2月17日(水)『うなぎ地蔵』(城里町)の記事を公開しました。次回更新は2月21日(水)の予定です。

君のハートにレボリューション!ゴー☆ジャスな大杉神社(稲敷市)

大杉神社本殿1

先日、茨城町で涸沼を見てきたときのことです。【3月1日更新】2人の黄門様が愛した名勝 涸沼(茨城町)

涸沼に面した広浦公園内で稲敷の本営から分祀された大杉神社を見つけました。そこにある記念碑によれば、大杉神社は大物主命おおものぬしのみことを祀っていて、船の守護と疫病退散のご利益があるとのことです。稲敷の本営に訪れたことはありましたが「祀っていたのはそういう神だったかなあ」とうろ覚えだったので、再び足を運んできました。

私が覚えていたのは、本殿のビジュアルだけでして。。。インパクトあるんですよね。

どんな願い事にも対応できる神社

稲敷市の大杉神社は本殿の裏に広い駐車場があります。そこに車を停めて正面に向かう途中、いくつかの神社を見かけます。大杉神社のご利益はいろいろですが、境内の別の神社のご利益を合わせるとどんな願い事も叶えてくれそうです。Webサイトによると・・・

1)厄除け、空亡除け
2)縁結び、悪縁切り
3)金運、財運
4)家内安全、交通安全
5)進学、就職
6)企業、資金繰り、経営
7)安全、子宝
8)競馬、賭け事
9)夢

なんでもイケます。スゴイ!では、どこで願いが叶うのか見てみましょう。

最勝立身出世稲荷大明神

最勝立身出世稲荷大明神のキツネ

最勝立身出世稲荷大明神の旗

最勝立身出世稲荷大明神の社殿

まずは『最勝さいしょう立身出世稲荷大明神』です。正一位しょういちいとありますので、最上位の神様が祀られています。『最勝』とは、もっとも優れている、という意味なので、スゴさが二重で表現されています!稲荷神社ですから、縁結び、家内安全、交通安全、金運アップなどのご利益がありそうです。

勝馬神社

勝馬神社

勝馬神社とスダジイ

続きまして、稲荷神社のお隣りにある勝馬かちうま神社です。戦前まで境内で競馬が催されていたことから(!)、競馬ファンや美浦のトレセンの関係者がご利益を求めてくるそうです。私もどこかでギャンブル運が強くなる、と聞いたことがあります。

馬関係にご利益があることはわかりますが、賭け事全般はどうでしょうか・・・と思って、神社のWebサイトをよく読んでみたら、競馬以外の賭け事についてはなにも書かれていません。そこまで万能ではありませんでした。神社には蹄鉄ていてつのついた絵馬がたくさんありましたが、この神社の祭神は不詳とのこと。思わず「え~〜〜っ!!」となりましたが、信じるものは救われる。。。はず。

また、勝馬神社のすぐそばには、相生あいおい神社があります。こちらは、子宝に恵まれたり、安産のご利益があるそうです。わかりやすいというか、大変露骨なシンボルが置かれています。参拝者がいたので写真は控えましたが、そうでなくても撮りにくいです( •̀ㅁ•́;)

それでは、立派な通路から本殿へ向かいます。

大杉神社

いよいよ、本殿です。

本殿への入り口1

大杉神社本殿3

大杉神社本殿1

やっぱり、他の神社とは見た目が違います。笠間の笠間稲荷神社や牛久の女化神社も「派手だなー」と思いますが、こちらには敵いません。細かな彫刻があって大胆に金色の装飾がされています。そして、なんといっても大きい!

たくさんの絵馬

少々異質な雰囲気の神社ですが、興味深いのは若い参拝者が多いことです。過去の記憶を辿ると、特に夫婦、あるいはカップルらしき方々が多いように感じます。立派な神社といえば、鹿島神宮や常陸国総社宮、笠間稲荷などを思い浮かべますが、ちょっと年配の方が中心です。

もしかしたら、この神社が日本唯一の『夢むすび神社』と言われることと関係があるかもしれません。良縁や出世のご利益、というと、限られている印象ですが、『夢』が叶う、だと願い事なんでもアリです。大杉神社は、こうした言葉選びが絶妙です。『勝馬』神社に『最勝立身出世』稲荷神社なども、昔ながらの名称ではない・・・はず。いわゆるキャッチコピーが使われていて、とても近代的なマーケティングがされているんじゃないかと推測しています。。。個人的に興味津々な神社なので、今後も少しずつ歴史や由緒などを調べてみたいと思います。

それでは、少しうろつきます。

麒麟門

再建された麒麟門

2010年に再建された麒麟きりん門です。再建は約280年ぶりだとか。門には麒麟や龍、獅子など、200以上の彫刻がされていて、賑やかで景気の良い雰囲気が伝わってきます。本殿に負けないくらい絢爛豪華ですね。

三郎杉

三郎杉前の賽銭箱と鳥居

ご神木の三郎杉

境内には2本のご神木があります。

*御神木
かつて「あんばさま」と呼ばれていた「太郎杉」は、1778年に消失しました。現在の御神木は、樹齢およそ1000年・樹高40mの大杉「次郎杉」と、樹高28mの「三郎杉」です。
引用元:大杉神社 Webサイト

私が撮影したのは三郎杉です。とっても高いなー、と思いましたが、次郎杉はさらに1.5倍の大きさとのこと。せっかく訪れたのに、撮影しなかったことは残念でした。今度は忘れずにカメラに収めてきます!

境内の猫

大杉神社内の猫1

大杉神社内の猫2

ところで、境内ではたくさんの猫を見かけます。神社から餌をもらっているのでしょうか。毛並みがよくて人に慣れています。とても可愛くて癒やされるのですが、駐車場の「動物を捨てないでください」の看板でハッと気づきました。困ったときの神頼みはいいですが、自分の責任を自分で果たす気持ちは必要ですね。

ハッ・・・(;一_一)肝心の神社の祭神のことを調べ忘れました。また、行ってきます。。。

アクセス

名称:大杉神社
住所:〒300-0621 茨城県稲敷市阿波958番地
Webサイト:大杉神社 公式Webサイト

主祭神
倭大物主櫛甕玉大神やまとのおおものぬしくしみかたまのおおかみ
配祀神
大己貴大神おおなむちのおおかみ
小彦名大神すくなひこなのおおかみ