七会村の徳蔵寺の伝説!イケメンで雨雲を呼び寄せるスーパー僧侶の正体はあの人だった(城里町)

以前、ホロルの伝説を書いてから「七会村 伝説」のキーワードでいらっしゃる方が多いです。でも、ホロルは七会村とあまり関係ないような・・・皆さんがなにを調べているのか、とても気になってます( •̀ㅁ•́;)

そんなこともあって、再び城里町に足を運んできました。今回は旧七会村地区の徳蔵寺とくぞうじです。徳蔵寺には不思議な伝説が2つありますが、いずれも”あの有名なお坊さん”が登場します。歴史ある境内と一緒にご紹介します。

徳蔵寺とは

徳蔵寺本堂

徳蔵寺は平安時代の末期に建てられた真言宗(智山派)のお寺です。ご本尊は大日如来。創建したのは弁海上人べんかいしょうにんです。

一時期は300人もの僧侶がいて賑わいましたが、1205年、笠間の正福寺しょうふくじとの争い(法戦)により、伽藍が燃えてしまいました。お寺同士なのに過激です。

境内の解説だと、正福寺と宇都宮氏(藤原時朝)が一緒に徳蔵寺を攻めてきたようですが・・・正福寺のWebサイトには正福寺も宇都宮氏に襲われたとあります。寺同士で争っていたら、どちらも新しい勢力にやられてしまったということでしょうか。

幸いにも仏像と伽藍の一部は守られましたので、1522年に空法くうほう上人が小さな伽藍で再び徳蔵寺を興しました。

花の寺めぐり案内

現在の徳蔵寺は花のお寺のひとつとして親しまれています。花のお寺は全部で8箇所。那珂市、城里町、常陸大宮市、そして笠間市にあります。12月に訪れたのでお花はありませんでしたが、季節にはシャクヤク、ききょう、あじさいを楽しむことができます。

大師堂と弘法大師の伝説

大師堂3

徳蔵寺には新しくて立派な本堂がありますが、注目は大師堂です。1578年に建てられました。大師とはもちろん弘法大師(空海)のことです。徳蔵寺を創建した弁海上人の師です。

大師堂1

額縁

お堂の周囲にはいくつも額縁があります。古すぎてなにも見えないものもありますが、いまなお当時の様子がわかる画があります。どれも歴史的な価値がありそうです。このお堂自体が七会村(城里町)の指定文化財です。

お参りの際は南無大師遍照金剛なむだいしへんじょうこんごう」と唱えましょう。弘法大師様に帰依します、という意味です。真言宗のお寺ではおなじみですね。

さて、徳蔵寺で篤く祀られている弘法大師ですが、この地と無関係でなく城里町で伝説を残しています。境内の解説によれば、大師は810〜813年にこの地にやってきて、干ばつで苦しんでいた人々のために雨乞いをしました。雨乞いがされたのは徳蔵寺の北にある八瓶やつがめ山のふもとです。八つの瓶を置き、雨乞いをすると、たちまち山の上に黒い雨雲がやってきて大雨となったそうです。

詳細は異なりますが、以下のサイトに同様のお話があります。ヤマタノオロチの伝説に似たものがあって、たいへん興味深いですよ。

参考 茨城の山ハイキングクラブのんびり

超ミニお遍路

ミニお遍路

空海といえばお遍路。以前、土浦市にある大聖寺のミニお遍路を紹介しましたが、さらにコンパクトなものを見つけました!石には仏様とお寺の名前がかかれています。もちろん、四国の八十八箇所のお寺が揃って、すべて巡ればお遍路達成というわけですが・・・

お砂踏み場

ありました。お砂踏み場。お砂踏み場とは、八十八箇所の砂がまとめて敷いてある場所です。その上でお参りをすると、八十八箇所を巡ったことと同じご利益が得られるといいます。ショートカットというやつですね。お参りの際の念仏は、もちろん『南無大師遍照金剛』です。

厄除北向塩地蔵尊

北向塩地蔵

もうひとつ珍しいものを見つけました。北向塩地蔵です。瓶に入っている塩で撫でると厄除けになるそうです。

北向きなのも珍しいポイントです。北向地蔵は全国でも400体ほどしかいないとか。なぜ北向きなのかは、大阪の芝田商店街のサイトが参考になりそうです。簡単に説明すると北には困っている人が多いので、人々の救済を強く願う地蔵菩薩はあえて北を向いている、ということです。とってもありがたいですね!

民話『徳蔵姫の恋』

弘法大師像

弘法大師の伝説をもうひとつ。徳蔵寺ではなく、徳蔵寺のある徳蔵とくらの伝説です。

むかしむかし、ひとりの旅のお坊さんが徳蔵の地にやってきました。日暮れに差し掛かっていたので、近くの農家を訪ねて一夜の宿を頼むことにしました。「旅の僧です。一晩だけ泊めていただけないでしょうか」

主人はお坊さんの顔を見ると「なにもないところですが、どうぞ」。お坊さんは中に通されて、お風呂に入ったり夕飯をいただいたり、大切にもてなされました。

農家には徳蔵姫という年頃の娘がいました。姫はお坊さんをもてなしているうちに、お坊さんに夢中になってしまいました。お坊さんは姫が目線がただごとでないと感じたので、とても困ってしまいました。

そこで、お坊さんは主人に頼んで木を貰うと、自分の身代わりにするために掘り出しました。彫り終えると、それを寝床とされた馬ぶね(馬の餌を入れる桶)に入れて、自分は少し離れた部屋の隅で眠り始めました。

徳蔵姫はお坊さんが寝ているはずの馬ぶねに入ると、お坊さんだと思っている木の像を抱えて眠りにつきました。しかし、ふと目を覚ますと抱いているものが木だとわかりました。姫はすぐにお坊さんを探しましたが、お坊さんはほんの少し前に家をでたところでした。

姫は家の外に出て辺りを見渡しました。まだ夜明け前でしたが、遠くにうっすらとお坊さんの後ろ姿が見えます。必死においかけますが、お坊さんも逃げるように歩みを止めません。ついに徳蔵姫は疲れ果て、お坊さんを見失いました。このお坊さんこそ、諸国を渡り歩いた弘法大師であったということです。

参考
いばらきのむかし話/編:藤田稔

弘法大師伝説。いくらでも集められますし、知るほどに超人化していきますね。今回はモテモテ要素が加わりました( •̀ㅁ•́;)

wata

ちなみに、徳蔵姫が夜明けを迎えた地を明沢あけさわといって、いまの赤沢あかざわの元になったそうです。

まとめ

城里町の徳蔵には2つの弘法大師伝説があります。

  1. 干ばつで困っていた人々のために雨乞いをした伝説
  2. 徳蔵姫の悲恋の伝説

徳蔵姫は悲しいお話ですが、修行に人生を捧げたお大師様らしさがあって面白いと思います。城里町には弘法大師の他に道鏡の伝説もありますし、古来から仏教が盛んな地域だったことがわかりますね!

アクセス

店名 引布山 金剛光院 徳蔵寺
TEL 0296-88-3037
住所 〒311-4407 茨城県城里町徳蔵874
営業時間 8:00~17:00 参拝、御朱印
定休日 なし
駐車場 あり(20台)、おまつりの日は臨時駐車場あり(120台)
おまつり 徳蔵大師祭 毎年4月29日(昭和の日)
Webサイト 城里町観光協会内

Follow Twitter Feedly
SHARE