羽黒山 覚城院 二本松寺|あじさいの杜の見頃・由緒・御朱印(潮来市)

この記事でわかること
  • ”あじさいの杜”の見頃
  • 二本松寺の由緒
  • 御朱印

5月下旬〜7月上旬は潮来市のシーズン。可憐なあやめを楽しんだら凛々しいあじさいへ。

潮来市の二本松寺にほんまつじあじさいの杜は茨城でもっとも多くの種類のあじさいを楽しめる名所。あやめ園から車で15分ほど離れた場所にあります。

この記事では茨城有数のあじさいスポット・あじさいの杜をご紹介します。有料だからこそ味わえる絶景です。シーズンになりましたら、ぜひ足を運んでみてください♪

あじさいの杜とは

二本松寺の見事なあじさい

二本松寺の見事なあじさい

あじさいの杜があるのは潮来市の堀之内。二本松寺の境内の一部です。あじさいスポットとしては珍しく有料ですが、それでもたくさんの観光客が訪れます。

二本松寺のあじさいは亡くなった方の供養のために植えられました。それが次第に数を増やし、いまでは潮来市を活性化をさせる重要なスポットになっています。

入れるのは朝の9時から夕方の5時まで。週末の駐車場は朝10時頃から埋まり始めますが、とても広いのでお昼ごろでも大丈夫。

見頃は6中旬(早咲き)〜7月上旬(遅咲き)。できれば6月下旬に行けるといいですね。例年通りなら絶景になっています♪

駐車場

あじさいの杜および二本松寺の駐車場は本堂の南西側です。

あじさいまつり期間中にあじさいの杜を通らずに本堂でお参りする場合は地図のようにお進みください。

あじさいの杜入口

あじさいの杜入口

あじさいの杜の入口は駐車場から道路を挟んで向かい側にあります。看板が出ますのでおそらく迷うことはありません。

入山参拝券は300円。中学生以下なら無料です。チケットと丁寧に手作りされたパンフレットをゲットしたら、いよいよあじさいとご対面です。

参考 家族で支える観光名所 ”あじさいの杜” で地域活性化潮来市地域おこし協力隊
MEMO
入口で杖をお借りできます。あじさいの杜は勾配がありますのでお役立てください。

田舎道とあじさい

田園とあじさい

田園とあじさい

入山すると少しだけ田んぼ道を歩きます。青々とした水田とあじさいの両方を楽しめるのは潮来市だけなんです。美しい〜♪

傾斜のあじさい

傾斜のあじさい

わたしと同じようにカメラを持った方がたくさんいました。みなさんはどんな写真を撮っていたのでしょうか。

わたしはハッキリしたものが好みですが、ふんわりとしたものも素敵ですよね。被写体は文句なしですから、カメラマンの腕が試されます♪

てまりてまり

てまりてまり

斜面にあじさいが広がっています。高さは5,6mはありそう。木の枝に咲く梅や桜。水辺に咲くあやめ。あじさいはそれらと違った美しさですね。ワイルドさも感じます。

あじさいの杜

あじさいの杜

あじさいの杜

たくさんのあじさいに囲まれた道を歩けます。あじさいの杜は40,000㎡の敷地に100種類、10,000株のあじさいがあります。種類、株数ともに茨城有数です♪

二本松寺のあじさいの杜

二本松寺のあじさいの杜

あじさいはひとつひとつが立派。目の当たりにすると感動しますよ。色に統一感があって季節を感じますね。とても風流です♪

6月は暑くない日が多いです。曇り空でもあじさいはキレイなので、少々お天気が悪くてもめげずに足を運んでください。気持ちのよい時間を過ごせますよ。

注意
さまざまな虫がいます。安心して鑑賞するためにも虫よけを準備した方がよいです
可愛らしいお地蔵様とあじさい

可愛らしいお地蔵様とあじさい

この可愛らしいわらべ地蔵は『杜太郎』といいます。あじさいの杜のマスコットのような存在です。

wata

あじさいは種類や地域によって咲き具合が多少違います。あじさいの杜にかぎらず、見頃を知りたければ事前に問い合わせしましょう

境内

和菓子と抹茶

和菓子と抹茶

境内では土日限定で和菓子と抹茶が提供されていました。一服300円。あじさいを楽しんだ後にくつろいでもらおうというわけですね。

他にもお菓子やお土産品の販売など、あじさいまつり限定のサービスがいくつも。鹿島セントラルホテルの提供する料理はスペシャルなのでお見逃し無く〜!

水戸黄門お手植えの槇

水戸黄門お手植えの槇

本堂の植物もとても美しいです。ゆりと潮来市指定の天然記念物まきです。

槇は水戸黄門(光圀)が元禄4年(1691年)にお手植えしました。本堂を改築したときの記念です。高さが13mもあります。境内の菩提樹も12mありますから、あじさい以外にも見どころたくさんといった感じです。

羽黒山 覚城院 二本松寺

ここで二本松寺についても振り返っておきましょう。

二本松寺は天長元年(824年)に慈覚大師・円仁によって潮来市茂木に開山されたといわれています。その後、建久2年(1191年)に当時の領主・嶋崎氏が築城の際に京都の比叡山の鬼門除けをマネて、二本松を鬼門にあたる現在に移しました。

嶋崎氏の祈願寺として栄え、氏が滅びた後も佐竹氏、水戸徳川家から信仰を集め、末寺を増やして隆盛を極めました。

ご本尊は水戸黄門より寄進を受けた秘仏薬師如来。鎌倉時代後期の作といいますから700年くらいの歴史。。茨城県の文化財に指定されています。

本堂

本堂

本堂

本堂です。移転開山800年を記念して平成3年(1991年)に落成しました。

ここにもあじさいの飾り付けがありますね。境内には休憩スペースやライブ席。それに野点傘などが用意されていて、のんびりとくつろげるようになっていました。あじさいの杜を見て周ると40分ほどかかりますから、ありがたいことです。

今回はあじさいをメインにご紹介しましたが、お寺も素晴らしいです。本尊の秘仏薬師如来は運慶の作といわれる茨城県の文化財ですし、水戸黄門とのゆかりもあります。

おみくじの創始者とされる元三厄除大師の石碑もユニークでいいですね!

参考 二本松寺について二本松寺公式

御朱印

二本松寺の御朱印(あじさいまつり限定)

二本松寺の御朱印(あじさいまつり限定)

二本松寺の御朱印です。御朱印料は300円。本堂右手の受付所でいただいてください。

あじさいまつりの期間中は限定の御朱印をいただけます。毎年、墨の色が変わっていまして2019年は水色。その前はピンク、金色だったかと思います。

MEMO
通常の黒墨の御朱印もいただけます

アクセス

名称あじさいの杜(羽黒山 覚城院 二本松寺)
住所茨城県潮来市堀之内1230
入場午前9時〜午後5時(最終受付は午後4時30分)
入参拝協力金300円
小・中学生 無料
4枚つづり 1,000円(200円お得)
Webサイト公式サイト
Facebookページ
Twitterアカウント
駐車場あり(無料)
普通車120台
TEL・予約0299-64-2263(見頃をお問い合わせできます)
車以外のアクセス■高速バス
東京駅八重洲口から 75分
※水郷潮来バスターミナルまで
■電車
JR鹿島線 潮来駅から15分

まとめ

この記事のまとめ

  • ”あじさいの杜”の見頃は6中旬(早咲き)〜7月上旬(遅咲き)
  • 二本松寺は9世紀に慈覚大師・円仁によって開山
  • 御朱印あり。あじさいまつり期間は限定も

参考図書

茨城の寺(二)/著:今瀬文也

関係報道
2019年6月17日 茨城新聞…斜面彩るアジサイ 潮来・二本松寺

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA