花貫渓谷の汐見滝吊り橋でライトアップ(高萩市)

2018年から高萩市の汐見滝しおみたき吊り橋で夜間ライトアップがされています!

茨城を代表する紅葉の名所花貫渓谷。中で汐見滝吊り橋は渓流と吊り橋を一緒に楽しめることで人気です!日中はすでに多くの観光客が訪れています。でも、夜はまだまだ。。

この記事では夜間ライトアップに安心して足を運べるように情報をまとめました。

汐見滝吊り橋まで

汐見滝吊り橋のライトアップ期間は11月10日〜25日。紅葉まつりの一部として開催されます。

時間は日没から午後7時まで。おそらく5時30分頃には照らされていると思います。

吊り橋のある花貫渓谷は市街から離れていますが、高速道路のICから車で20分ほど。意外とアクセスはいいですよ。

しかし、たどり着くのは少々苦労するはず。なにせ山道でいくつも分岐がありますので。それに吊り橋や駐車場には住所がない。ナビを頼りにすることができません。

オススメは近くの飲食店とりそねの住所(茨城県高萩市中戸川1835)を参考にすること。とりそねにたどり着いたら、Googleマップや手元の地図で簡単に花貫駐車場まで行けます!

下のマップでわかりにくければ、もっとわかりやすいガイドマップをご覧ください。(約3MB)

wata

花貫駐車場は午後5時30分まで有料。以降は無料です!
駐車場から見る観光協会のプレハブ

駐車場から見る観光協会のプレハブ

駐車したら駐車場内に建てられた観光協会のプレハブに行くのをオススメ。こちらでライトの貸出を行っているんです。

観光協会で借りたライト

観光協会で借りたライト

お借りする際には200円を預けます。帰りにライトを返せば返金していただきますよ。とても明るいので心強いです!

注意
ライトの返却は6時30分まで。吊り橋までの往復は30分ほどかかりますので注意しておきましょう

夜間も売店がいくつかありますが、6時30分頃には撤収していました。もしいただくならお早めに。。

吊り橋までの夜道

吊り橋までの夜道

三脚で撮影しているので明るく見えますが、かなりの暗さ。寒さも非常に厳しいですから防寒対策をバッチリと。

近くの不動滝や乙女滝はライトアップされていないので危険です。吊り橋だけ楽しみましょう。

MEMO
お手洗いは駐車場の端に用意されています

汐見滝吊り橋

ライトアップされた汐見滝吊り橋

ライトアップされた汐見滝吊り橋

高萩市の杉でつくられた吊り橋。長さは約60mにもなります。ライトは吊り橋の下の方から2箇所あてられています。幻想的な輝きでした。

訪ねた17日は見頃よりもやや早かったようです。あと数日しても美しいと思いますので、機会がありましたらぜひ足を運んでみてください。

寒いですけど高萩の方々に温かく迎えていただけますよ♪

アクセス

名称 汐見滝吊り橋
住所 茨城県高萩市中戸川(正確な住所はありません)
時間 日没から7時まで
交通機関 ■電車・バスで
 JR常磐線「高萩駅」よりタクシーで約25分
■車でのアクセス
 常磐自動車道「高萩IC」より約20分
駐車場 夜は無料。日中は以下の料金
■花貫駐車場
 バス20台(2,000円/台)
 普通車80台(500円/台)
■大能駐車場
 普通車40台(500円/台)
※観光いばらきより転載
期間 2018年11月10日〜25日まで
※紅葉まつりは11月1日〜30日
TEL・予約 0296-49-2793
Webサイト 高萩市観光協会(紅葉まつりについて)
観光いばらき内

まとめ

高萩市の汐見滝吊り橋は今年からライトアップがされることになりました。

駐車場は無料。夜道を照らすライトも実質無料でお借りできます。

非常に寒いので防寒対策をして幻想的な吊り橋をお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA