『夜刀神伝説』にはウソがある?夜刀神社と愛宕神社で真相を考えてみました(行方市)

イラスト『夜刀神』

いまから1300年以上前に書かれた『常陸国風土記ひたちのくにふどき』に奇妙なお話があります。夜刀神やとのかみの伝説です。

夜刀神はやつの神とも呼ばれていて、未開の地にいたヘビだとされます。ただし、普通のヘビとは違います。風土記によれば、頭には角があって姿を見ると子孫が絶えてしまいます。

そんな恐ろしい設定よく考えましたよね。。。角のあるヘビはなんとなく想像できますし、かなり印象的なエピソードです。

先日、伝説をもとに夜刀神社を訪ねてきました。いつものように軽い気持ちで足を運びましたが・・・夜刀神伝説、思いのほか地域に根づいているので驚きました。そして、どうやら悪さをする神とは違うことも。。。

今回は夜刀神伝説とそれに関わる神社をご紹介します!

常陸国風土記『夜刀神』

夜刀神を知らない方のために常陸国風土記の伝説をご紹介します。夜刀神社の看板が簡潔でわかりやすいので引用します。

六世紀の初めの継体天皇の時代に、箭括氏 麻多智やはずのうじ またちは葦原を開墾して新たに田をつくりました。その時、夜刀神(身体は蛇で、頭に角がある。)が群をなしてやってきて耕作の邪魔をしました。麻多智またちは、神の土地と人間の土地の境界を設け、夜刀神を追い払いました。そして、社(現在の愛宕神社)を建てて祀りました。

その後、七世紀半ばの孝徳天皇の時代に、壬生連麿みぶのむらじ まろが池に堤を築こうとする時、夜刀神たちがそのほとりの椎の木にのぼって退去しようとしません。そこで麿が夜刀神たちを退治することを命じると、みな逃げて隠れてしまいました。

その池は、周囲に椎の木があり、清い水が湧き出ていることから椎井池しいいのいけの名がついたということです。
椎井池/玉造町教育委員会

補足します。麻多智は夜刀神を鉄製の武器で殺しています。土地を武力で奪い取ったんです。続いて、麿は部下に夜刀神を「打ち殺せ」と命じています。相手が神様なのに。

wata

自分が殺した神を祀る?強烈な違和感があります。そうした考え方(信仰心)があるなら、はじめから武器を向けないのでは。それに素性がわからない麻多智はともかく、麿は領主です。土地の神様を「殺せ」はいかがなものでしょう。
MEMO
茨城キリスト教大学教授の志田諄一氏は「殺せ」は編さんした国司の意識だとしています。(『常陸国風土記(発行:常陽藝文センター)』)それを書いた背景には、朝廷からの命令で水田開発を進めていたものの、よい土地には神がいるとされていたので、理由をつけて嫌がったのでは、との考察です。

開拓地にいたヘビを祀ることはよくあることです。以前、阿見町のオロチ伝説を調べていたときも同様の神社を発見しました。阿見でも開拓の際にヘビの命を奪うことはあったと思いますが、接客的には奪っていません。

金比羅神社にある藁で作ったオロチ阿見町はオロチの里?金毘羅大神や塙不動尊に残る阿見原のオロチ伝説!(阿見町)

奇妙な部分を除けば、開拓者が神主になって土地の神(夜刀神)を代々祀ったとなります。とても自然なお話ですね!

MEMO
夜刀神はヘビではなくて、先住民とする考え方もあります。近年、神社の境内に建てられた看板では「夜刀とは谷津周辺に住む人」という説を紹介しています、

夜刀神社とは

伝説をざっくり確認したところで、実際に神社を訪れます。

行方市の愛宕神社後と夜刀神社が夜刀神伝説の神社です。2つはすぐそばに並んでいます。なお、麻多智が建てたのは愛宕神社です。(かつては違う名前だったかも)

神社は地図があるものの、かなり細い道が続きます。軽自動車でも嫌な道なので、参拝にはお気をつけください。神社の駐車場は整備されていて、10台は余裕で駐車できますよ。

椎井池

椎井池の鳥居

駐車すると、すぐ目の前に鳥居が現れます。でも、ちょっと変わっていますよね。足の部分が水に浸っています。

なんと、ここが伝説に登場する椎井池しいいのいけ壬生連麿みぶのむらじ まろが築いたと云われます。伝説ではそばの椎の木に夜刀神がたむろしていましたね。水は古い時代からずっと湧き出ているようです。

せっかくなので、動画で雰囲気をお届けます。こういうのスゴく癒やされます


水温は13℃。夏なら冷たく、冬なら暖かく感じます。神社周辺で作られるお米はこの湧き水を使っているのだとか。飲水として利用する方もいるそうですが、これだけ透明ならわかる気がします。

wata

実はこの池で周辺にお住まいの方々とお話する機会がありました。夜刀神や行方市のことなどを教えていただきましたが、印象的だったのは東日本大震災のときに、この湧き水が救いになったというお話でした。
MEMO
玉造は水道の復旧が遅れていたので、困った住民の方々は椎井池の水を頼ったそうです。苦労を共にした思いがあるので、一層大切にしているのだとか。池の周辺が整備されているのもそのためです。

愛宕神社へ続く階段

鳥居を正面に見て左手の方に階段があります。上った先が愛宕神社と夜刀神社です。20mほどですが、運動不足には堪えます。。。

愛宕神社

愛宕神社

愛宕神社です。境内の石碑には天竜山愛宕神祠とあります。住所が天竜でそこの山にあるから天竜山なのでしょうか。

しめ縄の様子がいまいちですが、訪れたのは年末。おそらく1月の例祭のタイミングで張り替えると思います。

いつから始まったかわかりませんが、こちらの愛宕神社の例祭は毎年1月24日です。ですが、近年では必ずしもその日に行われません。信仰のある方々が集まりやすいように、24日に近い土曜か日曜に変わりました。2018年は1月21日(日)です。

歴史のある神社ですが、形式よりも人々との関係を尊重しているようですね。

wata

ところで、愛宕神社のご神体は極めて特殊な方法で護られています。地域の絆とでも言いましょうか。。。ご縁がありましたら近くにお住まいの方に訪ねてみてください。

夜刀神社

夜刀神社

夜刀神社です。ご祭神はもちろん夜刀神です。明らかに新しいですよね。数年前に周辺の方々がお金を出しあって建てました。

神社を建てるって大きなエネルギーがいることです。お金もかかりますが、同じ気持ちの方々を集めるのは簡単じゃありません。

ご縁があって建立に関わるお話をお伺いしましたが。。。文章を書いたり、写真で説明したり、冊子にして配ったり、様々な活動で神社のことを伝えていました。誰に頼まれたわけでもなくやるから熱意が伝わるのでしょう。(もちろん一人じゃないですよ)このブログにも似ている点があるので共感できました。

神社の駐車場が整備されて立て札が新しくなっているのは行政の力です。でも、先に「自分たちで神社を守る!」というたくさんの方々がいたからのことでしょう。

MEMO
夜刀神社は無人ですが、御朱印は素鵞そが神社でいただけます。

参考 御朱印素鵞神社公式

まとめ

夜刀神はヘビとも先住民(人間)とも云われますが、どちらの説も考えられます。神としては珍しく群れをなしていますので、その両方だったかもしれません。

ただ、常陸国風土記には国司が勝手に加えた部分があると思われます。当時、国司が置かれた苦しい状況が関係しているのでしょう。

愛宕神社と夜刀神社は地域の方々に大切にされています。美しい湧き水を見るだけでも癒やされますので、お時間のあるときにでものんびり訪ねてみてください。

アクセス

名称 愛宕神社・夜刀神社
住所 〒311-3512 茨城県行方市天竜甲3451番地1
駐車場 あり(約10台)