和田公園の稲敷チューリップまつりとイバライド(稲敷市)

桜の次にやってくるのはチューリップ!4月中旬の楽しみです。

茨城のチューリップといえば稲敷市の和田公園約20万本も植えられているんです。シーズンには稲敷チューリップまつりが開催。無料で素晴らしいひとときを過ごせます♪

この記事ではイベントが開催された和田公園と近くのテーマパーク イバライドをご紹介します。どちらも鮮やかなチューリップを楽しめる素敵なスポットです!

MEMO
イバライドは2018年からチューリップの代わりにネモフィラを植えています

稲敷チューリップまつりとは

チューリップまつり入場口

稲敷チューリップまつりは毎年4月中旬の日曜日に開催。場所は稲敷市の浮島にある和田公園です。和田公園は約20万本のチューリップが植えられていて、だれでも無料で楽しむことができます。

この時期はチューリップが見頃から満開を迎えます。2018年のイベントは台風の影響で中止となってしまいましたが、例年ですと大変美しい光景が広がっています。

この記事では2017年に開催されたチューリップまつりのようすをご紹介いたします。

駐車場

まずは駐車場。わたしはイベント開始直後の10時頃に行きましたが、公園の駐車場はほぼ満車。そのため臨時駐車場となった周辺企業の敷地に停めました。

来年以降も会場を訪れる時間が10時過ぎなら、公園まで行かずに途中で案内される臨時駐車場に停めた方がいいと思います。

霞ヶ浦を見ながらツーリング

駐車場から会場に向かう途中、サイクリング集団とすれ違いました。近年、公園周辺は霞ヶ浦を眺めながらサイクリングできるコースとして整備されているようです。

MEMO
イベントの駐車場は観光協会のイベントページでご確認ください。

チューリップ畑

和田公園のチューリップ畑1

畑にぎっしりと。。春を感じる鮮やかさですね。生命力に溢れていて見ていると元気が出てきます。

チューリップは子どもたちに人気です。きれい!大きい!たくさん!植物の中でも特に個性的なので気になってしまうのでしょう。

チューリップを植えるための通路を利用して花に囲まれた写真を撮る方が多かったです。

和田公園のピンクのチューリップ

よく見たら花びらに濃淡がありました。日差しが強いと色の淡いところから光が透けてガラスのように輝いて見えます。こうした種類は初めて見た気がします。チューリップは20種類ほどありましたが、新しい種類かも。

稲敷いなのすけ

いなのすけとチューリップ畑

チューリップ畑で迎えてくれているのは、稲敷市のマスコットキャラクター稲敷いなのすけ。かわいい。そしてブログを定期的に更新する几帳面な男の子です。稲敷をアピールするために頑張っています!

wata

いなのすけは2017年のゆるキャラグランプリでご当地5位でした(681体中)。実はすごい記録の持ち主!

イベント会場

チューリップまつり会場

広い公園のイベントスペースにはたくさんの出店。面白いのは各自治体のブースです。最近はいろいろと洗練されていて、とても良い品が並んでいます。

稲敷市からは『伊左部マッシュルーム組合』が生のマッシュルームの試食販売をしていました。生とバターで炒めたものを食べましたが、いずれもサクッとした食感、口の中に広がる香りがなんともいえません。

購入して自宅でも食べましたが、軽く焼いてお醤油をかけても美味しかったです。稲敷、美浦辺りはマッシュルームが名産品らしいので、こんどじっくり調べてみます。

チューリップまつりのステージ2

ステージではご当地キャラたちが自分たちのまちを宣伝していました。いなのすけもしっかりアピールしていましたよ。

チューリップまつりのステージ1

なんと、いなのすけにはテーマ曲があるんです!タイトルは「いいな!稲敷いなのすけ」。稲敷市地域おこし協力隊の岸本航さんが歌っていました♪

稲敷市にはいなのすけの他に、社会人の野球チーム『茨城ゴールデンゴールズ』のマスコットキャラクター丼丼どんどん。浮島小学校のゆるキャラ・ウキラ星人なるものがいます。ウキラ聖人は激レアのキャラクターらしいです。

アクセス

名称 水郷筑波国定公園 浮島園地(和田公園)
住所 茨城県稲敷市浮島5020-1
駐車場 あり
※イベントページに詳細があります
イベント概要 稲敷チューリップまつり
Webサイト 稲敷市観光協会

イバライドのチューリップ畑

チューリップ畑4

前回、イバライドを訪れたのは3月。そのときの景色も素敵でしたが、やっぱり開花シーズンはいいものです。

こちらのチューリップは約10万本。和田公園とは違った景観なので、同じ日でも充分楽しむことができました。

チューリップ畑3

チューリップはもともとヨーロッパの花なので、石畳の雰囲気が合いますね。和田公園と比べるとリッチで大人っぽい雰囲気があります。

イバライドのフラワーカレンダーによれば、チューリップはもう少しで終わってバラやひまわりが続くそうです。春からはずっとお花を楽しめます。

それでは、春になって雰囲気が変わった園内をご紹介します。3月の写真と比べると面白いです。

アスレチックで遊ぶ子どもたち1
2匹のポニー
園内の大きな池

まさに新緑の季節といった感じですね!

園内ではテントを張ってのんびり過ごしたり、外で食事をされている方がたくさんいました。水遊びやアスレチックもこの季節が一番いいのかもしれませんね〜。そして、動物たちのくつろいだ表情。。なんとも癒やされます。

アクセス

名称 こもれび森のイバライド
住所 茨城県稲敷市上君山2060−1
駐車場 多数あり
Webサイト 公式Webサイト

まとめ

チューリップの見頃は4月上旬から中旬まで。稲敷市の和田公園では毎年20万本のチューリップを楽しむことができます。

4月中旬には稲敷チューリップまつりを開催。多くの模擬店やステージイベントで盛り上がります。

近くにあるイバライドも開花シーズンを迎えていますので、ぜひ稲敷市を訪ねてみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA