【結城七社】阿波忌部氏が創建 大桑神社|結城市

この記事でわかること
  • 大桑神社の由緒・ご祭神
  • 結城七社について
  • 御朱印のいただき方

県北の式内社を巡っているうち、古代における斎部(忌部)氏の存在の大きさを感じるようになりました。朝廷との結びつきが大きい氏族が身近にいたと思うと近所の散策もより楽しく感じます。

というわけで、今回は茨城県内でほぼ確実に忌部氏がいたとされる結城市まで足を運んできました。ご紹介するのは大桑神社です。健田須賀神社の兼務社であり、阿波忌部氏ゆかりの神社です!

大桑神社とは

大桑神社

大桑神社

由緒

和銅年間/708-715年
創建
養蚕・農業の神として阿波忌部氏によって創建。当初は現在地より北方の大水河原にあった
文明11年/1479年
遷宮
洪水により社殿が流失、現在に再建
享保7年/1722年
本殿建立
享保8年/1723年
洪水により社殿流失
延享2年/1745年
社殿再建
嘉永元年/1848年
本殿が銅板葺きになる
大正3年/1914年
合祀
同地大字小森の無格社・神明神社を合併
大正11年/1922年
社号標建立
昭和48年/1973年
大鳥居建立・石柵設置
昭和51年/1976年
境内のケヤキが天然記念物に指定
境内のケヤキが結城市指定文化財(天然記念物)になる
平成4年/1992年
本殿が有形文化財(建造物)に指定
平成25年/2013年
本殿修復等

ご祭神は椎産霊わくむすび、配祀に天照あまてらす大神です。『日本書紀』の一説では軻遇突智と埴山姫の間に生まれ、蚕と桑、五穀の起源になったとあります。

また、『古事記』には天照大神の食事を司る神・豊受姫神が娘とありますので食物神や農業神といった神格も備えているかと思います。

由緒でもっとも興味深いのはやはり創建の部分。忌部氏は中臣氏と並ぶ祭祀を司る氏族です。特に祭具調達を専門としていたので、結城で幣帛や神職の衣類なども生産していたと考えられます。結城といえば結城紬ですが、それよりはるか昔から衣類を生産していたのでしょう。

当社の鎮座地(住所)は「小森」といいます。忌部氏が移り住んだ頃に「大桑郷」と名付けられ、そのあと養蚕や織物が盛んだったことから「蚕守こもり」と称するようになったそうです。さらに中世の結城氏が統治するようになると合戦のために兵を籠もらせたことから「こもり」と呼ばれていたとか。

ちなみに結城市周辺の古墳では勾玉などの玉作に関係する遺跡も発見されています。それらは祭具なので忌部氏も関わっていた可能性がありますね。

今回は詳しく紹介しませんが、結城七社のひとつに数えられています。『結城御代記』によると、結城七社は康永2年(1343年)に結城直朝により定められました。七は七曜星(北斗七星)に由来とのことなので、北辰信仰や道教、陰陽道が関係しているのでしょう。なんとも興味深いことです。

wata

「日本一社」と銘打ち、養蚕発祥の地といわれる蚕影神社(つくば市)のご祭神も椎産霊ですね!
MEMO
阿波忌部氏の祖神は天日鷲あめのひわし命です。『天の岩戸』の神話では、カジの木を植えて白和幣を作りました。茨城だと鷲子山上神社のご祭神として知られています。

アクセス

水戸線の東結城駅から車で3分ほど。でも、基本的には車で参拝になるかと思います。

駐車場は。。ないかな?一応、車で鳥居をくぐって駐車できるのですが、個人的にはあまりオススメしません。

通り沿いに花畑用の駐車場がありましたので、一時的に停めさせていただきました。

名称 大桑神社
住所 茨城県結城市小森1
駐車場 なし

鳥居

大鳥居

大鳥居

こちらが境内の入口です。社号標に妙なスペースがあると思いませんか?おそらく旧社格の「村社」が彫られていたのでしょう。

社号標は大正11年に建立されました。昭和20年の日本の敗戦により社格制度が廃止となりましたのでこれはその名残といったところです。

境内

参道

参道

鳥居の先は30mほど参道が続きます。右手を見ると。。これは「グローブジャングル」でしょうか。ちょいサビ気味。

境内の遊具

境内の遊具

この日、結城市内の神社を巡ってみたところ、市内の神社には公園と一体化していることが多かったです。土地があまり広くないので効率の良いまちづくりをなのかもしれませんね。

天満大神宮

天満大神宮

境内社の天満天神宮は見ての通り新しく感じます。昭和40年代に発刊された茨城県神社誌に載っていないのでそれ以降の建立だと思います。

社号から察するにご祭神は菅原道真公。学問の神として有名ですが、雷神(農業神)としての神格も忘れてはいけません。おいしい米作りに雷は欠かせませんから。

境内は大通りと住宅街に面しており、「小森」と呼ばれるような静けさはなくなっています。一方で明るい境内なので親しみやすさを感じました。

社殿

拝殿

拝殿

文化財に指定されているのは本殿だけですが、拝殿も大変素晴らしい。

拝殿の彫刻

拝殿の彫刻

飛び出すような立派な彫刻、できれば保護材なしで見たいのですが致し方なしかなと。

シーサーっぽい彫刻

シーサーっぽい彫刻

屋根の正面に朱色の突き出たものが。どうやら獅子のようです。鼻が大きく獰猛な雰囲気ですね。ちょっとシーサーにも似ているような。。火除、風除けの意味があるのかもしれません。

本殿

本殿

指定文化財の本殿は覆屋によって厳重に保護されています。やや色あせていますが、赤、青、黄色とじつにカラフルな配色。銅板葺きの流造。彫刻は中国の故事や日本神話(天の岩戸)を題材にしているのですが、写真だとわかりにくいですね。。ぜひ実際にご覧ください!

本殿の千木(女千木)

本殿の千木(女千木)

千木は女千木。そういえばご祭神の椎産霊命の性別はどちらでしょう。椎産霊命と同様に体から蚕を誕生させた大気都比売おおげつひめ神と保食うけもち神は女神と考えられるので同じ??養蚕は女性が活躍する産業なのでご祭神も女神なのかもしれませんね!

大桑神社の欅|天然記念物

天然記念物の欅

天然記念物の欅

社殿の向かって左後方に市指定文化財(天然記念物)のけやきがそびえ立っています。

目通り直径 : 約1.7m
根回り   : 約8m
樹齢    : 約350年以上

しめ縄があるのでご神木ということなのでしょう。樹齢が事実であれば同じく文化財の社殿よりもさらに古いということに。

洪水により社殿が流出し江戸中期以前の当社の歴史はよくわかっていませんが、このご神木は知られざる歴史を見てきたのかもしれませんね。

コラム「阿波忌部氏と結城の由来」

今回、大桑神社が阿波忌部氏によって創建されたとご紹介しました。有力な氏族なので周辺地域にも影響を与えていたと考えられますが、なんと郷名「結城」の発祥にもなったといわれています。

忌部氏が著した古語拾遺こごしゅういに「カジノキの名前から結城という郡の名前を付けました」と書いてあるのですが、それだけでは理解しにくいので同書の解説を引用してご紹介します。

「カジノキの名前から結城という郡の名前を付けました」の部分は、少しわかりにくいかもしれませんが、木綿ゆうの原料となるカジの木が生えているところだから、「木綿」と「結う」をかけて、さらに「結城」の「城」は区画を示す名称で、「木綿」を産する区域なので「木綿城」、つまり「結城」だといっているのです。
【祭祀具と斎部】/神話のおへそ『古語拾遺』編

忌部氏はカジノキを植えて木綿を作っていました。木綿を生産する区画を「木綿城」と書き、木綿を同じ音の結に置き換えて「結城」です!

「結」に置き換えたのは木綿を結んで織物としたことに由来するのでしょうか。ともかく、当時の忌部氏の影響力の強さが伺えて面白いですよね。

wata

当地は古くに「大桑郷」と呼ばれていたと前述しましたが、桑の葉は蚕のエサです。その頃から養蚕をしていたと考えてよいでしょう。

御朱印

大桑神社の御朱印

大桑神社の御朱印

大桑神社の御朱印です。本務の健田須賀神社の社務所でいただけます。

まとめ

この記事のまとめ

  • 小森の大桑神社は阿波忌部氏の創建といわれる
  • 養蚕や織物の生産に深い関係がある神社
  • 御朱印は宮司の本務社・健田須賀神社でいただける

参考文献

茨城県神社誌/茨城県神社庁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA