阿見町はオロチの里?金毘羅大神や塙不動尊に残る阿見原のオロチ伝説!(阿見町)

金比羅神社にある藁で作ったオロチ

オロチとは大きなヘビと書きます。(大蛇)有名なのは日本の神話に登場するヤマタノオロチでしょう。スサノオが戦った頭が8つもある巨大なヘビです。

宍塚大池アイキャッチ美しいだけじゃない!宍塚大池に残された恐怖のオロチ伝説は人々になにを伝えたいのか(土浦市)

以前、土浦にもオロチの伝説があると紹介しました。頭は8つありませんが、(意外と)反響があって嬉しかったので、いろいろ調べていたら・・・お隣の阿見町にもありました。しかも、(たぶん)1匹じゃありません!

さらに、阿見の場合、神社やお寺にもオロチに関することが残っています。実際に伝説を辿れちゃうのがすごいです。阿見町発行の本(じいさんの立ち話)や公式Webサイトにもオロチの話がありました。今回はそれを頼りに阿見でオロチ伝説めぐりをしてきました!

1匹目 八坪のオロチ

阿見町はもともと阿見原という土地でした。土地の3分の1は湿地帯でカエルやバッタがたくさんいたそうです。つまり、ヘビの餌が豊富でした。そのため、阿見原では大きなヘビが育ちやすく。。。って、これではふつうに大きなヘビが出てくるお話ですね。ただ、伝説になるヘビは大きいだけじゃありません!

阿見で1匹目(1回目)のオロチが見つかったのは明治時代です。現在の阿見町鈴木という住所は、かつて八坪やつぼといいました。八坪には大きな池が8つあったのですが、田んぼにするために埋め立てをしたんです。

池には守り神としてオロチがいるという伝説がありましたが・・・開拓のために一斉に土を投げ入れたところ、池から水しぶきを上げてオロチが飛び出しました!オロチは筑波山の方にいったとか、空を飛んで下妻の大宝池に移り住んだと言われます。

いまから150年くらい前のお話です!伝説なのに、わりと新しい時代のことです。

金比羅大神

オロチが現れた鈴木には金毘羅こんぴら大神があります。1797年に讃岐さぬきの金比羅神社から神様を迎えてできました。

金比羅神社の鳥居

この神社は1879年(明治12年)頃に祭り直されています。それをしたのは鈴木安武やすたけさん。この土地を開拓した方です!開拓されてすぐは鈴木村という名前でした。境内に鈴木村の開拓碑があります♪

ところで、鳥居にはなにやら飾りがあります。正面からだと少しわかりにくいので、近寄って横から見てみます。

金比羅神社の鳥居にあるオロチ

そう、オロチです!この神社では土地の由来にあるオロチを祀っています。オロチが住処を譲ってくれたおかげでいまがあるからでしょう。阿見町のWebサイトによれば、地元の方々が豊作を願う意味もあるそうです♪

それでは、神社にお参りをします。

鈴木の金比羅神社社殿

社殿は平成17年に基礎部を改修しました。見るからにキレイです!境内もよく掃除されていますし、鈴木の方々から大切にされていますね。

金比羅神社にある藁で作ったオロチ

もちろん社殿にもあります。ヘビというよりも龍に見えますね。定期的に作り直しているそうですが、ワラの感じからすると最近できたのでしょう。赤い舌が見えてかっこいいです。金毘羅大神につきましては、こちらに詳しくあります。

アクセス

名称 金毘羅大神
住所 〒300-0334 茨城県稲敷郡阿見町鈴木9-9
駐車場 あり(隣接の公民館)

2匹目 鈴木のオロチ

2匹めも同じ場所に出ています。明治40年頃といいますから、いまから100年くらい前です。このオロチは畑で休んでいた鈴木さんの前に現れました。鈴木さんが古い株に腰かけたときに体をぐるぐるまきにしてきたそうです。驚いた鈴木さんが胴体を辿っていったら、目の前に大蛇の口があって。。。そのまま気絶して半年ほど寝込んだとか。

wata

でも、半年後に起きられたと言うので、そこは土浦のオロチと違うところです。オロチは出会うと死んでしまうことが多いです。阿見のオロチは誰も殺していませんから平和的です。

3匹目 御前窪のオロチ

3匹目は岡崎の御前窪ごぜんくぼに出ました。大正時代の中頃とのことなので、100年以内のことです。いまは住宅街なので写真は撮れませんが、阿見の第一小学校の辺りです。近くには東京医科大学もあります。(オロチが出てきそうな怪しげな空模様を狙ってみました)

東京医科大学

ここでは野口さんという方がキノコを採りに行った帰りに遭っています。カサカサと音がする方を見たら、いきなり首を出してきました。慌てて逃げ出して気がついたときには竹来だったそうです。(かなり走りましたね)

しかし、やはりそこから半年ほど寝込んでしまいました。後年、「オロチはヤマカガシが太くなったようなやつ」と語っていたそうです。ヤマカガシ・・・ヘビがダメな方は絶対に検索しちゃいけません

4匹目 でいじゃが池のオロチ

4匹目は追原にあったでいじゃが池にいたといいます。昭和の中頃に見なくなったということは、いまから70年前にはいた・・・(;一_一)

ただ、なぜか近年なのに情報が少ないです。本に「たしかにいたということである」とありますが、それだけです。詳しいことはわかりません。また、でいじゃが池はもうありません。

でいじゃが池

でいじゃが池は塙の不動堂の近くにありました。以下の写真の黄色い部分が不動堂です。薄い緑色の部分が、かつてでいじゃが池だった場所です。

でいじゃが池の地図

この場所は水が豊富でしたが、一方で交通の難所でした。そのため、犠牲になってしまった方が多かったそうです。塙の不動堂が建てられた理由は、そうしたことから人々を護るためでもあります。

wata

もちろん、現在の阿見町でオロチの目撃情報はありません。充分に開拓されてオロチが住めなくなってしまったのでしょうか。また、オロチの寿命は100年くらいと云われますのので、すべてのオロチの寿命が尽きてしまったのでしょうか。いたら恐ろしいので困りますが、阿見のオロチは人に危害を加えていませんので、ちょっとさみしい気もします。

オロチの霊を供養する塙不動堂

明治からのオロチ伝説を紹介しました。ただ、阿見町のWebサイトには江戸時代のオロチ伝説が紹介されています。(リンク先の20)

時代的には一番古いのですが「退治された」というお話しかありません。オロチそのものに関する情報はほとんどありませんが、オロチゆかりのお寺があります。伝説の伝説みたいにうっすらとしていますが、お寺と合わせてご紹介します。

なお、オロチがいたのは4匹目と同じ『でいじゃが池』の辺りです。江戸時代にこの地を治めていたはなわ城主が、オロチを退治して不動堂で供養したといいます。その不動堂がこちらです。

塙の不動堂

池延山不動尊と言われ、ご本尊は不動明王です。不動明王は悪魔を押さえつけて、お参りした人を長生きさせるご利益があります。そのため、水の事故が多かったこの土地に建てられました。

wata

退治されたオロチの伝説は、当時の城主の活躍や水害の状況を考えると、人々の想いが形になったような気がします。悲惨なできごとの原因を見つけたり、そこから救われたいという思いがオロチの誕生に繋がったのではないでしょうか。

アクセス

名称 塙不動堂
住所 〒300-0321 茨城県稲敷郡阿見町塙1258
駐車場 あり

オロチ伝説のまとめ

阿見町のオロチ・・・多いです(^_^;)

まさか5匹もいるとは思いませんでした。面白い伝説だと思いますが、それを快適に調べられるのもよかったです。阿見町はとても丁寧に歴史や記録を残していますね。公式サイトでたくさんの昔話を読めたり、わかりやすく本にまとめて発行したり。神社や過去にあった土地のことなど、わたしの経験ではこれまで非常に調べにくいことでした。

でも、それを中高生くらいでも簡単に理解できるようにしてあります。また、Webや本で発信していることも素晴らしいです。

歴史とか伝説って知ってもらうにはわかりやすさが重要です。わかりにくいと、そう思った時点で興味を失ってしまいます。関心が強かったり、調べる技術の優れた人はいいですが、そうした方はまれです。できれば新しいことを知るためのハードルは、低いものも用意してあげられるといいですね。他の市町村もぜひマネして欲しいです!

最後になりましたが、今回もあみ観光ガイドの筧田聡さんに情報提供していただきました。いつもご協力、感謝ありがとうございますm(__)m