桜川市

雨だからこそ雨引観音!たくさんのあじさいとご利益で心スッキリ♪(桜川市)

雨引観音アイキャッチ

先日、潮来の二本松寺にほんまつじを訪れました。
美しいあじさいに感動したので、それからTwitterで二本松寺のつぶやきを見ていたんです。
すると以下のつぶやきが目に止まりました。

予報では今日はかなり弱い雨らしいので紫陽花観賞にはベストコンディションですね。雨に濡れて光沢を増す紫陽花は最高ですよ。間もなく旅サラダで二本松寺あじさいの杜が放送されます。楽しみです。 #二本松寺 #あじさいの杜 #茨城県 #紫陽花 #旅サラダ6月30日のツイート/二本松寺・あじさいの杜(茨城県潮来市)

梅雨の時期に咲いて、雨でもっとも美しい。。。
あじさいは気分の晴れない時期を前向きにしてくれる素敵な花ですね!
・・・それに暑い日に雨に濡れたあじさいを見るのは涼しげでいい、との声も。

というわけで、あえて雨の日にあじさいを見てきました。
今回は桜川市にある雨引観音あまびきかんのんです。いい名前です(*^^*)

境内のあじさい

雨引観音とは雨引山あまびきさん 楽法寺らくほうじのことです。
真言宗のお寺でお参りすると安産や子育てのご利益があると有名です。
「一に安産・二に子育てよ・三に桜の楽法寺♪」と民謡でも詠われています(*´∀`*)
歌詞の通り、桜の名所としても知られています。
なお、ご本尊は延命観世音えんめい かんぜおん菩薩です。もちろん、長生きのご利益があります♪

ざっくり知ったところで境内に入ります。

薬井門

雨引観音入口

薬井やくい門です。「黒門」とも言われます。
モノクロの門は、とても珍しくて面白いと思います。

薬井門はずっとここにあったのではなく、もともと真壁城の城門だったそうです!
平成11年にこちらに修復・移転されてきました。

ところで、写真の楽法寺の石碑ですが、Webサイトのものと違いますね。
Twitterでそうつぶやいたら、雨引観音の公式アカウントからお返事もらっちゃいました。
それによると色を塗り替えて位置を変えたそうです。
実は震災の影響があったのかな。。。と心配していたので安心しました。

境内は東日本大震災によって大きな被害を受けましたからね。
私も含めたくさんの方の心の支えになる場所ですから、無事でよかったです♪

目次にもどる

磴道とうどう

雨引観音の石段

磴道・・・雨引観音のWebサイトにある言葉です。
「磴」だけで石段という意味があるそうです。

それはともかく、誰もがしばらく足を止めたくなる磴道です。
あじさいは10種類で3000株。まるで参拝者を歓迎しているように咲いています。
見ただけで癒やされますが「南無観世音菩薩なむかんぜおんぼさつ」 と唱えて登ると厄が落ちると言われています。
145段あるのでちょっと大変ですけどね(^_^;)

今回はお寺よりも、あじさいを見て回ろうと思いましたので、ちょっと脱線します。

雨引観音石碑とあじさい

雨引観音石碑とあじさい

水滴でつやっぽく見えます(*^^*)
曇り空だと重厚な感じもしますね。見ていて落ち着きます。
清々しい晴れもいいですが、こちらも魅力的です。

あじさいは通路を塞いでしまうほどの咲き具合です。
あじさいの杜が整然としているのに対して、こちらは野性的ですね。
山の傾斜に合わせて咲いていますので、見上げるようです。
でも、個人的にはワイルドすぎるような・・・(;一_一)

それでは、磴道の上にある本堂に向かいます。

目次にもどる

雨引観音

雨引観音の本堂と参拝客

登りきったすぐ右手に本堂があります。
大勢の方が訪れるので、同時に参拝できるようになっています。

お賽銭箱がやたら高い位置にあるのが独特ですね。
文字通りお賽銭を投げ入れるようになります( •̀ㅁ•́;)
なるべくゴールさせましょう。

目次にもどる

雨引観音の由来

雨引観音こと楽法寺の歴史は古いです。
開かれたのが用明天皇の時代ですから、いまから1400年以上前です。
雨引観音と呼ばれるようになったのは嵯峨天皇の時代で、いまから約1200年前です。
その頃、雨がふらずに食べ物がとれない大飢饉ききんがありました。
そこで困っていた人々のために、天皇が自ら写経し、それを楽法寺に納めたことで大雨につながったといいます。
「雨引」と残しているのは、人々の感謝の気持ちがこもっているのですね。
(詳細は雨引観音Webサイトからどうぞ)
ちなみに、いまの本堂は1682年に再建されたものです。

目次にもどる

多宝塔

雨引観音の多宝塔

本堂のお隣にあるのが多宝塔です。
もともとは730年に聖武天皇の后・光明こうみょう皇后が建てた三重塔です。
1853年に建て替えられまして、名前も多宝塔に改められました。
1683年にも建て替えられているのですが、そのときは完成した際に本堂の扉が自然に開き観音像が現れたといいます。(ちなみに本堂は1年前に再建されました)
それにより、建築費用が一気に集まったとか。。。とても不思議なお話です。

目次にもどる

境内のようす

それでは境内を見て回ります。
磴道の周辺ほどではありませんが、ところどころあじさいがあります。
仏像や放し飼いの鳥たちとコラボしていて、とてもユニークです(๑•̀ㅂ•́)و✧

雨引観音境内のあじさいと夫婦

雨引観音のあじさいと家族

雨引観音境内の鳥とあじさい

雨引観音境内の仏像とあじさい

雨引観音のおみくじとあじさい

あじさいはここに限らずいろいろな地域にあります。
雨引観音ならではの楽しみを見つけたいところですが・・・
個性的な場所なので、それには困りませんね(*^^*)

雨引観音仏像と鶏

境内の鳥の多さには驚きます。それにとても大きいのです。
にわとりのサイズを見て「えっ!?」という印象だったのですが、なんといってもこれです。

雨引観音境内の孔雀

わかりにくいですが孔雀です。2,3匹じゃありません。
普通に歩いていて、餌を与えることができます( •̀ㅁ•́;)
羽を広げたところは見れませんでしたが、大きくてとても綺麗でした。
そして、鳴き声も非常に大きい。にわとり以上ですね。。。
ちなみに、実は多宝塔の写真の下の辺りに孔雀がいます!

雨引観音内で降りしきる雨

雨引観音の境内から見る桜川市

帰る頃には雨が止みました。
見晴らしのいい場所ですから、桜川市の素敵な風景を楽しめました(*^^*)
雨引観音、雨の日こそ足を運んでみましょう♪

目次にもどる

アクセス

名称: 雨引山 楽法寺
所在地: 〒309-1231 茨城県桜川市本木2
Webサイト: http://www.amabiki.or.jp/

目次にもどる

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP