【いま献血が大切な理由】つくば献血ルームで献血してきました(つくば市)【緊急事態宣言下】

この記事では緊急事態宣言下で献血が必要になっている理由と茨城県内で献血する方法をご紹介します。

注意
献血そのものについては茨城赤十字血液センターでお尋ねください。専門知識が必要な医療行為なので記事では説明できかねます。
参考 TOP茨城県赤十字血液センター

なぜいま献血なのか

新型コロナウィルス(COVID-19)の感染が広がる中、緊急事態宣言が発令され日本中で外出を控えるようになっています。

しかし、献血を待ち望む方が減ることはありません。

これまでと同じ量の血液が必要なのですが、イベントや商業施設、そして個人の外出の自粛によって献血会場に血液が集まりにくくなっています。

日本赤十字社の茨城県赤十字血液センターは次のように発表しています。

現在、関東甲信越地域をはじめ、全国で献血にご協力いただける方が大幅に減少しています。

外出自粛要請や緊急事態宣言が発令される前まで、多くの皆様からご協力いただいたことにより、安定した血液在庫量を保有しておりましたが、今後もこのペースでご協力人数が減少していきますと、安定供給に影響を及ぼすことになります。

輸血を必要とする患者さんの命を守る「献血」は、政府の「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」において、医療体制の維持に不可欠なものとされています。

他に代わるもののない献血へのご協力は、不要不急の外出にはあたりません。ぜひ皆様の「お住まいの近隣地域」にてご予約のうえ献血へのご協力を何卒お願いいたします。
緊急事態宣言下での献血協力のお礼と今後の献血のお願いについて/茨城赤十字血液センター

予約をお願いしているのは献血する方が集中すると三密(密集・密閉・密接)が守れないためです。コロナウィルスの感染拡大を防止する意味が強いので献血の際にはできるだけマスクの着用もお願いいたします。

まだ血液が不足する事態に陥っていませんが、ぜひとも状況をご認識いただき可能であれば献血に足を運んでいただければと思います。

病気やけがで輸血が必要となってしまうことは、皆さんが思っている以上に身近におこることです。

輸血によって命をつなぐ人がいます・・・
輸血によって笑顔を取り戻す人がいます・・・

このような病気やけがと闘う人たちを救えるのは、献血ができる健康な皆さんだけなのです。
献血の必要性/茨城赤十字血液センター

wata

献血はだれかの緊急事態に備えてするものです。なにも起こっていないうちにすることで効果を発揮しますので時間に余裕がありましたらぜひご協力ください。
MEMO
血液は生きた細胞なので長期間保存できません。同じ方が定期的に献血することは効果的でだれかの命を救う可能性があります。

はじめて献血される方

これまで献血をしたことがなく、そもそも献血とはなんなのか、なぜ献血が必要なのかを知りたい方は以下をご覧ください。

参考 初めて献血される方へ茨城赤十字血液センター

県内の献血ができる施設

茨城県内で献血しようと思った場合、方法は2つです。

  1. 献血ルームで献血する
  2. 献血バスで献血する

献血ルーム

献血ルームは常設の献血施設です。つくば市と水戸市の2箇所にあります。

献血ルームMEET(水戸市)
【場所】
 水戸市宮町1-7-31 水戸駅ビルエクセルみなみ6F
【電話】
 0120-310-399 または 029-224-9226
【受付】
 ①成分献血
  平 日 10:00~12:00/14:00~17:00
  土日祝 10:00~17:00(お昼時間も献血できます)
 ②400・200mL
  平 日 10:00~12:30/14:00~17:30
  土日祝 10:00~17:30(お昼時間も献血できます)
【定休日】
 12月31日、1月1日
【Twitter】献血ルームMEET
つくば献血ルーム(つくば市)
【場所】
 茨城県つくば市吾妻1丁目10-1 つくばセンタービル2F
【電話】
 0120-298-102
【受付】
 ①成分献血
  平 日 10:00~12:00/14:00~17:00
  土日祝 10:00~17:00(お昼時間も献血できます)
 ②400・200mL
  平 日 10:00~12:30/14:00~17:30
  土日祝 10:00~17:30
【定休日】
 12月31日、1月1日、1月2日
【Twitter】つくば献血ルーム

水戸の施設は常磐線の水戸駅、つくばはつくばエクスプレスのつくば駅を降りて徒歩で行けます。

広々としており、年末年始を除き毎日献血できるようになっています。

参考 献血ルーム紹介茨城赤十字血液センター

献血バス

献血バスはイベント会場やショッピングセンターなどで献血できるバスです。

スケジュールは茨城赤十字血液センターのサイトで公開されておりますので、以下のリンクからご確認ください。

参考 献血バス運行スケジュール茨城赤十字血液センター

つくば献血ルームの献血レポート

つくば献血ルーム

つくば献血ルーム

実際に献血ルームで献血を行ってきました。わたしは土浦市に住んでいるので最寄りの献血ルームはつくば献血ルームです。

つくば献血ルームは「つくばセンター広場」にあります。ノバホールとかホテル日航つくば(旧オークラフロンティアホテルつくば)のある辺りですね。

駐車場

つくば献血ルームの駐車場はセンター広場周辺の南1、南2、南3、北1です。他は提携しておらず無料化できませんのでご注意を。(画像はつくば献血ルームのTwitterからお借りしました)

南2駐車場

南2駐車場

最寄りの駐車場は南2です。駐車場から献血ルームまでは徒歩で5分ほど。道路を横断して階段を登ってラヂオつくばの放送を眺めながら到着という感じですね。

献血の流れ

献血ルームに入室したらまずは消毒。周りを見渡すと献血する方も含めて皆さんマスク着用です。室内は広くて換気もされていますが、安全策をとるに越したことはありません。

献血の流れは次のようになっています。

  1. 受付
  2. 問診
  3. 献血

予約していればスムーズですが、そうでない場合はおおよその献血にかかる時間(待ち時間を含む)を教えてもらえると思います。

じつはわたし、献血ルームで献血するのははじめてで予約ができることを知りませんでした。。

予約なしのためちょっと待つことになり、献血にかかる約1時間〜1時間30分とのことでした。ただ、待ち時間なしでも1時間近くはかかると思います。

献血のWeb会員サービス『ラブラッド』に登録されている方はWebから予約が可能です。一度でも献血をして『献血カード』を持っているならいつでも登録できますよ。

そうでない方は電話予約でどうぞ。

参考 献血のWeb会員サービス『ラブラッド』茨城赤十字血液センター

問診、献血は医師や看護師の案内に従ってください。質問に対して間違いや嘘があると大変なので慎重に。

この日、わたしは400mlの献血をしました。男性はこの量を欲しいと言われると思います。

コップ2杯ほどになるのですが、たしか1日やそこらで元の血液量になるとのこと。自分の体ながらなんかスゴイ。。

400mlは一度に取るのですが、その前に成分(血色素量?)を検査するために献血されます。このとき、「ちょっと水分が足りていないみたい」と教えてもらいました。

献血後の副作用を防ぐために事前にしっかりと水分をとる必要があるとのことです。献血ルームは水分補給のためのドリンク(無料!)が用意されていますので、2杯いただきました。ちなみに、ドリンクは温かいほうが血行が良くなるのでオススメのようです。

それと空腹時は避けて欲しいとのことでしたので朝食抜きのわたしはルーム内でお菓子を補給。至れり尽くせりですね。

そんなこんなで無事に献血ができました。おもてなしされた感が強いので社会貢献??という気分ですが、きっとだれかのためになっていると信じています。お土産のお菓子までいただいてしまった…!

次回、献血ができるのは3ヶ月経ってからです。献血はだれか1人の努力ではどうにもなりませんので、ぜひ多くの方にご協力いただければと思います。

wata

献血ルーム内は当然衛生的です。コロナの影響もあって職員が定期的に消毒をしておりました。ご安心ください!
注意
献血ルーム内は原則的に撮影禁止です。

待ち時間は退屈?

予約をすると待ち時間はほとんどないと思いますが、そうでない場合は?

じつは献血ルームにはたくさんの雑誌やマンガ本が用意されており、無料WiFiもあるんです。だから、時間をつぶすのはいくらでも。。

つくばだと、ドラゴンボール、スラムダンク、封神演義、クローズなどなど。30代にはたまらない品揃えとなっております。用意したのも同世代っぽいですね。

鬼滅の刃もありました。発売済みは全巻揃っていますが、さすがに待ち時間には読みきれるわけもなく。。ちょっとした漫画喫茶のようになっていますね。待ち時間が長めでもご安心を!

まとめ

この記事のまとめ

  • 緊急事態宣言により献血が減少している
  • 献血ルームは予約してから訪問するのがよい
  • 献血ルームは快適なので気持ちよく過ごせる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA