伝説の正体は伝統芸能!?茨城の瀧夜叉姫と安倍晴明の伝説(つくば市・筑西市)

瀧夜叉姫伝説アイキャッチ

2ヶ月ほど前に筑西市に残る安倍晴明あべの せいめいの伝説について書きました。

安倍晴明伝説アイキャッチ陰陽師・安倍晴明が生まれた地!?茨城県の西★明野で晴明伝説を調査してきました!(筑西市)

晴明には葛の葉くずのはという母親がいて、正体(狐)が知られて去ってしまったという物語です。そして、同じような伝説が牛久市や龍ケ崎市、大阪府にもあります。どうして似た伝説が日本各地にあるのでしょうか。

つくばの瀧夜叉姫たきやしゃひめの伝説を調べていたら、その理由がわかった気がします。せっかくなのでご紹介します!

瀧夜叉姫伝説とは

瀧夜叉姫の伝説は説明がむちゃくちゃ難しいです。いくつかある物語が混ざっているからです。名称や細かな部分はいろいろな説ありますが、おおむね以下のような内容です。


瀧夜叉姫は平安時代の豪族・平将門たいらのまさかどの娘です。もともとは五月姫とか言われています。

将門といえば『平将門の乱』ですよね。学校の教科書にもありました。この乱は、はじめ下総国しもうさのくに(千葉の北部と茨城の一部)の平氏の内輪もめでした。しかし、戦いに勝ち続け、勢いに乗った将門は『新皇』を名乗りはじめます。ところが、そうしたことが朝廷から『反逆の意志あり』とされてしまったのです。

将門は朝廷軍と戦って破れてしまいました。そして、将門の仲間とその一族は追われる立場です。もちろん娘の五月姫もピンチになりました。しかし、五月姫はなんとか逃げ延びたあと、父の無念を晴らそうとします。そして、強い恨みと貴船明神への連日の祈願により・・・満願の夜、妖術を授かって瀧夜叉姫になったのです!


こちらが瀧夜叉姫誕生の流れです。わかりにくかったらごめんなさい。

wata

乱とか変の使い分けって諸説ありますね。わたしは実際に刀を交えるような戦いを『乱』。その手前で終わった、あるいは攻防が一方的なら『変』って覚えています。(前者は薬子の変、後者は本能寺の変など)

つくばの瀧夜叉姫伝説

「つくばの瀧夜叉姫伝説」というのは少々おかしな言い方です。瀧夜叉姫は父のリベンジを果たそうとしますが、つくばの伝説はそうではありません。瀧夜叉姫というより、『将門の娘』の物語と捉えたほうがわかりやすいです。

将門の娘・五月姫(瀧夜叉姫)は、朝廷から逃れてつくば市の西福寺で尼になりました。名前を如蔵尼にょぞうにと変えてお墓もあります。変身して夜叉になっていません。尼のまま亡くなっています。

東福寺外観

ただ、西福寺はもうありませんし、お墓もそのままの形ではありません。そのため、伝説は写真にある東福寺が語り継いでいます。(西福寺は東福寺のすぐそばにありました)

お墓はこの東福寺近くの畑の中にあります。見つけることができませんでしたが、いまも地元の方々が塔婆を建てて供養しているそうです。草木が伸びている時期は見つけるのが困難だと思われますので、お参りしたい方はお寺で訪ねたほうがいいと思います。お墓については常陽リビングの記事がありますのでご覧ください。

ただ、将門は1000年以上前の人物ですし、その娘の詳細は確認しようがありません。さらに、如蔵尼については福島県の恵日寺にも同じ伝説があります。。。

瀧夜叉姫?の石棺に使われた石畳

お墓(石棺)の一部は東福寺の入り口に無造作に置かれています。常陽リビングの住職のお話では、いつかこの石を使ってお墓を立派に立て直したいそうです。

注意
東福寺では瀧夜叉姫を瀧夜盛姫たきやもりひめと呼んでいます。
「夜叉」は良い意味でないからだそうです。

瀧夜叉姫が逃げ延びた佐都ヶ岩屋古墳さどがいわやこふん

佐都ヶ岩屋古墳のある山

つくばの瀧夜叉姫伝説のある場所は東福寺だけでありません。筑波山の南にある佐都ヶ岩屋古墳にもあります。ここに朝廷から逃れた瀧夜叉姫が一時的に避難していたとか・・・そちらも常陽リビングの記事にあります。

この古墳は写真の山中にあります。筑波山ほどではありませんが、見ての通りの高さなので普通の人は簡単に登れません。わたしは山の中の古墳って初めて知りました。ふつう平地ではないでしょうか。それだけでもかなり特殊だと思います。

山から見る筑波の風景

佐都ヶ岩屋古墳の立て札

なかなかの景色ですよね。2枚めの写真の立て札には古墳の解説と瀧夜叉姫の伝説が書かれています。詳しくはこちらのサイトでどうぞ。

この古墳は古墳時代の末期(7世紀)につくられたもので、とても大きい部類です。方墳というシンプルな長方形ですが、鍵穴形の前方後円墳よりあとの時代にできました。複雑な形のほうが前の時代にできたんですね。古墳は不思議が多いです。

注意
立て札のあるところまで行きましたが、直接古墳を見ていません。見ての通り、立て札の先は歩ける状態ではありません。リンク先のレポートも雑草が枯れた秋か冬に訪れています。無理していかないほうがいいですよ。この場所は本当に。

瀧夜叉姫って本当にいたの?

あえて書きます。実在して妖術を使ったとか鬼だったとかはさすがにわかりません。でも、いまも伝説が残る理由は、瀧夜叉姫が歌舞伎や神楽に登場するからだと思います。

歌舞伎の演目は通称『将門』。正式には忍夜恋曲者しのびよるこいはくせものといいます。クライマックスにはガマに乗って敵を見下ろすというスゴイシーンがあります!神楽も同じような物語です。ガマに乗ったりしませんが、陰陽師と激しく戦います!(๑•̀ㅂ•́)و✧

歌舞伎も神楽も作家(?)によって、多少は設定や物語が違います。でも、伝説とほぼ同じと考えていいでしょう。つまり、伝説は伝統芸能と一緒に語り継がれているのではないでしょうか。

ついでに安倍晴明の伝説に迫る

話は変わって筑西市の安倍晴明の伝説です。伝説と伝統芸能の内容は一緒の場合がある。それをヒントに探してみたら面白いことがわかりました。

安倍晴明や母親の葛の葉が登場する歌舞伎の演目・・・ありました!通称『葛の葉』。正式には蘆屋道満大内鑑あしやどうまんおおうちかがみといいます。物語は大阪の葛葉稲荷神社や女化神社の伝説に近いです。違うのは、『本物』の葛の葉がでてくることで、正体が狐だとわかってしまうあたりです。

さらに突っ込んでみましょう。安倍晴明の出生が筑西市(明野)というのは、明野の高松家に残る版木にあります。版木が書かれたのは1711年頃といわれています。ここまでわかると考えちゃいますよね。歌舞伎の演目と版木はどちらが先に作られたのでしょうか。安倍晴明の出生に関する『芸能』と『明野の史料』はどちらが先か、ということです。

こちらの辞典サイトによれば、『葛の葉』は1734年が初演ですね。ただ、葛の葉にはさらに元にしている物語があります!

それが『信田妻しのだづま』です。作者不明ですが、晴明の母親が狐であることや、正体が知られて去ってしまうこと、晴明が陰陽術を使えることなどが共通していますね。こちらは1674年の本に記録されています。

つまり、筑西市の史料は歌舞伎よりも古い。しかし、さらにその前に物語は存在する。筑西市の史料が書かれる前によく似た物語があるということは・・・

wata

信田妻はさらに古い物語を組み合わせてつくられています。一体、どこまでさかのぼれるのでしょうか。これ以上はわかりませんでしたが、日本の伝統の奥深さが面白いですね!

まとめ

冒頭になぜ日本の各地に似たような伝説があるのか、と書きました。それは以下のような経緯ではないでしょうか。

  1. 江戸で歌舞伎として演じられることで物語がたくさんの人に知られる
  2. 歌舞伎を見た人が地元に戻り、物語(内容)を語り継ぐ
  3. 語りが地元の歴史や伝承と合体して、事実のようにされてさらに語り継がれる
  4. 長い年月が経ち、事実関係が曖昧になり『伝説』誕生!

だから、基本的な部分を同じとする物語が、各地にあるのではないでしょうか。それなら地域性が出ておかしくないと思います。

イラスト『アナザー・瀧夜叉姫』

瀧夜叉姫

Illustration by ありだのみかん

陰陽師に退治されて改心した瀧夜叉姫です。

歌舞伎や神楽に登場する瀧夜叉姫って最後どうなるかわからないんですよね。もちろん、話の流れとしては陰陽師に『退治』されるのでしょうが、その先は・・・?というわけで、アナザー・瀧夜叉姫が誕生しました。

ちょっとだけ脱線します。わたしは子供の頃、ハドソンから発売された『桃太郎伝説』というゲームが好きでした。もう20年以上前のものです。(『桃太郎電鉄』にも同じキャラクターが登場します)このゲームの面白いところは、桃太郎の鬼退治という基本的な流れがあって、それに別の昔話が合体していくんです。浦島太郎とか金太郎なんかも登場して仲間になります。

そして、鬼を倒す(殺す)のではなく退治(改心)させることで世界を平和にしていきます。夜叉姫というキャラも閻魔大王の娘として登場して、はじめは桃太郎の敵でした。(このイラストの元になっています)刀をふるって戦うゲームでしたが、殺伐としていなくてとても楽しめました(*´∀`*)

瀧夜叉姫は恨みと祈願によって誕生しました。でも、それができるなら別のものにも生まれ変われると思います。物語はあまりに悲しい結末で終わりたくないので、こんなものを作ってみました(*^^*)

アクセス

名称 東福寺
住所 〒305-0015 茨城県つくば市松塚665
駐車場 あり

名称 佐都ヶ岩屋古墳
住所 〒300-4213 茨城県つくば市平沢
駐車場 なし