関本神社の例祭と太太神楽|新そばまつり同時開催(筑西市)

この記事でわかること
  • 関本神社の由緒
  • 太太神楽の詳細
  • 新そばまつり

秋の収穫シーズンもあと僅か。県西の筑西市ではそばの収穫を終え新そばが提供されるようになりました。

同市の”地元産新そばまつり”は関本の鎮守社・関本神社の例祭と同時開催。最近、神楽に目覚め始めたのでおそばと一緒に楽しんできました!

この記事では筑西市の関本神社と祭礼の太太だいだい神楽をご紹介します。けっこうレアな情報かも!?

関本神社とは

関本神社入口

関本神社入口

関本神社は筑西市の旧関城町にある関本に鎮座しています。駐車場、というか駐車スペースは鳥居の前にあります。この日はおまつりの屋台が並んだため、公民館などが臨時駐車場となっていました。

社伝によると関本神社の創建は桓武天皇の御代(781-806年)。山城国伏見稲荷を勧請して創建しましたが、鬼怒川の水害を避けるためにこの地に遷しました。残念ながらわかっているのはこれだけ。。

ご祭神は保食うけもち神、大日霊貴おおひるめむち命、武甕槌たけみかづちです。本社の伏見稲荷と少し名称が違っているのが気になるところ。

大日霊貴命は天照大神です。県内でご祭神とする神社は多くありませんが、同市内の内外大神宮でも祀られているので関係が気になります。そういえばそちらにも神楽がありました。

参考 ご祭神伏見稲荷大社公式

wata

社伝に「水害を避けるため」とありますが、めずらしい表現ですよね。ふつうは災害に遭いにくい場所に建てるものなので。じつはすでに遭っていて社伝に記述が少ないのはそのせいだったりして。。

当日のスケジュール

参拝時は神社の祭礼の日で地域行事の新そばまつりもあわせて開催されました。ご参考までにスケジュールをご紹介します。

STEP.1
10時〜13時
上町おはやし保存会の演奏
STEP.2
11時〜なくなり次第終了
新そば販売(天ぷらそば・けんちんそば)
STEP.3
13時〜17時
関本神社 太太神楽

そばは13時前にはなくなっていました。はじまり次第一気に売れたようです。たしか300食といってたような。。雨の日でなければもっと早かった可能性あるので食べたい方はご注意を。

境内

そば販売所

そば販売所

訪れたのは11月23日(土)、あいにくのお天気でしたが神社の祭礼と新そばまつりは予定通り開催。お昼の12時頃に訪れたらかなりの行列が。。

筑西市でも茨城の名産である常陸秋そばがたくさん作られているそうです。会場では主催のNPO法人 梨想の会の方々が来場者におそばを振る舞っていました。料金は300円です。

けんちんそば

けんちんそば

お参りの後、わたしもけんちんをいただきました♪野菜たっぷり。アツアツの汁がたまりません!ヤワヤワのそばもまたいい。。寒い日だったこともあり格別なお味でした♪

鳥居と山車

鳥居と山車

真っ赤な鳥居には巴がありますね。一般的には扁額が置かれるのでちょっとめずらしいタイプかも。

右側に見えるのは上町おはやし保存会と山車です。あいにくの雨だったので楽器を濡らさないように演奏をしていました。

社殿

拝殿

拝殿

入母屋造のシンプルな拝殿です。狛犬の前にはご祭神ゆかりのキツネの像がありました。

右手にあるのは社務所でしょう。神楽師たちはこちらで控えていました。

本殿

本殿

本殿は一般的な流造。伏見稲荷には千木がないのですが、こちらは女千木。鰹木は5本です。気になる方には気になる情報ですよね。ふふふ。

七鬼神社

七鬼神社

七鬼神社

本殿の裏手にあるのは七鬼しきち神社です。正直、どんな神社かわかりませんが。。筑波書林の”那珂の伝説 上”に由緒らしきものがあります。

それによると額田の殿様の道を塞いでいた七人の山伏が七鬼にあたるとのこと。お話の舞台は真弓山なので修験道に関係していることも間違いないと思うのですが。。すべて伝説なので実際のところは謎です。

昭和48年に発行された茨城県神社誌には記載されていない境内社です。一方、船玉神社の境内社としては記載あり。。もうちょっと調べてご報告しますね。

ちなみに例祭日は4月20日かその直前の日曜日です。例祭の日は船玉神社で関本神社の太太神楽が奉納されます。この辺りの関係も興味深い。。

太太神楽

神楽殿

神楽殿

関本神社の太太神楽について、当日配布された資料から引用します。

関本神社に200年以上も前の江戸時代(享保年間ころ)から伝承されてきた神楽舞で、「高千穂たかちほ系神楽」に属しています。神楽は、世々相継ぎ絶えることなく、永遠に奉納されるという意味で「代代だいだい神楽」にも通ずると伝えられ、正しくは太太御神楽と呼ばれています。

同市内で同様に太太神楽を受け継いでいる内外大神宮では「伊勢神宮を参拝したご利益を得られる」ことから代々神楽と呼ばれるといわれています。神社によっても多少意味が違っているのが面白いです。

神楽が奉納されるのは1年間に2回だけ。3月3日と11月23日の例祭だけです。この日は雨模様でしたが、会場のアナウンスでは「雨が降っても槍が降ってもやります!」と力強い言葉がありました!

神楽は八座まであり、次のような内容です。

STEP.1
奉幣(式)行事
全神楽師が参加して大玉串を奉納
STEP.2
第一座
五行の舞
STEP.3
第二座
那岐、那美の舞
STEP.4
第三座
猿田彦の舞
STEP.5
第四座
翁の舞
STEP.2
第五座
八幡舞
STEP.3
第六座
蛭子の舞
STEP.4
第七座
連れ舞
STEP.5
第八座
岩戸開きの舞

五行の舞は内外大神宮にもありましたね。余談ですが、同市内に流れる勤行川は五行川とも呼ばれます。筑西市(明野地区の猫島)は安倍晴明の生誕地との噂もありますし、陰陽思想が根付いた土地だったのかもしれません。

那岐、那美の舞

那岐なぎ那美なみは伊邪那岐と伊邪那美のことです。日本の国土を生み出した神様で神話を読んだことがある方ならご存知でしょう。

見つめ合い榊を振る伊邪那岐と伊邪那美

見つめ合い榊を振る伊邪那岐と伊邪那美

2人の仲睦じいようすが伝わるとアナウンスされていましたが、たしかに。。

鈴と榊を持って舞台にあがり、お互いに見つめ合って榊を振る。。ちょっと変わった愛情表現ですが、2人きりならこういうこともあるのかな。。(現代でも)

鏡を持った舞

鏡を持った舞

鏡を持って舞います。「ねー!」という声が聞こえてきそうなお茶目な仕草。かわいい感じです。

猿田彦の舞

猿田彦命

猿田彦命

続いて猿田彦の舞です。完全に天狗ですよね。。槍を持っているし、すごく強そう。

二本の指を立てる舞

二本の指を立てる舞

指を二本立ち上げているポーズ。ドラゴンボールZのナッパの爆発波に似ていますが違います。

このあと反対側に持ち上げるような仕草が続くんです。土を掘り起こしてどかすような印象を受けました。

道にある障害を取り除くような意味があるのかもしれません。猿田彦は天孫降臨で道案内をした神様ですからね。

八幡舞

八幡舞

八幡舞

おヒゲを生やしたふっくらしたお顔は八幡さま。得意の弓をもって登場です。

のっしのっしと歩いてから矢を引く仕草。途中、両手を広げて「ここは通さんぞ」と言わんばかりの力強い舞を披露していました。

弓山を構える八幡さま

弓山を構える八幡さま

茨城は水戸藩の「八幡潰し」の影響で八幡さまを祀る神社が少数です。県西は領地でないのでこうした芸能も残っていたのでしょう。

このあと”連れ舞”、”岩戸開きの舞”と続きます。ぜんぶ見ていると4時間ほどになるのでちょっと大変。ぜひ暖かくしてご覧になってください。春はもうちょっと楽だと思いますよ♪

アクセス

名称関本神社
住所茨城県筑西市関本1404
駐車場あり

まとめ

この記事のまとめ

  • 関本神社は伏見稲荷を勘定してできた稲荷社
  • 太太神楽は年2回。例祭で奉納される
  • 神楽は8座。ぜんぶ見ると4時間近くかかる
関係報道
2015年3月4日 茨城新聞…筑西・関本神社 太太神楽を奉納

参考図書

茨城県神社誌/茨城県神社庁
那珂の伝説 上/大録義行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA