、朝日村、君原村、舟島村が合併してできました。まだできてから60年ほどなので、とても新しい町だと思います。そんな阿見の歴史が伝わっているなら、お隣の市民としても嬉しいです。

さて、阿見町は新しい町ですが、阿見という名前は古くからあります。合併60周年の際に発行したミニ要覧によれば、7世紀頃にもあったそうです。由緒正しき言葉なんですね。

ただ、阿見町の由来には不思議な説があります。とても面白いので調べたものをご紹介します!

大毒魚と海神の伝説

伝説は江戸時代に編集された『常陽式内鎮座本紀』にあります。これは、常陸国ひたちのくに(いまの茨城県)の祭神を記した本です。それには以下のようにあります。

島津小公園前から見る霞ヶ浦

遠い昔、持統天皇がいた時代のことです。霞ヶ浦の沖で夜な夜な怪しい光が「ピカーッ!ピカーッ!」と光るようになりました。漁師たちは「あの光はなんだろう」と恐れていましたが・・・自分たちではどうにもならないので、ただただ不安な日々を過ごしていました。

ある晴天の日のことです。漁師が「たくさんの魚がとれますように」と願いながら舟を出しました。沖まできて網を下ろすと、途端にいままでがうそのように辺りが暗くなりました。そして、黒い雲がぐんぐん迫ってきて、風が強くなり大つぶの雨が降り出しました。水面は波立ち、舟は激しく揺れて、いまにも転ぷくしそうです。

漁師は座り込み「神様、仏様、命だけは助けてください!」と祈りました。すると、目の前の水面に人の姿が見えました。漁師が「一体どなただろう」と考えていると、「我は少童しょうどう(年が若い)の神。この海原には悪い光を出す大毒魚おおどくぎょがいる。悪魚を退治しなければこの国がおさまらない」と言って波に沈んでいきました。しばらくすると、不思議と雲がはれて、荒れた海原がもとに戻りました。漁師は「海神様。危ないところをありがとうございました」と両手を合わせました。

このあと、漁師は海神を祀る神社を建てて『海神社』と呼ぶことにしました。やがて他の村人たちも信仰するようになり、次第にその名が広がっていきました。そしていつからか、海の「う」は「あ」に変わり、あみ神社となりました。それが地名にも使われるようになったといいます。

■参考図書
爺さんの立ち話/阿見町
民話でつづる霞ヶ浦/仲田安夫

MEMO
霞ヶ浦の”海神”に違和感のある方は多いでしょう。霞ヶ浦は湖ですから。でも、古代は海だったんです。常陸国風土記にもそう記述があります。自然環境の変化によって、15〜16世紀に汽水湖になりました。そのあと少しずつ淡水に近づいていくんです。(現在はほぼ淡水)

wata

「阿見」はもともと「海」だそうです。阿見の漢字があてられた理由はわかりません。阿弥陀佛あみだぶつのようにありがたい意味なのかもしれません。

島津小公園

伝説の紹介にある写真は阿見町の島津小公園で撮影したものです。雰囲気を出すため、あえてお天気の悪い日を狙ってみました。公園は近年できました。晴天なら気持ちよく過ごせそうですね。でも、ゴミ箱やお手洗いはありませんのでご注意を。公園の住所はこちらの地図を参考にして下さい。

島津小公園の地図

中郷の阿弥神社

阿彌神社(中郷)の入り口

海神社は阿弥神社になりました。では、その神社はいまどこにあるのでしょう。前述の図書によれば、中郷の阿弥神社とのことです。

阿彌神社(中郷)の参道

阿彌神社(中郷)の拝殿

この神社は以前にご紹介したことがあります。境内に海軍とゆかりの深い霞ヶ浦神社の社殿があったからです。詳しくは以下をご覧ください。

霞ヶ浦神社アイキャッチ阿見大空襲と霞ヶ浦神社(阿見町・土浦市)

阿弥神社については阿見町の教育委員会が素晴らしい解説をしています。こちらでは、伝説にしか触れませんので、ぜひそちらもご覧ください。

境内の立て札を読みましたが、創建の年については書かれていません。でも、こちらのサイトWikipediaには708年に建てられたとあります。読んだことありませんが『茨城県神社誌』にあるそうです。

先の伝説(物語)は持統天皇の時代だとありました。持統天皇は703年に崩御されたので、創建が708年なら時代的には合います。でも、神社の入り口の看板には豊城入彦命とよきいりびこのみことが祭神だとあります。海神とされることはないと思います。その前の時代にはタケミカヅチという記録もあります。さらに、霞ヶ浦からは少し離れた場所にありますので・・・伝説の海神を祀っているというのは、ちょっと違和感があります。

ここで納得するのは難しいですよね。ご安心を。話は終わりません。不思議なことですが、阿弥神社はもう1つあります。そちらも調べてみました!

名称 阿弥神社(中郷)
住所 〒300-0337 茨城県稲敷郡阿見町中郷2丁目25
駐車場 なし

竹来の阿弥神社

竹来の阿弥神社社殿

阿見町竹来たかくにある阿弥神社です。神社の概要はやはり阿見町の教育委員会がしっかり説明してます!

竹来の阿弥神社3

実は同じ阿弥神社でもこちらのほうが古いのではないか、という説があります。8世紀に編さんされた常陸国風土記に竹来の地名が登場することも理由のひとつです。風土記によれば竹来は普都ふつの大神が降臨したとされる地です。古くから地名があることは間違いないので、伝説の地に相応しいとは思います。

MEMO
普都の大神はこの地で朝廷に従わないものを征伐して高天原に戻っていきました。その際に身につけていた鎧や盾、剣などを置いていったという伝説も残されています。

江戸時代に中郷の阿弥神社と「どちらが由緒のある神社か」という論争がありました。寺社奉行に判断を仰ぐまで発展しましたが「どちらも阿弥神社と名乗ってよい」ということになりました。ただし、「式内社(伝説の神社)とは名乗っちゃダメ」とも。つまり、どちらが伝説の神社かはわからないのです。

竹来の阿弥神社もご祭神はタケミカヅチや豊城入彦命と言われています。海神らしき名前はありません。

竹来の阿弥神社参道

今回、伝説にあるとされる2つの神社を巡りました。ですが、結局のところそれらしいことは確認できませんでした。とても残念ですが、それは日本の歴史の深さも意味しています。

例えば、いまから100年前に建国したなら、このような伝説はないと思います。国によっては建国した年のことが写真に残っています。でも、日本の場合、写真で確認など絶対に不可能なほど歴史があるので伝説になるのです。ちょっと悔しい気持ちですが、そういうことで納得することにしました。

今回の記事も、あみ観光ガイドの筧田聡さんに情報提供していただきました。ご協力、感謝いたしますm(__)m

名称 阿弥神社(竹来)
住所 〒300-0305 茨城県稲敷郡阿見町竹来1652
駐車場 なし

まとめ

阿見町の阿弥神社は大毒魚を倒した海神を祀っていると云われます。

ただし、2つある阿弥神社のうち、どちらが伝説の神社なのかは不明です。

どうして伝説に具体的に神社の名前が出てくるのかが気になるところです。

イラスト『伝説の大毒魚と海神』

大毒魚と海神

Illustration by 蜥蜴男

大毒魚に立ち向かう海神です。現存する古代魚シーラカンスを参考に荒々しいイメージで描いてくださいました。海でこんな魚に出会ったら絶望です。

はじめてこのイラストを見たとき、映画『ジョーズ』を思い出しました。巨大なサメが船を襲うストーリーで、人が海では無力になることが衝撃的で怖かったです。映画のサメはホオジロザメという種類で、大きさは推定8m程度です。8mといえば、軽自動車の全長の2倍くらい。そんなものが水中で突撃してきたらと思うと、恐ろしいですよね。

イラストの毒魚は明らかにそれよりも大きいです。非現実的な大きさに見えますが・・・幼いころ、これくらいの大きさのサメについて調べたことがあります。いまから150万年前に生息していたとされる古代魚メガロドンです。

メガロドンは発見された歯の大きさから推定で全長13m〜20mとされています。最大サイズだとイラストくらいになるでしょうか。物語にある『悪い光』についてはまったく説明つきませんが・・・古代の霞ヶ浦にこんな生物がいたら面白いなと想像してしまいました。巨大生物とか恐竜。わたしはいまだに好きですね。現代でイラストやCGで描かれる生物が、古代ならいたというのはワクワクします。

ところで、メガロドンは本当に現代にいないのでしょうか。こちらのサイトにあるように、いまだどこかにいるんじゃないかなーと思っています♪