陶芸家 板谷波山★下館の巨匠は技も郷土愛もスゴかった!(筑西市)

板谷波山記念館アイキャッチ

郷土愛は誰にでもあると思います。人生にはいい思い出とそうでないものがあって、生まれ育った場所には両方あります。いい思い出がある場所には愛着もあって当然ですよね。そんな郷土愛。持ってはいるものの普段はなかなか表に出しません。なんだか恥ずかしいし、どう表現すればいいか困ります。

とても参考になる方がいます。この方に倣えば粋になれます。しかも文化勲章まで授かった偉人。陶芸家板谷波山いたや はざんです。いまの筑西市(下館)で育った正真正銘の茨城県民です。

・・・ちなみに文化勲章は皇居で天皇陛下から直接渡されるんです。日本人として最高の名誉ですね!

板谷波山記念館入り口

先日、下館駅のそばにある板谷波山記念館で色々と学んできました。陶芸家としては有名すぎるので、あえてそのことには触れません。人間・板谷波山にフォーカスして書いてみました。

波山の陶芸家への道

板谷波山は明治5年(1872年)に下館で生まれました。波山というのは陶芸家としてのニックネームで、本名は嘉七かしちといいます。

波山はとてもいい時代に生まれたといえます。なぜかというと、明治の前の江戸時代、下館は城下町でとても賑わっていました。特に木綿がよく産出されて『真岡さらし』が有名だったんです。真岡さらしは質も量も充実していたので、江戸に運ばれ人気でした。明治の始まり頃、下館は景気が良くて商人たちはしっかり稼いでいたんです。波山の実家も醤油の醸造と雑貨の販売で商売繁盛していました。

二度の挫折

下館も波山の実家も景気がよかったです。でも、波山は8人兄弟の末っ子。兄弟が家業を継ぐので、なにか自分の仕事を見つけなくてはいけませんでした。そんな状況で小学生の頃に焼き物と出会うのですが・・・簡単にはいきません。さすがにいきなり陶芸家というのは、いろいろと無理があります。小学校を卒業した波山は、親のいいつけで商店に丁稚奉公することになりました。ですが・・・どうしても馴染めずに1週間で家に帰ってしまいました。人に頭を下げるのが苦手だったとも・・・波山1回目の挫折です。

そして、2回目は。。。商人を諦めた波山は、なんと軍人になろうとします。上京して陸軍士官学校の予備校に通うのですが・・・受験に失敗!体格が不足していました。「それなら、もっと早く言って欲しい!」たぶん、当時の波山とわたしの気持ちは一緒でしょう。

がっかりした波山は、それから1年間をなんとなく過ごしてしまいます。

恩師との出会い

でも、波山は再び受験を決意するのです。幼いころから好きだった陶芸の道に挑戦しました。

目指した学校は東京美術学校(現:東京藝術大学)です。ちょうど開校する年でした。東京美術学校・・・卒業生には横山大観よこやま たいかん下村観山しもやま かんざん菱田春草ひしだ しゅんそう らがいます。芸術界のスーパースターたちですね!

しかし、このメンバーは当時もちろん無名です。では、波山はなぜ入学を決意したのか。それは、当時の美術学校の校長に惹かれたからです。名前を岡倉天心おかくら てんしんといいます。波山は卒業後もずっと天心が学生たちへ語ったことを話していますので、よほどいい思い出だったのでしょう。波山は素晴らしい環境で学びながら、天心から薫陶を受けたのでした。

MEMO
岡倉天心につきましては、北茨城市にゆかりがあります。記事にしましたので、ぜひご覧ください。

五浦の海2岡倉天心が晩年を過ごした五浦を歩く〜六角堂と五浦岬公園〜(北茨城市)

学校卒業から陶芸家へ

波山に限ったことではありませんが、学校を卒業しても陶芸家にはなれません。技術も設備もないので、自分だけではなにもできないのです。それに学校の科目に『陶芸』がありませんでしたので、波山は彫刻を学んでいました。ですから、卒業後にお金をためながら陶芸の技術を磨く必要がありました。

そんな状況にうってつけだったのが、金沢に赴任して彫刻の先生をすることでした。実はその学校では彫刻の教室のとなりで焼き物がつくれたのです!!波山は先生としての7年間で(こっそり)基礎を固めて、退職後に陶芸家として生きることを決断しました。

そして、いよいよ陶芸家へ。東京に戻り田端に住むことにして、ここで『波山』の名(号)を使い始めます。

MEMO
波山の号を使うきっかけは、田端の住まいは高台にあって、そこから故郷の筑波山が見えたからです。筑波山の雄姿に感動して自分の名前に取り入れたそうです。

板谷波山記念館

波山記念館胸像

やっと記念館の話をします。記念館は入館料200円。高校生以下なら無料です。作品や記録がたくさんあって面白いです。

あと、しもだて美術館との共通券がオトクなのでぜひ!わたしが行った時、美術館は改装中でしたが。

波山の生家1

波山の生家です。江戸時代の中期に建てられて、波山は美術学校に入学する17歳まで過ごしました。8人兄弟にはちょっと狭いでしょうか。でも、当時としては立派だったと思います。

夫婦窯

夫婦窯です。波山が陶芸家としてデビューした年につくられました。完成まで1年3ヶ月・・・毎月コツコツとれんがを購入してつくりました。当時の最新型三方焚口の倒炎式とうえんしき丸窯です。

MEMO
デビューしたばかりの波山には、窯を買えるお金がなかったので夫婦による手作りです。波山は当然として、奥さんまでお手伝いしたというのが素敵ですよね。苦労しただけあって、この窯でたくさんの波山作品が誕生しました。(本当にお金がなかったので実家で頼もうとしましたが、直前で思いとどまって墓参りだけしたというエピソードがあります)

wata

ちなみに、波山とまる夫人は面白い出会いをしています。なんでも波山が散歩していたら女学生姿の奥さんが人助け(坂道で荷車を押していた)をしていたので、その意志の強さを好きになったそうです。

板谷波山記念館・作業場1

源田市松

波山の仕事場が再現されています。奥が波山、手前は弟子でろくろ回しをしていた現田市松げんた いちまつの作業場所です。ふたりはずっと一緒に作品を作り続けていました。なんと50年間!波山は31歳と遅咲きのデビューだったので、熟練に時間の掛かるろくろをしませんでした。もっと技術と可能性のある者に任せたのです。自分の仕事に専念できる仲間がいたのも、波山が活躍した重要な要素です。

板谷波山記念館3

板谷波山記念館2

板谷波山記念館1

続いて、波山の作品がある展示スペースです。以前、ここの撮影は禁止されていました。でも、さまざまなメディアで取り上げられるようになって、いまでは解禁しているそうです。ありがたいですが、わたしの写真ではその良さが伝わらないので全体像だけ残しておきます。

人間・板谷波山

ここまで主に陶芸家になるまでの波山をご紹介しました。デビューしたのは遅かったのですが、出世のスピードは非常に早かったです。人に品評されたのは2回だけ、あとは審査員席で評価する立場でした。

わたしは陶芸のことをまったくわからないので、波山のすごさについて語れません。でも、シンプルに見えるのに美しいと感じる。そして、ずっと見ていても飽きない作品だと思います。きっと手元にあってもそうなのでしょう。長く愛されるのは特別な作品である証拠です。

ところで、波山はとても厳しい人というのが世間的なイメージだったようです。自分の気に入らない作品を容赦なく金槌で叩き割っていたからでしょう。極貧時代に地震で作品が傷ついたときも、それをごまかして売らずに叩き割っています。(奥さんはそれを見て泣きました)気に入らない作品を譲ることはあっても、それには決して名前を書きませんでした。

もちろん美へのこだわりがあったからです。でも、波山は厳しいだけの人ではありませんでした。それについても記念館で知りましたのでご紹介します。

鳩杖はとづえ

鳩杖

鳩杖は杖の先に鳩の焼き物がついています。中国の古い逸話によれば長く働いた家臣をねぎらう為につくられました。日本でも明治天皇が家臣に下賜したことがあります。(下賜とは天皇があげたという意味です)

波山は毎年自ら鳩杖を作って、下館の高齢者(80歳)に直接渡していました。1933年から52年まで、波山自身が80歳になる年まで続けられたのです。長く続けたので鳩杖は319本にもなりました!

日本を代表する陶芸家が故郷の高齢者のために、作品を手渡すなんてすごいことですよね。

観音像と香炉

波山は支那事変で亡くなった下館出身の戦没者の遺族に観音像と香炉を渡していました。なお、支那事変が拡大を続けてしまったので、香炉の製作が間に合わずに観音像になったという経緯があります。

MEMO
香炉には『忠勇義烈ちゅうゆうぎれつ』の文字がありました。これには戦没者への尊敬の念が込められていますね。波山の病気もあって時間がかかりましたが、1956年までに281個を完成させました。愛国者であり、下館の人々を愛していたのだと思います。

波山の遺言

波山は昭和38年(1963年)10月10日に亡くなりました。91歳でしたから、大往生といえるでしょう。
波山は亡くなる少し前に信頼する方へ遺言を残しています。

私が子どものころには、上の学校に進学できなかったり、みじめな思いをしている子どもたちがたくさんいましたね、いまでもそういう子どもたちはまだまだいるだろうと思うので、少しでも彼らの育英資金になればと蓄めておいたのを渡してあげたいんですが。板谷波山ー陶芸一筋に生きるー/著:中村兵左衛門

初めは、なんとかして一千万円くらいは貯めたかったんです。しかし、質素倹約してみたわりには、五百万円しかできずに終わりました。それから、私の下館の生家と庭をそっくり財団法人に寄贈したいのでよろしく
板谷波山ー陶芸一筋に生きるー/著:中村兵左衛門

というわけで、波山の財産で『財団法人波山先生記念会』が結成されて、いまなお下館の学生たちへ奨学金が渡されています。波山は実家こそ裕福でしたが、陶芸の道を歩み始めてからは極貧生活が続きました。それなのに財産を奨学金のために残しておくとは。。。郷土愛とも違った愛情を感じますね。

板谷波山の銅像アップ

ここまで読んだ方はおわかりかと思いますが、波山はデビューまで天才らしいエピソードがありません。失敗もありますし、お金にもかなり苦労しています。わたしにはそれを努力とこだわりで超えてきたように見えました。とても勇気が湧いてくることだと思います!

ところで、冒頭に郷土愛を持つのはいい思い出があるから、と書きました。でも、波山の行動を見ていると、それだけとは思えません。わたしには、いまの自分をつくってくれた故郷に感謝の気持ちがあるように感じました。故郷は自分の一部ですから、故郷を大切にすること=自分を大切にすること ですよね!自分に自信や誇りを持つためにも大切な考え方だと思います。

アクセス

名称 板谷波山記念館
住所 〒308-0021 茨城県筑西市甲866−1
営業時間 10〜18時(入館は17:30まで)
駐車場 あり
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月28日〜1月4日)
入場料 200円・団体150円(10名以上)、高校生以下無料
Webサイト 板谷波山記念館