忠犬タローが36年ぶりに石岡駅に帰ってきた!みんなのタロー像の除幕式(石岡市)

タロー像アイキャッチ

2017年4月15日(土曜日)リニューアルされた石岡駅の広場でみんなのタロー像の除幕式がありました。石岡市民にはおなじみの『忠犬タロー物語』。なぜなら、この物語は本になっていて、それを書いたのがいまの市長。過去になんどもテレビや新聞で報道されたこともあって、いまや石岡市民だけの物語ではなくなりました。

除幕式の会場にはタローを偲ぶ大勢の方が訪れました。NHKのお昼のニュースで放送されましたので、全国的にも注目されたイベントだったのでしょう。

わたしも以前からタローのことは知っていて、駅前の老舗店でタローとの思い出をなんどか尋ねたことがあります。40年近く前のことですが、みなさん鮮明に覚えていらっしゃって驚かされました。タローのことだけでなく、当時の家族や従業員のことまで思い出してお話されるんです。結びつきが強かったんですね。タローはまぎれもなく石岡の住民でした。せっかくの機会ですので、タローの物語と除幕式の様子をご紹介します。

『忠犬タローものがたり』とは

書籍『あした会えるさ - 忠犬タローものがたり-』

タローについては、この本を読めばほとんどのことがわかると思います。以下に本の内容をざっくりとまとめます。

タローのことが知られるようになったのは東京オリンピックのあった昭和39年(1964年)頃です。のちにタローと呼ばれる犬は、いつしか決まった時間に石岡駅に現れるようになり、しばらく人の行き来を見ると去っていきます。人々がそれに気づいてから17年間、タローは死の間際まで毎日駅に通い続けました。

タローは駅でなにをしていたのかというと、ちょっとしたすれ違いによって石岡駅で別れてしまったご主人を探していました。石岡駅にいつもの時間に行けば再会できると思っていたのでしょう。会えない日が続いても、ひたすら通い続けました・・・まさに忠犬です。しかし、残念ながらその願いが叶うことはありませんでした。

ところが、タローの死から28年後、この出来事がテレビで放送されたことをきっかけに、ご主人がタローを見つけ出しました。みんながタローのことを大切に思って、物語を風化させなかったことが再会に繋がったといえます。タローとご主人の奇跡ともいえる再会は、人と動物の絆の物語として、さらに大勢の方に知られるようになりました。

とても不思議な縁です。でも、こうして今があるのは、人々が絆を繋ごうとしてきたからですね。

MEMO
再会のきっかけとなった番組は『天才!志村どうぶつ園

みんなのタロー像 除幕式

除幕式は改修中の駅の西口広場で行われました。1月前にはなかった交番がいつの間にか建っていてびっくり!石岡駅はその姿を大きく変えましたが、タローの物語は変わらずにあり続けているのですね。式典は開式の言葉のあと、すぐに除幕となりました。

みんなのタロー像除幕

忠犬タロー像

タローはふだん石岡東小学校にいました。用務員さんにお世話をしてもらい、小学生たちと遊ぶ。そして、決まった時間になると石岡駅へ。石岡駅には朝夕の2回、きっちりと足を運んでいました。

みんなのタロー像は子どもたちと一緒です。忠犬としても立派なタローですが、子どもたちの友だちだったことも忘れてはいけませんね。

市内の子どもたちによる合唱

忠犬タロー像除幕式での合唱

式典では子どもたちによる合唱が2曲ありました。石岡東小学校の児童たちが『タローは今日も』。善隣ぜんりん幼稚園の園児たちが『ここで君をまってるよ』を歌いました。いずれもタローの歌です。

wata

『ここで君をまっているよ』は、石岡駅の上り電車の発車メロディになっています。

来賓挨拶

タロー像にレイをかける元東小学校校長

続いて、このブロンズ像を建てた『忠犬タロー顕彰会』の代表顧問からタローに首飾りがかけられます。代表顧問は元東小学校の校長をされていた橋本千代寿さんです。赴任してきたときにタローの存在を不思議に感じたことなど、とてもあたたかい思い出を語られていました。

来賓の方々の挨拶はそれぞれ短いものでした。でも、私にとっては印象的なものが多かったです

『タローが36年ぶりに石岡駅に帰ってきました』『人も動物も愛されたり優しくされたりしたことを忘れることはありません』『タローは石岡市民の動物を慈しむ心のあらわれです』『石岡から動物愛護の精神が広まることを期待します』

MEMO
ブロンズ像を建てたのは、タローのことを将来に残していきたいからです。悲しいことに茨城県は犬猫の殺処分がとても多い県です。茨城県の生活衛生課によれば、2005年から2012年まで、犬の殺処分が8年連続で全国ワーストでした(2015年はワースト2位)。平成28年に『茨城県犬猫殺処分ゼロを目指す条例』が施行されましたが、状況をすぐに変えるのは難しいでしょう。

タローのことは感動的な物語だけではなく、動物を大切にすることも一緒に伝えたいですね。

わんわんパレード

除幕式が終わると、市内の専門学校生がワンちゃんを連れてパレードを行いました。

わんわんパレード3

わんわんパレード4

わんわんパレード1

わんわんパレード2

パレードで掲げられたのぼりには、『不幸な命を産まないために 不妊去勢手術を』『飼い犬、飼い猫に 迷子札をつけてね』などがありました。動物愛護といっても方法はたくさんあります。気持ちの面だけでなく、大切なことをきちんと学んで行動しなくてはいけません。

イラスト『忠犬タロー』

忠犬タロー

Illustration by Kamiji Takayama

タローは写真が苦手でした。そのため、タローの写真は一枚しか残っていません。石岡東小学校で撮られたもので、タローの本の表紙にもなっています。

このイラストは、その写真を元に私が個人的にKamijiさんに描いていただいたものです。(ちなみにエアブラシで描かれています)タローのおとなしくて優しい雰囲気が伝わるイラストなので、今回ご紹介させていただきました。

アクセス

名称 みんなのタロー像
住所 茨城県石岡市国府一丁目 石岡駅 西口広場
駐車場 なし