雄翔館と雄翔園 予科練生を偲ぶ場所(阿見町)

雄翔館外観

先日、予科練平和記念館を訪れたときのことです。となりにある雄翔館ゆうしょうかん雄翔園ゆうしょうえんにも足を運びましたのでご紹介します。いずれも現在の陸上自衛隊・武器学校の敷地内にあります。

雄翔園は平和記念館から歩いて200mほどの場所にある庭園です。予科練の戦没者の慰霊のために造られました。

雄翔園

雄翔園へ続く道

雄翔園の中央芝生

雄翔園・雄翔の石碑

園の中央に芝生があります。芝生は桜の花びらをかたどっていて、7つの石が置かれています。予科練生の7つボタンと世界の七大洋を表現しています。

予科練二人像・全体

予科練二人像下から

予科練二人像と太陽

昭和41年に建てられた予科練の碑です。予科練二人像ともいわれます。戦没者・約1万9000人の霊璽簿れいじぼが納められています。『約』と書きましたが、園内の立て札には18,564人が戦死したとあります。戦没者は1名単位で確認されています。とはいえ、海外で亡くなった方もたくさんいるので、正確に確認することは難しそうです。

wata

戦時でなければ普通の学生だった予科練生。哀しみを感じますが、感謝の気持ちも忘れてはいけないと思います。

雄翔園・富士山

雄翔園・琵琶湖

雄翔園・四国

園内には、富士山、琵琶湖といった日本の名所が書かれた看板があります。また、北海道、四国などの地名もあります。これはその地から運ばれた石や木であることを示しています。予科練生たちが守りたかった日本の領土が、いまもあることを伝えているのでしょうか。

雄翔館

雄翔館外観

雄翔園を過ぎると雄翔館があります。雄翔館は予科練戦没者の遺書・遺品を約1500点収蔵、展示しています。予科練出身者、遺族などで構成される財団法人・海原会が管理しています。開館は1968年(昭和43年)。建物前にある像は海軍元帥・山本五十六やまもと いそろくのものです。

雄翔館に残されたものには、まったく飾りがありません。事実が淡々とあって、読むたびに、知るたびにこみ上げてくるものがあります。

館内はフラッシュを焚かなければ撮影できます。ですが、写真で知るよりも、実際に目にしてわかるものだと思いまして、撮影はしませんでした。

雄翔館にあるものを一度にすべて見ることは、気持ちの面で難しいと思います。入場無料ですので、なにかの機会にふと立ち寄ってみる、ということでもいいのではないでしょうか。

予科練戦没者の平均年齢は20歳未満です。入館してすぐに、若くして命を落とした予科練生のために「予科練の花嫁」人形が飾ってあります。言葉で言い表せないものがあります・・・。この場所には、また改めて足を運ぶことにしました。

アクセス

名称 雄翔館
住所 300-0301 茨城県稲敷郡阿見町青宿121−1
入場料 無料
駐車場 あり(予科練平和記念館)
Webサイト 予科練平和記念館内