潮来八景の長勝寺!美しい景観と文化財に溢れた定番の観光地(潮来市)

長勝寺本堂(桜)

春から夏にかけて潮来市に足を運んだら長勝寺を思い出してください!

潮来のシーズン到来です。4月は桜、5月はあやめ、6月から7月にかけてはあじさいを楽しめます。どれも県内有数の名所があります。さすが『水郷』!あやめとあじさいはこのブログでも書きました。

お越しになったときに思い出してほしいのが長勝寺。観光地のそばなのも魅力。あやめ園や潮来駅からだと歩いて数分。知っておいて損はありません。

ここ、実は市民におなじみの撮影スポットなんですよね。見どころをご紹介しますので、バッチリ撮影してきてくださいね〜!

長勝寺とは

長勝寺。かっこいい名前です。茨城弁だと『かっけぇ』(若い子しか使わないかも)。

勝の文字から想像する通り、戦勝祈願のために建てられたお寺です。ただし、祈願したとされるのは超大物。源頼朝みなもとのよりともです。鎌倉幕府の初代将軍が創建・・・ご利益ありそうです。

MEMO
長勝寺の創建は1185年(文治元年)。壇ノ浦の戦いで源平合戦が終結した年です。

長勝寺正門

長勝寺の正門です。駐車場が本堂のすぐ隣りにあるので、そちらに停めると見ることすらないのですが・・・4月以降はぜひくぐってください。見事な光景が広がっています!

長勝寺参道

天気が良いと木漏れ日がキラキラ。なんでもない参道がこんなに美しくなっているんです。

wata

横に伸びた樹は桜です。4月になると、それはもう。。。

山門

長勝寺山門

長勝寺の山門は1693年〜1700年までかけて建立されました。7年かかっただけあって、サイズも形も見事!茨城県の指定文化財です。

ただ、もともと長勝寺の山門ではなく、市内の普門院のために建てられたものでした。完成間近になって水戸黄門(徳川光圀)によって移築を命じられたんです。当時荒廃していた長勝寺を再興させるためだったのでしょう。一緒にお堂も修復されています。

wata

余談ですが『潮来の昔話と伝説』という本に普門院のお話があります。300年前に男女の悲恋があって、それから奇怪な出来事があったとのこと・・・ちょうど山門の移築時期ですね

本堂

長勝寺本堂

山門の先には茅葺かやぶき屋根の立派な本堂です。屋根の上にある家紋は『笹りんどう』。源氏の代表的な家紋ですね。写真だとわかりにくいですが、すごくかっこいい!

真っ直ぐな参道。どっしりした本堂。左右には桜があって、さえぎるものなく空を見ることもできます。潮来を代表する景観でしょう。『広報いたこ』の表紙にたびたび登場しています。

最近だと新成人の記念撮影に使用されているようです。戦勝祈願のために建てられたお寺ですから抱負を語る場所にふさわしいですね!

潮来八景の銅鐘

八景はっけい』はご存知でしょうか。ある地域の優れた景観を8つ選んだものです

八景はいまの中国から伝わりました。江戸時代にたくさん選ばれて、有名どころでは『近江八景』『金沢八景』などがあります。選ぶために厳格な決まりはありませんので、各地域の知識人や文化人が好みでつくっていたようです。

長勝寺銅鐘

潮来八景は江戸時代の後半1839年に書かれた『潮来図誌』に記載されています。その中のひとつに『長勝寺晩鐘ばんしょう』があります。内容は以下です。

鐘の音や 残る雲なき 秋の暮れ
千秋ちあき/潮来八景

全部じゃありませんが、八景は場所、季節、時間を組み合わせてできています。添えられている俳句を読むと情景が想像できますね。長勝寺の場合は、秋の夕暮れに聞こえる鐘の音が人々の心にも響いたということでしょう。

鐘は1330年に北条高時が源頼朝の菩提のために贈りました。歴史的な背景もあって国指定の重要文化財となっています。

参考 潮来市の誇れる文化広報いたこ 平成30年2月号
MEMO
八景の八は中国で縁起のよい数字なのでよく使われます。日本では八にこだわらず、十景、十二景、百景などもあります

wata

土浦にも土浦八景があります。選んだのは土浦のレオナルドダヴィンチ、沼尻墨僊ぼくせんです!

長勝寺には、この他にも建物や絵画、芭蕉の句碑などの文化財がたくさんあります。美しい境内と一緒にお楽しみください♪

長勝寺の桜

長勝寺正門(桜)

長勝寺の桜。間違いなく県内有数の名所です。触れないわけにはいきません。

開花は茨城県の桜でも早い方。最南に位置する神栖や鹿島と同じくらいなので、他の名所の開花とかぶりにくい特徴があります。おそらく1週間近くずれているはず。桜めぐりをするときに重要になりますので、ぜひ覚えておいて欲しい。。。

というわけで、見事なソメイヨシノをご覧ください!

長勝寺参道(桜)

長勝寺山門(桜)

長勝寺本堂2(桜)

散り始めでしたが充分でした♪

ここでソメイヨシノの特徴を確認しておきましょう。常磐百景(@joban_100 )さんのツイートを引用します。(おっと、ここにも◯景がありました)

いいとこ取りの品種なんですね!それでも楽しめるのはほんの短い期間。貴重なひとときをしっかり楽しんでくださいね。

長勝寺の八重桜

数は多くありませんが、しだれ桜や八重桜も楽しめます♪

wata

わたしが足を運んだとき、境内は数名しかいませんでした。穴場ですね。特に若い方が少ない印象。駐車場が狭いですが、何十分も待つことはありませんし、駅からも近いです。インスタ映えも間違いなしですよ〜!

アクセス

名称 長勝寺
住所 〒311-2424 茨城県潮来市潮来428
駐車場 あり
Webサイト 潮来市公式内

まとめ

ガイドと山門

潮来の長勝寺の創建は源頼朝といわれています。戦勝祈願をした由緒正しきお寺です。

境内には文化財が数多くありますが、詳しいことがわからなくても見て楽しめます。あやめ祭りの時期に観光ガイドをお願いすればどちらも楽しむことができます。

山門と本堂は広報誌にもよく登場する撮影スポットです。特に桜の時期は見事な景観なので、素敵な写真が撮れます。

他の観光地と一緒にお楽しみください♪