穂積家住宅で『高萩茶寮』〜期間限定の古民家カフェ

高萩の夏の風物詩 高萩茶寮たかはぎさりょうがオープンしました!

高萩市の夏というと山と海のレジャーを連想しますが、歴史ある立派な古民家で素敵なお食事を楽しめるんです。

高速道路を降りてすぐ。山と海の中間にありますから、ぜひ覚えておいてくださいね。この記事では穂積家ほづみけ住宅の高萩茶寮をご紹介します。

MEMO
2019年秋の内容を追記しました。

高萩茶寮とは

穂積家住宅の主屋

穂積家住宅の主屋

高萩茶寮は期間限定の古民家カフェ。高萩市の穂積家住宅にオープンします。穂積家住宅は県指定の文化財で市を代表するスポットです。

今夏は7月20日(土)〜9月1日(日)まで。これまで夏と冬の2回開催、いずれも料理がおいしいと好評でした。

それもそのはず、料理は銀座の日本料理店 六雁むつかりの総料理長・秋山能久よしひささんが監修しています。秋山さんは水戸市出身。いばらき食のアンバサダーも務めていらっしゃいますよ。

高萩市のまちおこしの一環になっているそうで今回は読売新聞も取り上げています。

穂積家住宅

高萩ICを降りて3分くらい。県道111号沿いにあるのですぐに見つかりました。交通の便は最高ですね!

オープン2日目はあいにくの雨。でも、混雑が予想されたので却ってよかったかも。

広めの駐車場に駐車していざ高萩茶寮へ。まず穂積家住宅に入ります。

長屋門

長屋門

立派な長屋門。安永2年(1773年)に建てられた名家にふさわしい造り。家というか屋敷、いや城門に近いです。市の『史跡』にも指定されています。

長屋門の先に主屋が見えます。敷地内には蔵や古い農機具の展示などがされていますが。。お腹が空いているので一気に建物へ。

高萩茶寮入口

高萩茶寮入口

ひときわ目立つ濃厚な紫が茶寮を案内していました。足を踏み入れると土間になっており、席に座る前に注文を済ませます。

飲食スペースの広間

飲食スペースの広間

シンプルでスッキリした座席。清涼感がありますね。2人席が多かったのですが、4人でお越しでも大丈夫だったと思います。このときは、カップルとご夫婦が多かったかな。

注文を済ませた後は番号札を呼ばれるまで待ちます。お水やお茶はセルフサービスですよ〜。

MEMO
ふだんの穂積家住宅は午前9時〜午後4時まで開館。休館は月曜日です。入館料無料ですが、主屋を貸し切る場合は有料です。

おしながき

料理が到着する前に高萩茶寮のおしながきをご紹介しましょう。価格はすべて税込みです。

おしながき
  1. 高萩イチゴベリーかき氷 1,200円(ドリンクセット 1,400円)
  2. 紅はるかサツマイモかき氷 1,100円(ドリンクセット 1,300円)
  3. たつご味噌キャラメルかき氷 1,100円(ドリンクセット 1,300円)
  4. 常陸の輝き 肉味噌冷うどん 900円
  5. 常陸の輝き 豚しゃぶ山芋冷うどん 900円
  6. 高萩ソフトクリーム(ほおずきソース使用) 350円
  7. バニラソフトクリーム 200円
  8. コーヒー/紅茶/オレンジジュース/アップルジュース 300円

とてもシンプルですよね。次のような想いがあります。

秋山さんは「地方の素晴らしさを料理人の手で広げることが今の料理人に課せられている。かき氷とうどんというシンプルな食材で高萩の魅力を伝えていければ」と語った。
高萩・夏季限定カフェ 地場食材使い涼提供 文化財活用/茨城新聞

冬は常陸牛やローズポークを使った高級志向でした。正直、躊躇する料金だったので、この路線はうれしい!

参考 高萩茶寮(2018年冬)観光いばらき
MEMO
カフェですが酒類は扱っていません。

常陸の輝き 肉味噌冷うどん

常陸の輝き 肉味噌冷うどん

常陸の輝き 肉味噌冷うどん

わたしは注文したのは常陸の輝き 肉味噌冷うどん。900円(税込)です。

『常陸の輝き』は存じ上げませんでしたが、新しく誕生した茨城県銘柄のぶた肉なんですね。ローズポークみたいな感じでしょうか。

というわけで、まぜまぜしてからいただきます。。

一口で「ああ、高級な味。。」。だいこんおろしのジュワッ。水菜のパリっ、そして生姜の香りがフワッ。たくさんの食材が入っているのに、一瞬でそれがわかってしまう。

あっさりしているんですが、全体的には味噌とぶた肉の印象が強くてやや濃厚な味わいとなっていました。

太めのうどんはもきゅっとした食感で歯ごたえあり。つゆとよく絡んですごくおいしい。この1.5倍くらい食べたかったです!

気になったのは硬いチップ(そばの実?)のようなものが入っていたこと。柔らかいと思って食べていたのでびっくり。歯の悪い方は少し気をつけてくださいね。つゆにつけると軟らかくなります。

参考 「常陸の輝き」とは常陸の輝き推進協議会

高級なかき氷も人気ですね。わたしが足を運んだのはお昼だったんですが、料理とかき氷を食べている方は半々くらい。

雨が降って寒いくらいだったので、前々から楽しみにしてきたんでしょうね〜。

wata

土間では高萩市の名物・八千代おこしやたつご味噌が販売されています。おみやげにどうぞ〜♪

追加情報

2019年:秋の高萩茶寮はじまる

高萩茶寮がスタートして3年目。2019年の秋のスペシャル料理の提供がはじまりました。

期間は2019年9月21日(土)から同年12月1日(日)まで。

営業時間は夏と同じ午前11時〜午後4時までです。ラストオーダーや定休日も変わりません。

新メニューは以下です。価格は税込みです。

2019年秋のメニュー
常陸牛ビーフシチュー膳…2900円
県産ブランド豚「常陸の輝き」を使ったポークシチュー膳…2500円
高萩市産野菜のみを使ったシチュー…1800円

夏と比べてだいぶ高級ですね。食材にこだわったせいでしょう。

ふつうにお店で注文するのは少々悩むところですが、監修を考えると一度は試してみたい。。!

個人的には高萩市のお野菜を使ったシチューに興味があります。きっとひとつひとつ違った味と触感を楽しめるような工夫がされていると思いますよ!

wata

動画で少しわかりにくかったら公式サイトのトップページでどうぞ。全メニューが掲載されています。
参考 古民家でシチュー堪能 「高萩茶寮」3年目 21日から期間限定茨城新聞
MEMO
人気のほおずきパフェは1日10食限定です。

アクセス

名称高萩茶寮(穂積家住宅)
住所茨城県高萩市上手綱2337-1
期間2019年7月20日〜9月1日
営業時間11:00~16:00(L.O 15:30)
駐車場多数あり
定休日月曜日
※8月12日(月)は営業、翌13日が店休
TEL050-5239-7924(予約不可)
Webサイト公式サイト
Facebookページ
インスタグラム

まとめ

高萩茶寮は高萩市の穂積家住宅に期間限定でオープンするカフェです。

水戸市出身で都内で活躍するいばらき食のアンバサダー・秋山能久さんが監修しています。

今夏は高萩の名産をふんだんに取り入れたうどんとかき氷を揃えました。

9月1日まで開いていますので、ぜひ涼みにいらしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA