こもれび森のイバライド 【Web割で2017年3月末まで入園無料!】広大な敷地でヨーロッパの街並みを楽しめる本物のテーマパーク(稲敷市)

動物たちとふれあえる広場

【2017年5月27日追記】
タイトルにもある通り、イバライドを無料で入園できるのは2017年3月末までです。現在はファンクラブが誕生して、定額料金で入園することができます。詳しくは下記の記事を御覧ください(*^^*)
[clink url=”http://ibamemo.com/2017/05/27/ibafun/”]


各地で梅が咲き始めました。もうすぐ春。色あざやかな景色を見れるのが楽しみです。でも、冬の青空もいいんですよねえ。

そんなわけで、いまのうちにと冬空を撮ってきました。場所は稲敷市にある『こもれび森のイバライド』。イバライドならではの『ヨーロッパの街並み』と『こもれび』をテーマに撮影してみました。

1周年を迎えたイバライドは、Web割で入園料が無料になります(やったぜ!)。私は入場口でスマホを見せたら無料にしてくれました。ただし、3月末までのキャンペーンなのでご注意を。なお、駐車場の料金は入園料とは別に500円かかります。でも、園内で1000円以上の商品を購入すると、駐車券のクーポンで500円分の割引を受けられるので、実質的に無料化できます!

イバライドの風景

「イバライドってどんなところ?」そう聞かれたら、説明が難しいですね。『農場体験ができる体験型テーマパーク』とPRされていますが、ヨーロッパ風の造りというのがポイントです。写真で見るとわかりやすいです。

入場後の風景1

町の中央に立つ像

外で自由に使える飲食スペース

石畳やれんが造りの建物が特徴です。街灯や植物などの細かいところもこだわっていると思います。建物をよくみると、壁に長い年月が過ぎたような『しみ』『こわれ』『ひび』があることに気づきます。でも、ここってそんなに年月経ってませんよね。。。世界観を徹底していて素晴らしいと思います!

シルバニアファーム

シルバニアファームの中

シルバニアファミリー

ところどころにシルバニアファミリーが飾られています。違和感なくありますので、それに近い世界観を再現しているということですね。人・動物・自然が一体となっているところが似ているように感じます。

こもれびの道

園内を歩くのはとても気持ちいいです。でも、歩いている人を見るのもいいな、と思いました。まるで絵画を見ているような美しさだからです。『こもれび』の写真といっしょにどうぞ。

こもれびのある道1

こもれびのある道3

こもれびのある道5

イバライドでは、ぜひ、『こもれび』を体験していただきたいです!

イバライドで子どもたちが体験できること

この日は大勢の家族がいらっしゃったので、子どもたちが遊べるものに注目しました。

動物とのふれあい

まずは動物たちとのふれあいです。写真の枚数が多くなってしまうので、少しだけの紹介です。羊、ポニー、牛、カモ、犬、猫、ふくろう、うさぎ、モルモット、などがいました。他にもサル、ミニブタ、ミニヤギなんかもいるそうです。私はふれませんでしたが、見ているだけで癒やされます。

動物たちとふれあえる広場

ポニー

牛

モルモットたちのひな祭り

動物たちは想像していたよりずっと大きくてびっくりしました。モルモットはねずみの3倍くらいありませんか?実際に見てみるものです。子どもだけでなくて大人にも新鮮な体験です。

乗り物

乗り物も充実しています。個人的にはゴーカートがやたらに速くて面白かったです。(運転手次第?)アクセルを踏んだときにいい音出るんです。

ゴーカート

おもしろ自転車

周遊トレイン

足こぎボート

芝すべり

最後の写真『芝すべり』です。昔、私が遊んだダンボールのソリとはスケールが違いますね( •̀ㅁ•́;)これは気持ちよさそう!

イバライドのこれから

実際に歩き回ってわかったのですが、イバライドは色々な準備を進めているようです。おそらく、暖かい季節向けのものですね。特に飲食関係が充実していくと思います。

準備中のBBQ会場

BBQの会場・・・4人以上座れるテーブルが約100台用意されていました。ここだけで400〜600人が食事できます。会場が埋まったらどんな光景でしょうか。一緒に見学したにゃんこも楽しみにしていることでしょう!

おそとかふぇ

お外で楽しめるカフェもこれから本格稼働でしょう。素敵な雰囲気なので、あとは季節しだいです!

ビーフカレー

飲むヨーグルト

ちなみに、この日の私はマルシェホールでお昼を食べました。大きなお肉の入ったビーフカレー。食べた後に気づきましたが、辛さが一般の方向けでした。私は辛口が好みなので、これの3倍辛くてOKです!

そして、最近ハマっている『飲むヨーグルト』をここでも(๑´ڡ`๑)イバライドの『のむヨーグルト』は、のど越しをスッキリさせていますね。ネットリしていないので、甘めなのにごくごく飲めます。ここまでかなり歩いていたので元気でました。

春に向けて植物を育てている風景2

畑に見えるところでは、スタッフの方々が植物を植えたり育てたりしています。これからどうなるのか聞いたところ、もうすぐチューリップなどの花が咲きだすそうです。メルヘンチックでかわいい雰囲気になりそうですね。

体験教室

ところで、私が紹介できなかったものに、体験教室があります。イバライドのWebサイトによると、ソーセージ、アイスクリーム、ミルクパン、ピッツァ、キャンドルなど、子どもたちが創って楽しめる企画が随時あります。そちらは体験できる時間が決まっているので、事前に調べてから利用しましょう。時間割はこちらでご確認ください。

私は広々していてゆったりと過ごせるイバライドが気に入りました。訪れたときは子どもたちがたくさんいましたけど、少し移動すれば静かにのんびりと過ごすこともできます。食事もホールや売店で購入したあとに移動して、好きなところで食べられるのがいいです。全体的に自由な感じなので、きっと私の感覚に合うんですね。

これから行かれる方へのアドバイスとしては、入場口付近でパンフレットをもらっておいたほうが良いです。たぶん、雰囲気を崩さないためだと思いますが、園内は看板をあまり設置していません。建物の外観だけではなんのお店なのかわかりにくいので、パンフレットがあると安心できますよ。

アクセス

西欧風の牧場の風景

名称:こもれび森のイバライド
住所:茨城県稲敷市上君山2060−1
Webサイト:こもれび森のイバライド 公式Webサイト
開園日や時間などはWebサイトなどでご確認ください。