大蛇と大亀の不思議な関係〜飯沼にまつわる奇妙な伝説〜(常総市)

イラスト『飯沼の大亀』

民話を集めていると『よくある話』の存在に気付いてしまいます。

例えば、助けられたキツネが助けた男に嫁ぐ物語。これはキツネの子どもが陰陽師・安倍晴明だとも語られるのでご存じの方も多いはず。他にも、雨乞いをしたら龍が出てきた話とか、旅の僧侶によって湧き水が出た話などは、全国的に見られるでしょう。

ただ、茨城県の常総市には『よくある話』が奇妙な形で残っています。説明が難しいので、ひとまずご一読ください!

常総市の飯沼とは

民話の舞台は常総市に”あった”飯沼です。江戸時代に開拓されて水田になりましたので、いまはありません。

飯沼川

飯沼は現在の飯沼川を中心に両サイドへ広がっていました。下の地図は常総市の伊左衛門新田町の住所です。『新田』は江戸時代に開拓された土地が多いですね。飯沼川の左右にいくつも見つけられます。

wata

つまり、飯沼はとても広かったんです。正確な広さはわかりませんが、長さ28km、幅4kmといわれます。その沼を開拓してお米がとれるようになったら。。。貧しさを解消できますし、水害の恐れもなくなります。そのため、周囲の村が協力して16年かけて完成させました!
MEMO
伊左衛門新田の由来は、開拓に尽力した坂野伊左衛門といわれます。現在、坂野家の住宅は水海道風土博物館となっており、一般の方々も足を運ぶことが出来ます。
坂野家住宅外観1茨城を代表する古民家|坂野家住宅で楽しむひな祭り(常総市)

だまされた大蛇

開拓される前、飯沼は雨ではん濫することがよくあったのでしょう。水といえばおなじみ、大蛇の登場する民話があります。

むかしむかし、町の中央に飯沼という大きな沼がありました。飯沼は雨が降るたびに増水し、辺りの田畑を水浸しにしていました。これでは食べ物もとれませんし、近くに住む人々も心配な日々を過ごしていました。

水害を与える飯沼には、むかしから大蛇おろちが住んでいました。大蛇は沼の端から端まであるような大きさなので、飯沼は常に満水。雨が降るとすぐにはん濫してしまうのです。

そこで、村人たちは、菩提寺の和尚さんに相談しました。和尚は「よしよし」と言うと、すぐに大蛇の元へ向かいました。

「大蛇様、あなたのせいで村人たちは困っている。ここから東の方には北浦という広くて美しい湖があるから、しばらくそこに住んでみてはどうかな。長いことは言わないから10年ほどで頼む」

大蛇は、いまより広い住処に興味があったので、なるほどと納得しました。

「わかった。それでは10年だけ留守にしよう。ただし、10年後に戻ってくるから証文を書いてくれ

和尚は、わかったというと、すぐに紙に筆を走らせました。その間、大蛇が大きなくしゃみをしました。和尚はそれに気付くと、素早く筆に墨をしめらせ、紙にぽたりと落としたのです。大蛇は証文を受取ると、飯沼から去っていきました。

それから10年後、大蛇は約束通り飯沼に戻ってきました。待っていた和尚に証文を見せると、和尚は「まだ10年ではないか。約束と違うぞ」と言います。

大蛇は不思議に思い証文を見てみると、そこには十ではなく千の文字がありました。和尚が最後に書き足していたのです。大蛇は悔しがりましたが、約束は破れないので、仕方なく北浦へ去っていきました。

そんなことがあってから、飯沼周辺の人々が霞ヶ浦(北浦)で舟をこぐと遭難する、といわれるようになりました。大蛇の怨念かもしれません。

常総市の大蛇は会話の通じる真面目なタイプ。大蛇としてはかなり特殊です。でも、最後に霞ヶ浦で暴れているので、ヘビ特有の執念深さは兼ね備えています。

温厚なのは、飯沼が開拓されて水害の心配がなくなったせいかもしれません。個人的な印象ですが、場所の危険性と怪物や妖怪の危険性は深く関係していると思います。この民話は飯沼開拓後にできたか、近年改造されたお話ではないでしょうか。

wata

とんちの効いた面白い民話です。でも、このお話にはもう1パターンあるんです。

弘経寺と大亀

飯沼の大亀

前述のお話は『だまされた大蛇』として、全国的に見られます。違う地域なら、似たような話もわかるのですが。。。なんと同じ常総市にもう1つあります。こちらには亀が登場です。

MEMO
1397年ころ、良筆りょうちょう上人は新しいお寺を建てられる場所を探していました。そして、いまの常総市の豊岡にやってきたときに「やっと、いいところが見つかったぞ」西に飯沼、東に鬼怒川、その間にぽかんとある亀の甲羅のような高台の場所です。

亀は長生きで縁起がいい。さっそく、上人は村の人たちにお願いをして、寺の建築をはじめました。しかし、しばらくすると、上人のもとに見たこともない大きな亀がやってきたのです。

「ここはわたしの土地だ。勝手なことをしてもらっては困る。すぐにこれを取り払ってもらいたい」上人はとても驚きましたが、すぐに落ち着きを取り戻して「持ち主にことわらずに申し訳ないことをしました。それでは改めて10年だけこの土地を借してくれないでしょうか」

大亀はわかったと言うと「約束だ。証文も書いてもらおう」上人は10年後に土地を返す証文を書きました。そして、それから10年が経つと、約束通り亀は上人のもとにやってきました。上人は大勢の村人のために、大亀との交渉に臨みました。

「すみません。あとほんの僅かな期間だけこの土地を使わせていただきたいのです。十に点をひとつうっただけの期間、改めて貸していただけないでしょうか」大亀は上人の必死な表情を見て「点をひとつだけだな。わかった」ふたたび証文をもらい去っていきました。

それから600年以上が過ぎましたが、いまだに大亀はやってきません。十に足された点によって、土地は千年後に返す予定だからです。そうして、常総市の豊岡には浄土宗 寿亀山 弘経寺ぐぎょうじが建てられました。

こちらは弘経寺の創建につながる民話です。弘経寺は徳川家康の孫娘・千姫が眠るお寺です。千姫についてはかつて記事にしましたので、併せてどうぞ。

『千姫さま』弘経寺で天樹祭開催!満開の桜のもとで静かに眠る千姫さま(常総市)

弘経寺の創建は1414年。再び大亀がやってくるのは、2414年頃でしょう。なんとも気の長いお話です。常総市の地域史『水海道市史』にもありますので、由緒正しき物語なんですよ。(常総市のデジタルアーカイブで確認できます)

筋書きの同じ民話が1つの地域に2つある。とても奇妙なことです。しかも、それぞれちゃんとした背景がありますので、どちらかがマネたわけでもなさそうです。元になる物語があって、地域ごとに微妙に変更された。。。民話のできる過程をなんとなく考えることができますね。

wata

全国的にはヘビのお話のほうが知られているようです。水と蛇ですから納得ですね。興味深いのは弘経寺です。山号に『亀』がありますので、縁起をかついでいるのかもしれません。
MEMO
かつて弘経寺では、年越しの際に百姓たちがいろいろな物を使って騒音を立てる習慣がありました。これは亀に年越しを悟らせないためだといいます。

まとめ

常総市の『飯沼の主』に関する民話は、設定を変えて2種類あります。

わたしが知る限り他にないことで、全国的にも珍しいことだと思います。主の姿や性格の違いを考えると、元あったお話が語り手によって変化したのではないでしょうか。

民話の設立過程を想像できる面白いことです。


参考図書
石下町の昔ばなし/渡辺義雄
筑西風土記/中村ときを