2月17日(水)『うなぎ地蔵』(城里町)の記事を公開しました。次回更新は2月21日(水)の予定です。

みほふれ愛プラザにパンツァー・フォー!貝塚にマッシュルーム!新しい施設で美浦の魅力をしっかりチェック!(美浦村)

みほふれ愛プラザアイキャッチ

茨城の県南にたいへん素晴らしい名前の村があります。みほ村です。(正しくは美浦村です)

村のことを知らなくても、美浦のトレセンといえば知っている方も多いでしょう。わたしは小学生の頃からトレセンだけは知っていました。たぶん、みどりのマキバオーというアニメとダービースタリオンというゲームの影響です。

それはともかく、美浦のトレセンは競走馬のためのトレーニング施設です。競馬でもっとも格式の高いレースをGⅠレースといいますが・・・美浦のトレセンで鍛えられてGⅠレースで優勝する馬はたくさんいるんです♪

ただ、トレセンは有名でもそれ以外はあまり知られていないかも。。。しかし、そんな美浦のことがわかる施設が今年の3月26日にオープン!その名もみほふれ愛プラザ!なんども足を運びましたが、とてもいいところです。美浦の面白いところもよくわかりましたので、まとめてご紹介します!

みほふれ愛プラザとは

みほふれ愛プラザ外観2

みほふれ愛プラザは国道125号沿いにあります。桜土浦インターからだと125号を阿見方面に直進するだけで到着です。30分はかかりません。車を運転しているなら見つけるのは簡単です。建物が大きいですし、おとなりにスーパーのカスミがあります。他のお店も並列していますので、かなり目立ちます。

主な機能

みほふれ愛プラザ内観

施設の機能は主に3つです。

  1. 子育て支援
    子どもと遊んだり、一時的に預かって貰えます。子育てを手伝ってもらいたい方と、手助けしたい方を結びつける仕組みもあるようです。詳しくはふれ愛プラザのWebサイトをご覧ください。ちなみに、パンフレットによれば美浦村以外にお住まいでも利用できるようです。むむむ。。。これは登録しておくといざというとき助かるかも。
  2. 世代間交流
    これについてはまったくわかりません。実績が増えないとWebサイトなどで確認できないと思います。村にお住まいの方は直接内容を聞いてみるといいですね!
  3. 地域産品直売所
    美味しいけれど、(失礼ながら)まだ有名でない美浦の名産品をゲットできます。最近はシェフとコラボして、いろいろな加工品も販売しています。けっこうな量あるので、こちらはまた別の機会にご紹介します。

美浦のマッシュルーム

美浦村の名産品はいくつもありますが・・・特にオススメするのはマッシュルームです!

美浦の名産品のマッシュルーム

なかなかのお値段だと思いますが、味はたしかです!ふんわりした食感と口の中に広がる香りがなんとも・・・トレセンの敷きワラ堆肥を利用していますので、美浦村ならではの逸品です。

料理のできない方もご安心を。店内に簡単なレシピがありますし、バター焼きなら切ってぬって焼くだけ!

美浦のマッシュルームのバター焼き

馬すぎる(T_T)

美浦のマッシュルームを使ったアヒージョ

土浦駅前のバーTakeoのメニューです。こちらはアヒージョですね。メニューにばっちりと美浦村産と書いてあります。

MEMO
潮来市の焼肉店・牛子でも美浦村産のマッシュルームを提供しています。(バター焼き)いずれの店舗も常陸牛などの高級品を扱うお店です。美浦のマッシュルームは一級品だとわかります。

wata

他の名産品だとパプリカも美味しかったです。写真を忘れて食べてしまいましたが、甘くて柔らかくていい香りがします。ピーマンのような苦味はほとんどありませんね。やたら大きいのも特徴です!

美浦村情報

これまで、美浦のことはほとんど知りませんでした。でも、Web上で見つからないだけで、しっかり紙媒体は発行されていたんです。

ふれ愛プラザでは、美浦の広報誌が並んでいます。ふれ愛ぷらざのこと、新しいマスコットみほーすのこと、イベントのこと。読んでみると、ほんとはいろいろあるんです。

なになに・・・3月26日にGⅠ高松宮杯で美浦所属のセイウンコウセイ号が優勝・・・みほふれ愛プラザがオープンした日にそんなことがあったなんて!優勝賞金9800万円!?Σ(゚∀゚ノ)ノそして、6月25日にはGⅠ宝塚記念でサトノクラウン号が優勝・・・優勝賞金は1億5000万円!実はスゴイことになってます( •̀ㅁ•́;)

直売所と一緒にチェックしておきましょう♪

アクセス

名称 地域交流観みほふれ愛プラザ
住所 〒300-0412 茨城県稲敷郡美浦村宮地
Webサイト https://www.vill.miho.lg.jp/page/dir004927.html
駐車場 あり

陸平貝塚

陸平貝塚石碑

ふれ愛プラザには陸平おかだいら貝塚の案内がいくつもあります。美浦でトレセンの次に有名なのがこの貝塚です。

陸平貝塚の復元された古代住居

貝塚とは古代の日本人が食べた貝殻が集まってできたものです。陸平貝塚は日本でも特に大きな貝塚なので、たくさんの古代人がいた場所ということですね。発掘される貝は、いまから約3500年〜7000年前のものだそうです!実はいろいろとスケールの大きい美浦村です。

ちなみに、貝はアルカリ性なので、成分が地面に染み込むと酸を中和して骨などが溶けずに残るんです。つまり、貝塚があると人々が食べているものなんかもわかっちゃいます!

美浦村文化財センター

こんな話を貝塚のそばにある文化財センターで教えてもらいました。以前、美浦の古墳について調べていたときにもお世話になった施設です。建物にはいつでも古代のことが学べる展示物があります。案内してくださる方もいるので、知りたいことをどんどん質問しましょう!

wata

陸平貝塚は国が指定した本物の史跡です。古代の人々の生活や発掘現場などに興味ある方にはおすすめですが・・・子どもの遊べる遊具などがあるわけじゃないです。古代のロマンにひたる場所なのです!

・・・でも、調べたら年に一度陸平縄文ムラまつりというイベントをやっています。個性的でいいですね!

アクセス

名称  美浦村文化財センター ※陸平貝塚はすぐそばです
住所 〒300-0404 茨城県稲敷郡美浦村土浦2359
駐車場 あり

みほーす

みほーす

いまやどの市町村にもマスコットキャラクターがいます。そしてついに美浦にも・・・それがみほーすです。みほふれ愛プラザの竣工式の日にお披露目されました。なかなか愛らしい目をしています。美浦村の特徴である馬と古代人をイメージできます。

デザインは公募されましたが、名前は村の中の投票によって決まりました。マスコットとしては遅めのデビューだけあって、かなり洗練されています。個人的に帽子の部分が好きです。MIHOって書いちゃってます。積極的でいいです♪

マスコットの活躍の機会って実は多いんですよね。いまや引っ張りだこで市町村の名産品やイベントのアピールをしています。継続的に活動すればイメージも育ちますから、今後も活躍の機会が増えていくでしょう。

みほーすマドレーヌ

みほーぬマドレーヌ

みほふれ愛プラザのすぐそばに洋菓子店のくわやがあります。名物にマドレーヌがあるのですが、そこには・・・みほーすがいます!くわやは美浦で100年続く銘店です。みほーす入りのマドレーヌは新しいですが、マドレーヌ自体の販売はずっと続けています。

・・・もちろん、美味しいです。ふだん洋菓子は食べませんが、ふわっとした食感がよかったです。

wata

このお菓子はふれ愛プラザの竣工式で振る舞われました!美浦を代表するお菓子です!
名称 くわや
住所 〒300-0421 茨城県稲敷郡美浦村木原486

大洗新鮮組

タイトルやアイキャッチのイラスト。ただ、面白がっているわけじゃありません。大洗は関係あります!

大洗新撰組

このふれ愛プラザには月2回、大洗新鮮組がやってきます。新鮮組は大洗の海産物を移動販売しているんです。まさか、大洗に行かなくても生しらすが食べられるなんて。。。

日程はバラバラですが、ほぼ土曜日に来ます。売り切れ御免なので、のんびりしていられません!ただ、その日にとれたものを販売しているので、漁や天気の状況によっては中止になることも・・・8月26日は残念ながら不漁のため中止でした。その代わり、大洗でも特に良い品を仕入れているそうなので期待して下さい!

販売日はここに来てポスターを見ないとわからないかも。一応、みほふれ愛プラザと大洗町地域おこし協力隊、大洗新鮮組のTwitterはチェックです!次回は9月9日(土)に来ます!時間は11時頃からです。ちなみに、わたしは以前ここでホッキ飯を買いました!

大洗新撰組のホッキ飯

ホッキ祭りで食べられなかったあとなので、かなりうれしかったです(T_T)

イラスト「みほーす(?)」

みほーす?

Illustration by Nonstop

これを考えた人はたぶん大勢います。でも、やってしまったのはここだけ。。。
大洗新鮮組を見たときに作ろうと決めました(*^^*)

言うまでもありませんが・・・美浦のマスコットみほーすとガルパンの主人公西住みほを合体させました。「あの、おとなしい西住どのが・・・」そう思わせたくて、Nonstopさんに描いていただきました。

美浦村は派手ではありませんが、歴史的にも文化的にも食べ物においても縁の下の力持ちです。でも、これからはみほーすの力を借りながら、活躍の機会が増えるといいですね!