【磯原名物】午前中で売り切れ!?『磯原まんじゅう』のやまみつ(北茨城市)

おみやげにまんじゅう。ありきたりでつまらないと思っていませんか?

。。おいしければいいんです!

この記事では北茨城市でオススメのおみやげ品・やまみつ磯原いそはらまんじゅうをご紹介します。世界よ、これが磯原まんじゅうだ!

やまみつとは

やまみつ外観

やまみつ外観

『やまみつ』は北茨城市の磯原にある菓子店です。やまみつ人気No.1の『磯原まんじゅう』は驚くことに1日3,000個も売れるんです!

やまみつの創業は昭和25年。いまから70年も前のことです。先代の山縣ヨシ子さんが行商のおばあさんに作り方を教えてもらったことが原型となりました。

やまみつが創業した頃、北茨城は全国から炭鉱の労働者が集まって大変にぎやかだったんです。磯原まんじゅうは労働のあとのご褒美としてよく売れたとか。

昔を懐かしんで買いに来る方もいらっしゃるのですが、当時は小豆が不足していたのでサツマイモで代用していました。いまとはちょっと違う味なんでしょうね。

wata

わたしは常磐百景の坂野さんにいただいてから、すご〜くお気に入りの逸品です。店内には常磐百景の番付もありますから、お持ちでない方はぜひ手に入れてくださいね。
参考 茨城一本桜番付常磐百景

磯原まんじゅう

10個包はすぐに出してもらえる

10個包はすぐに出してもらえる

一番人気の磯原まんじゅう。やまみつにはプリンなどの洋菓子もあるのですが、皆さんまずはこちらをゲットです。

1個84円(税込)。昨年の増税以降も価格を据え置いたようですね。購入は1つからできます。10個だと予めまとめられているので一瞬で出してくれますよ。

店内の飲食スペース

店内の飲食スペース

店内には飲食スペースがありますので、すぐに召し上がることができます。ふだん、まんじゅうをその場で食べないですって?

磯原まんじゅうはそうはいきません。受け取った瞬間に伝わる『ほっかほか』。一番おいしい瞬間だから食べたくなるんですよ。。

大ぶりの磯原まんじゅう

大ぶりの磯原まんじゅう

というわけで、早速いただいてみました。まんじゅうは一枚ずつビニールで包まれて衛生的。店内ではこれを巻くスタッフの姿を見れるのですが、それはもう驚異的な速度です。

明らかにビックサイズ。これで84円は本当に安い。そしておいしい!温かいと餡の香りが引き立ち一段とおいしく感じます!

磯原まんじゅうの餡と皮

磯原まんじゅうの餡と皮

皮はもちもちしているタイプ。茶色の表面に赤味とつやが見えるのは甘味料として混ぜた赤糖のせいだとか。

中にはぎっしりとこし餡が詰まっています。小豆の甘みがスッキリ感じるのは、ちょっとだけ塩を加えているせいかもしれません。沖縄の海洋深層水からとれるそうです。

洋菓子の『なめらかプリン』

洋菓子の『なめらかプリン』

まんじゅう以外に洋菓子も充実していますよ。写真は『なめらかプリン』。カラメルなしのシンプルなプリンがワタシ的にはストライク!専門店なのに108円というお値段も素敵。

他のラインナップは大福やケーキ、ようかんなどです。全体的に安いのでお試しするのもいいですね!

wata

店内には料金表のようなメニューがありません。少し不安になるかもしれませんがご安心を。「磯原まんじゅう◯◯個」ですべて通じます!

いつ食べる?食べ方のオススメは?

できたてをいただくのが一番ですが、冷えても少し水をかけてチンすればOK。蒸したてに近くなりますよ。

地元の方は小麦粉と水をまぶして揚げる『揚げ饅頭』を好む方も多いそう。

常用藝文には玄人の食べ方として次のようなものが。。

冷凍保存して長く日持ちさせ、食べるときはオーブントースターを使うという、まんじゅう愛好家もいる。その際に半分に切って断面にバターを塗ると、よりおいしく食べられるという。

冷凍→オーブン→バター。この流れを覚えておきましょう。考えただけでもヨダレがでそうですね!

駐車場は?駅から歩いていける?

駐車場は店舗を正面に見て右後ろの方にあります。10台ほど停められますが、埋まっていることが多いかも。購入してすぐに帰る方が多いので少し待つのがいいと思います。

店舗の左側は道路向うのサンユーストアーの駐車場なのでご注意ください!

最寄りの磯原駅からだと徒歩で約7分。ほとんど一直線なので迷うことはないでしょう。

すぐに売り切れる?

磯原まんじゅうを購入する際に気をつけてほしいのは『売り切れ』です。

非常に人気があるため、地元の方は「午前中にいかないと買えないかも。。」と仰います。

わたしはいつも午前中、というか開店直後なので大丈夫なんですが、オープン前から行列ができているんですよね。

スタッフの手際の良さにより列はすごい速さで流れていきますので、並んでいる時間は短く感じると思います。

wata

観光協会のサイトには午後2時頃には、とありますが、大事をとるなら午前中にいきましょう!

アクセス

名称磯原まんじゅう本舗 やまみつ菓子店
住所茨城県磯原町磯原2-197
営業時間9:00〜売り切れまで
駐車場あり(10台)
定休日不定休
Webサイト 北茨城市観光協会

まとめ

この記事のまとめ

  • 磯原まんじゅうは昭和20年代から続く北茨城の味
  • 人気なので午前中に買いに行くべし
  • できたてをすぐ食べるも良し、レンジでチンするも良し、冷凍保存するも良し

参考図書

常用藝文 2020/10月号/財団法人 常陽藝文センター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA