養蚕は常陸国ではじまった?ミステリアスな金色姫伝説に迫る(つくば市・神栖市)

月夜の蚕影神社に現れた金色姫

養蚕ようさんのはじまりは約5000〜6000年前だそうです。古すぎてピンときませんね。

発祥の地はいまの中国。宮廷内で秘密裏に行われたとか。ミステリアスですが大日本蚕糸会のサイトにもあります。一般的に日本の養蚕は中国から伝わったとされています。

ところが。。。わが茨城県は「養蚕は茨城ではじまった」と主張しています。驚くことに発祥の伝説がつくば市、神栖市、日立市の神社にあるんです。ふっしぎ〜♪

各地の伝説はほぼ同じ。インドからやってきた絶世の美女が登場します。外国が関係する伝説はとても珍しいですね。奇抜ですが非常に興味深いことです。

今回は養蚕が茨城ではじまったとする「金色姫の伝説」をご紹介します。知恵を振り絞って真相についても考えてみましたので、ぜひお付き合いください。

金色姫伝説

早速、『金色姫伝説』をご紹介します。細部は異なりますが各地の伝説は以下の通りです。

5世紀頃。天竺(いまのインド)に霖夷りんい王とその娘の金色姫がいました。

あるとき、姫の母親が亡くなると王は新しい皇后を迎えました。しかし、皇后は美しい姫を憎み、王のいないときに何度も姫の命を奪おうとします。王は庭で生き埋めになった姫を見つけると行末を哀しみ泣く泣く船で逃がすことにしました。

長旅の末、船は常陸国(いまの茨城県)の豊浦に漂着。それを漁師の権太夫が見つけました。権太夫は夫婦で衰弱した姫を看病しましたが、まもなく亡くなってしまいました。

姫を葬ってしばらくすると夫婦の夢に姫が現れました。「食べ物をください。恩返しをします」亡きがらを納めた唐びつを開けると、そこにはたくさんの虫。姫の船が桑の木で出来ていたので桑の葉を与えてみると虫たちは喜んで食べました。

やがて虫たちは繭をつくりました。戸惑う夫婦。すると今度は夢に仙人が現れて繭から糸をとることを教えてくれました。それが養蚕のはじまりだといいます。

無視はもちろん蚕。ポイントは船の漂着地『豊浦』です。伝説のある神社はいずれもかつて豊浦と呼ばれていました。それぞれの豊浦で養蚕がはじまったとはさすがに考えにくい。どれかが伝説の豊浦。あるいはどれもが。。。

この物語は上垣守国うえがき もりくにの『養蚕秘録』が元になったといわれます。『養蚕秘録』の原文は国立国会図書館のWebサイトにありますので、読めないわたしに代わってどなたか内容を訳してもらえると嬉しいです。

参考 養蚕秘録国立国会図書館デジタルコレクション

wata

金色姫伝説によく似たお話に『うつぼ舟』(うつろ舟とも)があります。船は1803年に常陸国へやってきたとのことですが、養蚕秘録が出版された年と同じですね。これはもしや。。。

続いて、つくばの蚕影こかげ神社と神栖の蚕霊さんれい神社をご紹介します。日立の神社は直接訪ねていないので別の機会とします。

つくば市の蚕影神社

神郡から見る筑波山

つくば市の金色姫伝説は蚕影こかげ神社にあります。神社の住所はつくば市の神郡。でも山中なのでカーナビでは登り口にたどり着けないかも。セットするなら近くの老人保健施設『豊浦』にしましょう。(〒300-4212 茨城県つくば市神郡2013−1)出ましたね。豊浦!

神郡は筑波山の麓。お参りの前に素敵な風景を楽しめます。ここがかつて舟の流れ着く場所だったとは想像しにくいですね。長い年月で随分変わったということでしょうか。

春喜屋

神社に駐車場はありませんが、入口前の春喜屋はるきやに駐車できます。昭和初期までは旅館としても活躍していました。いまは商店として伝統のお菓子『蠶影羊羹こかげようかん』や手ぬぐいを販売しています。ただし、例祭のとき以外はほぼ閉まっています。その場合は近くに安全なところに駐車してください。

石段1

春喜屋のすぐそばには神社に向けた205の石段。途中、石がゆがんで不安定なので要注意。わたしが訪れたときは途中に土砂崩れがあってビニールシートで養生されていました。

入口の左手には蚕影神社の案内板。伝説の部分を引用します。

 天竺仲国の姫君金色姫は四度の受難の後、滄波万里をしのぎこの地に着き、権太夫夫妻に掌中の玉と愛された。しかし、病に罹り終に露と消えた。

 ある夜夫妻の夢に「我に食を与えよ、必ず恩返しをする」と告げ、夫婦が夜明けに亡がらを納めた唐櫃を開ければ中は小蟲ばかりで、桑の葉を与えると獅子、鷹、船、庭と四度の休眠を経て繭となった。
 筑波山の神が影道仙人として現れ、繭を練り錦として糸を取る事を教えられた、これ日本の養蚕の始めである・・・・・・・
金色姫/蚕影神社案内板

特徴は「筑波山の神が養蚕を教えた」こと。それ以外は『養蚕秘録』と同じといっていいでしょう。

wata

案内板には神社の創建が2世紀頃であること。神社の前に蚕影山桑林寺があったことなども書かれています。この地の養蚕の歴史は古そうです!

蚕影神社の外観

苦労して登りきると蚕影神社!かわら屋根には『蚕』の文字。他の蚕影神社はこちらのご分霊をお祀りしています。

ご祭神は和久産巣日神わかむすび埴山姫命はにやまひめ木花開耶媛命このはなさくやひめ。それに蚕影山大神。。。近くの小学校のWebサイトで知りました。(神社に伝わる絵巻)蚕影山大神が金色姫なのでしょうか。。。

神社の御朱印について

蚕影神社はふだん無人です。御朱印帳などは近くの筑波山神社でいただけます。

拝殿は大正期、本殿は江戸初期に建てられましたが、無人のためかいずれも老朽化が激しい。ちょっとさみしいですね。

養蚕業は明治以降に大きく発展して文明開化を支えました。昭和の中期まで日本中で盛んでしたので、それまでは蚕影神社に多くの参拝者が訪れたそうです。

wata

時代が変わって参拝者が大きく減ってしまいました。でも、人々に大切にされてきた神社なので、なんらかの形で伝えていきたいですね。

蚕糸祭(豊蚕祈願祭)

蚕糸祭で人がいる様子

蚕影神社は年2回、おまつりがあります。3月28日の蚕糸祭さんしさいと10月23日の例祭です。たまたま休日だったので、ご祭神に祈りを捧げる蚕糸祭に足を運んでみました。

・・・ですが、残念!ちょうど終わったところでした、蚕糸祭と例祭は11時から始まるそうです。

蚕糸祭の蚕影神社

祭事が終わっても10名ほど残っていらっしゃいました。ほぼ女性です。Twitterの情報によれば、50名ほど参加されたとか。蚕影神社には5回ほど来ていますが、参拝者とお会いすることはありませんでした。神社の密かなファンなので嬉しいことです。

神主さんは筑波山神社から。つくば、ホンモノ!夢特区によると、蚕影神社の神様は、筑波山神社の祭事で使用される『神衣』を織るために協力しています。蚕影神社のご朱印帳は、筑波山神社で受け取れますし、お互い助け合っていますね。

wata

群馬の富岡製糸場は世界遺産に登録されました。茨城はそれよりも古いので価値をどのように伝えるかが大事なのだと思います。ささやかですが、わたしもこうしたブログで発信していきたいですね。

アクセス

名称 蚕影神社(蚕影山神社)
住所 〒300-4212 茨城県つくば市神郡1998番地
ご祭神 和久産巣日神わかむすびのかみ埴山姫命はにやまひめのみこと木花開耶媛命このはなさくやひめ
駐車場 なし

神栖市の蚕霊神社

続いて神栖市の蚕霊神社です。蚕影神社との違いに触れながらご紹介します。蚕霊神社は蚕影神社と違って平地にあります。神栖市は海に面しているので、物語のシーンには合っていますね。

産霊神社鳥居

入口の立て札には例の金色姫伝説。全文引用します。(読み飛ばしても大丈夫です)

 孝霊天皇の五年(紀元前二八六)の春三月。豊浦浜(日川)の漁夫権大夫は、沖に漂う丸木舟を引き上げて見ると、世にも稀な美少女が倒れていた。少女は天竺(インド)霖夷国霖光りんいこくりんこうの一女金色姫。母光契こうけい夫人の没後に入った継母は、もの凄い妬み者。国一番の美女ともてはやされる姫が憎くてたまらない。思い余った末、獅子山、鷹の巣山、絶海の孤島におしこめてしまったのに、その姫は獅子に鷹に漁夫に助けられて戻ってくる。業を煮やした継母は、城の片隅に穴を掘って埋めてしまった。

 こうなればと不気味に笑った継母は驚いた。

 埋めた場所から、まばゆい金の光がさして来たからである。憎さ百倍した継母は、桑の木で作った丸木舟に押しこめて、大海に投げ込んでしまった。流れ流れた丸木舟は、常陸国豊浦に流れつき権大夫に救われたのだった。

 余りにも数奇な運命に心痛めた権大夫は、わが事して愛育する甲斐もなく、病死した姫は小虫となり変わってしまった。これも姫の化身と桑の葉を与えて飼育していると、四眠して五回目に美しい糸を吐きながら、繭を作ってその中に納まってしまった。その繭から繰りとった絹糸で降上げられたものが、見事な常陸絹織となって、その名声は高く、各地に広がっていった。

 かくて養蚕は、新しい産業として、人々の生活を潤し支えていった。この偉業に対する感謝敬慕の念が凝り集まり、産業の創始先駆者の象徴として、造営されたのが蚕霊神社であり、永くこの地域の守り神となって鎮座されている。

 時移り世代わってともすると、この神の治績じせきが薄れ去るのを惜しみ、ここにその由来を記して、改めてその偉業を追慕するものである。

撰文 中村ときを
平成七年三月
神栖町教育委員会
神栖町歴史民俗資料館
蚕霊神社の由来/蚕霊神社案内板

文章を書かれた中村ときをさんは郷土作家です。神栖市にお住まいだったご縁でしょう。

天竺から来た金色姫。それを救った権太夫など、前述した伝説と同じです。船が漂着した場所は豊浦浜(日川)だと明言。また、権太夫に養蚕を伝えたシーンはありませんが中村さんの著書(鹿島灘風土記)にはしっかりあります。省略されているだけです。

蚕霊神社境内
山嶺社殿のアップ

蚕霊神社の境内は社殿も含めて比較的新しい印象です。つやつやした狛犬に鮮やかな社殿。大きくはありませんが大切にされているのでしょう。

絹、織物関係の情報サイト『Silk New Wave』から神栖市の養蚕について引用します。

 この資料はさらに、神栖の養蚕について、“町域では、農家の副業として明治中頃より養蚕が急速に広まり、明治時代末には繭の生産額が水産物を追い越すほどになりました。また、この鹿南地方は気候が温暖なため、蚕の卵を取る蚕種製造に適していたようで、昭和初期には4軒の蚕種製造業者の名前が見られます。
蚕霊神社/Silk New Wave

『この資料』とは神栖町歴史民俗資料館の資料のことです。神栖市でかつて養蚕が盛んだったことは確かでしょう。でも、神社の規模や現在の様子を考えると古い歴史があるようには感じません。できたのは明治以降だったりして。

wata

とはいえ養蚕業はこの地の人々の生活の基盤だったので蚕霊神社は重要視されたと思います。

アクセス

名称 蚕霊神社
住所 〒314-0114 茨城県神栖市日川720
駐車場 なし

見逃せない茨城新聞の説

図書『茨城の史跡と伝説』

これから紹介する『金色姫伝説』はかなりレア。1975年に茨城新聞社が発売した『茨城の史跡と伝説』にあります。全文は紹介できないので一部分と要点のみとします。まずは驚きの冒頭。

昔、鹿島郡の日川(今の神栖町大字日川)に青塚権太夫という漁師がいた。はるばる奥州からここに流されて来た姫を哀れに思って家に引き取り、わが子のようにいつくしみ育てているうちに姫は病に伏して間もなく世を去った。
日本養蚕事始め/茨城の史跡と伝説

姫が亡くなることや蚕になることは同じですが・・・金色姫は天竺ではなく奥州からやってきました。養蚕秘録の内容と明確に違います。(わたしは原文読めていませんが)養蚕秘録と違う出典を参考にしているのは明らかです。

さらに興味深いことが続きます。

さてこの伝説については、クワコと化した姫の本籍地奥州のそれに合わせて考えねばならぬ。
日本養蚕事始め/茨城の史跡と伝説

常陸国ではなく「奥州」にも似た伝説があるようです。特徴は以下の通りです。

  1. 姫は継母の虐待の末、池に身を投げて死んだ
  2. 死んだ後、遺体から一本の木が生えてそれを食べた虫が繭を作った
  3. 姫の名は「くわこ姫」だったことから、木を「クワ」と名付けた

つまり、養蚕の発祥は奥州という物語です。複雑になってきたので伝説のパターンをまとめます。

金色姫伝説のパターン
  1. 姫の出身はインド。亡くなった常陸国が養蚕の発祥の地
  2. 姫の出身は奥州。亡くなった常陸国が養蚕の発祥の地
  3. 姫の出身は奥州。亡くなった奥州が養蚕の発祥の地

キーワードは、インド、常陸国、奥州です。いろいろ調べていたら一本の筋で繋がりましたので、真相に迫ってみます。

金色姫伝説の正体

すべての謎を解く鍵は伝説の書いてある『養蚕秘録』と著者の上垣守国です。上垣守国は身辺のハッキリした人物。伝説を考える上で無視できません。

というわけで、出身地の兵庫県養父市のWebサイトからプロフィールの一部を引用します。(調べたら出てきて驚きました)

 上垣守国は、明和7年(1770)18歳から先進地であった陸奥国伊達郡福島に行き、蚕種を持ち帰って蚕種改良に尽力しました。
養蚕の神様 上垣守国/養父市

上垣守国は養蚕業を営んだ商人です。てっきり学者だと思っていました。生まれたのはいまの兵庫県。若い頃から地元を離れて積極的な経営をしていました。18歳で養蚕が盛んだったいまの福島県を訪れて蚕の卵をゲットしています。

福島・・・奥州ですよね!茨城新聞の「奥州に古くから伝わる伝説」に触れる機会があったと考えられます。

その後は兵庫を拠点に30年ほど養蚕業を営みました。そして48歳のときに『養蚕秘録』を完成。それにはどんなことが書いてあるのか同サイトから引用します。

 養蚕秘録は、上垣守国が享和3年(1803)に発刊した上中下の3巻の養蚕技術書です。全部83丁あります。上巻で養蚕の起源を述べ、蚕名、蚕種、栽桑、蚕飼道具を図解し、中巻では養蚕の実務を述べ、孵化、掃立、給桑、上族、繰糸などの全般を解説し、下巻では真綿製法、養蚕の話題を書いて、和漢の古書25点を引用しました。
養蚕秘録/養父市

伝説のことばかり注目しちゃいますが大半は技術的なこと。いわば「養蚕マニュアル」。とすると、この本を読むのはだれなのか。おそらく養蚕をしたい人でしょう。

ここで疑問。そんなものが競合に渡ったら自分にとって不利。なので、実のところ内容は当時の養蚕技術の常識ばかりだったのではないでしょうか。上垣守国は養蚕秘録を書いた6年後、病でこの世を去ります。

さて、養蚕秘録の解説に面白いことがあります。

 文政12年(1829)、オランダ東インド会社のシーボルトは、養蚕秘録を日本からオランダに持ち帰りました。フランス政府は、オランダ王室通訳官ホフマンにフランス語訳を命じ、嘉永元年(1848)にパリとトリノで農業技術書として出版しました。日本文化輸出第1号であると評価されています。
養蚕秘録/養父市

インド!?

オランダ東インド会社はオランダの会社。貿易に限らずアジア全体に大きな影響を与えました。帝国のフロント企業といったところでしょうか。

養蚕秘録は日本だけではなく海外で評価されました。養蚕の基本がまとめられているので重宝したでしょう。でも、生粋の商人が本を書くだけで満足したでしょうか。

わたしが商人だったら本をきっかけに自社を売り込みます。本をチラシ代わりに「特別」であると伝えたい。例えば、技術や製品のありがたい由来とか。考えをまとめます。

金色姫伝説誕生の背景?

若い頃、奥州を訪ねた守国は養蚕の発祥となる伝説を知りました。蚕の仕入れにいったので自然な流れでしょう。

なぜそれを30年後に書いたのか。おそらく海外に事業を広げるため。養蚕技術や絹製品に興味を持ってもらうため魅力的な物語を創作。

海外展開するなら顧客はオランダ東インド会社一択。そのためインドを含む物語へ。

養蚕の発祥については当時でも中国由来が一般的な知識ではないでしょうか。守国がそれを知らなかったとは考えにくい。有力な説とそうでない説。両方知っていたらどう語るか。わたしだったら有力な説だけにするか両方語ります。つまり『養蚕秘録』は守国の特別な立場が反映されていると思います。

金色姫伝説。優れた商人が誕生させたコマーシャルなのかも。。。

ところで、こうした背景を考えると前述したうつぼ舟の伝説も少し見えてきます。養蚕語録にある海外から渡ってきたという設定、当時の海外といえばオランダのイメージだったこと。変わった人たちの集まりで語られたこと。

知識人がマニアックな情報を組み合わせて脚色したと考えると納得できます。ただし、うつぼ舟の伝説は常陸国だけではないので、そちらの方はさっぱりわからないんですけどね。

wata

なぜ姫は常陸国にやってきたのでしょう。奥州ならわかりますが。そもそも奥州伝説にも謎が多い。深く掘り下げたつもりがさらにハマったような気がします。

まとめ

金色姫伝説は養蚕の発祥に関わる伝説。茨城県の3箇所にあります。

よく似た伝説が福島県にもあって金色姫伝説の下地になった可能性が高いです。

伝説誕生の背景には養蚕業を営む商人の海外展開を見据えていたことが。。。まだまだ謎のある伝説です。ここにない情報がありましたらご一報ください。


参考図書
茨城のちょっと面白い昔話/著 ふるさと”風”の会
茨城の史跡と伝説/茨城新聞社
鹿島灘風土記/中村ときを