【下館らーめん】ご当地ラーメンを気軽に楽しめる!『らーめん桜』(筑西市)【グランテラス筑西】

グランテラス筑西に行ったんだって?

鈴音たま

wata

そう、初めて行ってきたよ。フードコートで『下館らーめん』食べれたよ
あの有名な!?

鈴音たま

wata

有名かな?でも、さいきんは観光ガイドにもあるし知られてきたかもね
それじゃー、紹介してもらいましょー!

鈴音たま

この記事では筑西市の旧下館地区のご当地メニュー・下館らーめんを食べれるらーめん桜をご紹介します!

らーめん桜とは

グランテラス筑西

グランテラス筑西

らーめん桜は筑西市の道の駅・グランテラス筑西のフードコートにあります。県道50号沿いに位置していまして下館駅から車で10分ほど。先日、オープン1周年を迎えたばかりなので古いカーナビには登録されていないかもしれませんね。(わたしのには出てこなかった。。)

今回はじめてグランテラス筑西に足を運びましたが、新しいだけあって広くてキレイ!駐車場は道の駅と共有なので停められないということはないでしょう。

「下館らーめん」を提供するお店は老舗が多い印象でグランテラス筑西のイメージとはずいぶん違いますね。老舗は少し「ハードル」も感じますので、初心者はらーめん桜で試してからというのもいいと思いますよ!

店内のようすと注文方法

らーめん桜と券売機

らーめん桜と券売機

らーめん桜のあるフードコートはけっこう広いですが、お昼のピーク時にはかなり埋まってくると思います。この日は14時過ぎだったのでガラガラ。時期的なこともあるので、これくらいが好みましいですね〜

料理の注文は券売機でします。写真の右側がらーめん桜の券売機。券を購入すると自動的にオーダーされ、できあがると食券の番号がアナウンスされます。画面の右上の数字「253」はいま呼び出されている番号ですね。

らーめんの出来上がりはかなり早いです。注文してセルフサービスの水をとって席についたらすぐに呼び出しがありました。5分くらいでしたね。はやっ!

下館らーめんとは

まずはおさらいしておきましょう。下館らーめんの二大原則。ご存知でしょうか?

『下館ラーメン学会』が以下のように定義しています。

  1. 鶏チャーシューを使ってる
  2. 濃いめの醤油味である

「下館ラーメン」の名称も同学会が名付けました。任意団体だと思いますが、筑西市の『るるぶ』にも登場していますので市公認といっていいでしょう。

『富士宮やきそば学会』とよく似てますのでB級グルメ発展のため参考にしているかもしれませんね。

また、らーめん誕生の背景には次のようなことも。。

商都であった下館では、商人が多忙で食事がままならず、ラーメンの出前文化が発達した。戦後まもない昭和20年代前半、豚肉が高値で鶏肉をチャーシューとして使い始まったものが、現在も脈々と受け継がれている店が多い。麺は出前で時間がかかってもその美味しさを損ないにくい中細ちぢれの少加水麺を使用。スープも鶏をベースとし、その鶏ガラと地場産の野菜でスープに、濃厚醤油のかえしを合わせている。これが、ご当地ラーメン「下館ラーメン」だ!
筑西市るるぶ

麺についてはむかしのらーめん屋さんはどこも同じような麺だったと思うので、30代以上はきっと懐かしく感じると思います♪

メニュー

券売機

券売機

価格はすべて税込み。カッコ内は大盛りの料金です。

醤油
下館らーめん…690円(820円)
ネギらーめん…780円(900円)
ワンタンらーめん…760円(880円)
生姜らーめん…800円(920円)
鶏皮らーめん…830円(950円)
チャーシューらーめん…900円(1000円)
トッピング
鶏皮…130円
辛ネギ…130円
醤油ネギ…130円

醤油味の他に塩・味噌味、期間限定メニュー、それにサイドメニューがあります。

すみません。下館らーめんは醤油のみなので他のメニューがあるのに気付きませんでした。。もうひとつの名物、筑西タンメンは780円です。

下館らーめん(醤油)

下館らーめん

下館らーめん

注文したのはもちろん下館らーめん!

スープは濃い目の醤油味。「辛い」とは違うスパイシーさがありますね。ほんのわずかに生姜のような香りがするような。。全体的にネギがまぶしてあるのもいい感じです。いまどきの複雑な味のスープよりもわたしはこちらの方が好み〜

中細ちぢれ麺

中細ちぢれ麺

中細のちぢれ麺はわたしにとっては「懐かしの」。昔のらーめんといえば醤油と味噌味くらいしかなくて、麺はみんなこのタイプだった気がします。味自体はさほど特徴ないかな?

鶏チャーシュー

鶏チャーシュー

そして鳥チャーシュー(なんて不思議な言葉でしょう)。胸肉でしょうか。かなりあっさりしていてヘルシーな印象です。ちょっと物足りないかも?

と思っていたら、鶏皮が入っているではありませんか。スープより1段しょっぱめで噛むほどに旨味が出てきます。これ、いいゾ〜!

下館らーめんはシンプルなだけに下手すると家庭用の袋麺に近いクオリティになる心配があります。(袋麺がおいしいという意味でもあります)そういう意味ではらーめん桜はトッピングを上手に使ってお店の味にしていますね。

時間や駐車場を気にしなくていいことや老舗の食堂より気軽に行けることは魅力です。フードコートの隣には道の駅のお土産売り場もありますので観光とセットでご利用されるのがよいかと思います!

アクセス

名称 らーめん桜
住所 茨城県筑西市川澄1850(道の駅グランテラス筑西内)
営業時間 10:30〜18:45(6〜8月)
10:30〜17:45(9〜5月)
駐車場 361台(大型車43台) ※グランテラス筑西と同じ
交通機関 下館駅下車。バスで約15分(詳細
定休日 グランテラス筑西と同じ
Webサイト グランテラス筑西

まとめ

この記事のまとめ

  • らーめん桜はグランテラス筑西のフードコートにある
  • 下館ラーメンには濃い目の醤油味のスープと鳥チャーシューがある
  • 気軽にご当地メニューに触れることができる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA