関東三雷神 金村別雷神社(つくば市)

ようこそ、いらっしゃいませ。この記事は茨城見聞録の初めての記事です。

このブログは埋もれてしまっている茨城の魅力を掘り起こすもの。日々の生活に役立つことは少ないですが、ほんの少しでも楽しくなっていただけたら嬉しいです。

初回はつくば市の金村別雷かなむらわけいかづち神社をご紹介します。色々書きますが、なにも覚える必要はありません。気軽に読んでください♪

金村別雷神社とは

福雷橋から見る一の鳥居

金村別雷神社はつくば市の上郷にあります。小貝川のほとりにあって川を渡れば常総市。詳しい住所は後述しますが、見ての通りの立地。たどり着くには少々険しい道を走りますので、運転にはご注意を。

二の鳥居

はじめに興味を持ったのは元旦にユニークな神事があったからなんです。金村別雷神社に御目覚祭といって、ご祭神が目覚める儀式をします。変わってますよね〜!

ただ、残念ながらわたしが遅刻したせいで神事には参加できませんでした。ご紹介できずにごめんなさい。御目覚祭は改めるとして金村別雷神社のご紹介をします。

金村別雷神社のはじまりは、平安時代の931年。当時の領主・豊田氏が見た悪夢を払うために、京都の上賀茂神社からご祭神(別雷大神)を分霊して祀るようになりました。雷神様は悪夢や災難を退治すると云われているためでしょう。

そのあとの1062年。豊田将基まさもとの時代には、将元軍の旗から龍が飛び出して、主君の源頼義と源義家(八幡太郎)親子を助けたとか。。。雷神様の力によるものでしょうか。神社の石碑によると旗はいまでもお寺にあるそうです。見てみたい!

社殿

社殿は時代を感じさせる色合い。つくばとはいえ足を運びにくい場所なので、参拝者は多くありません。でも、境内はいつも整備されていて、心穏やかに参拝できます。

wata

悪夢退治に龍の助っ人。雷神様はすごい。でも、庶民にとってはなんといっても雨の恵みを与えてくれることでしょう
MEMO
金村別雷神社は関東三雷神の一社。残りは、水戸市の別雷皇太神と群馬県邑楽郡板倉町の雷電神社です。

社殿の天井絵

社殿の天井

社殿の天井といえば、龍や鳳凰などの絵を思い浮かべるでしょう。でも、こちらの神社は一味違っていてお野菜の絵があるんです。

五穀豊穣を願って歴代の宮司が描いているそうです。中に入らないとよく見ませんので、機会がありましたらじっくりお楽しみください♪

MEMO
天井絵は皇紀2600年記念事業(1940年)としてはじまりました。完成したのは昭和17年(1942年)。つくば市の指定文化財となっています。

竹垣代官徳政之碑

竹垣代官徳政之碑

訪れたらぜひ竹垣たけがき代官徳政之碑をご覧ください。この地にとって重要な史跡です。

パンフレットから引用します。

寛政5年(1793年)この地を支配した竹垣直温(なおひろ/なおあつ)は、度重なる天災で疲弊していたこの地域に上郷陣屋を設置し、現代の子供手当ともいうべき小児養育金を支給し間引きを禁じ、様々な勧農政策を施し農民の自立を促す民政の刷新を行った。よって碑設立後、お参りしこの碑をなでると子宝・子授・安産の願いが叶うといわれている。

かつてこの地は農業が難しく、人足寄場(いまでいう刑務所)がありました。つまり、貧しい上に治安があまりよくなかった。竹垣代官はそんな土地で人々の経済を立て直し、不幸な命を減らしました。徳政之碑にも納得ですね。

MEMO
竹垣直温は栃木でも同様の善政を行ったため、いまだに栃木からお参りに来る方々がいます

御朱印

御朱印

独特の書体の御朱印です♪初穂料は300円。

宮司は社務所に不在なときもしばしば。声をかけたりお電話してみてくださいね。

民話『茶釜雷神』

この神社には雷神様にちなんだユニークな民話があります。現代にもゆかりの場所がありますので、ぜひご一読ください♪

明治の初めごろ。大穂地区(いまのつくば市内)と千代川村(いまの下妻市)にまたがる茂鹿もしかというところは、毎年のように水害に悩まされていました。

ある日、茂鹿の農家の主人が災いから逃れようと、金村別雷神社でお祈りをしたときのこと。主人は冗談好きだったので、いつもの調子で言いました。「雷神様。たまには家に遊びに来てください。熱いお茶の一杯でも差し上げますから」雷神様は、たくさんの願いを叶えることに忙しかったのですが「頼まれたら仕方ない」と合間を見て主人のもとに行くことを決めました。

それからしばらくたった夏の暑い日。お昼ごろから急に空模様が怪しくなりました。遠くで雷が光ると、畑仕事をしていた村人たちは一斉に家へと戻っていきます。冗談好きの主人も家へ戻りました。しかし、主人の家はたくさんの雲に囲まれたあと、幾筋もの稲妻が大音響とともに落ちました。

恐怖で頭を抱えこんでいた主人。我に返って「まさか」と思い茶釜を見ると、蓋がなくなっているではありませんか。主人は姿こそ見ませんでしたが、自分の声を聞いた雷神様が本当にやってきたと信じるようになりました。

後日、なくなった茶釜の蓋が大穂町の麦畑で見つかりました。以来、主人は自分の冗談を反省し、蓋のあった畑のそばに祠を建て、茶釜雷神として祀るようになりました。

『大穂の昔ばなし』によると、この出来事があったので雷がなるとお茶を入れて供える風習がこの地で生まれたとか。いまも残っていたら面白いですね。

wata

冗談には冗談を。茶釜雷神だけにお茶目が過ぎるといいますか。。。

茶釜雷神とされる水神宮

茶釜雷神を祀った祠を発見しました!下の写真がそうです。

茶釜雷神(水神宮)

『大穂の昔ばなし』では、愛国橋周辺の大穂の畑とのことですが、その場所にはありません。本当は大穂の畑から小貝川を渡った大園木にあります。つくばでなく下妻市でした。

砂子愛宕神社

はっきりした住所はわかりませんが、砂子愛宕神社を目印にしてください。神社を正面に見て、右手に見える水神宮が茶釜雷神です。『つくばの昔ばなし』に詳しく書かれていたのでやっとたどり着けました。

wata

神宮に「茂鹿氏子一同」とありましたので間違いありません。伝説と現実が結びつく瞬間を体験しました!

アクセス

名称 金村別雷神社
住所 茨城県つくば市上郷8319−1
駐車場 あり(500台)
TEL 029-847-3773

まとめ

金村別雷神社のご祭神は別雷大神わけいかづちおおかみ。京都の上賀茂神社から分霊されて祭り始めました。雨乞いの神様として有名で、五穀豊穣のご利益があると云われます。

また、つくばの民話『茶釜雷神』に登場し、ちょっぴりイタズラ好きと語られています。

茶釜雷神ゆかりの祠はつくば市になく、下妻市の砂子愛宕神社のそばにあります。まさに伝説の神社。一風変わったお参りをどうぞ。


参考図書
大穂町の昔ばなし/著 佐野春介/ふるさと文庫(筑波書林)
つくばの昔ばなし/編:筑波書林編集部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA