日本一の大フクロウ!触れば不苦労まちがい無し!?ご利益満載の鷲子山上神社(常陸大宮市)

日本一の大フクロウ像

ゴールデンウィークを利用して、久しぶりに県北へ足を運んでみました。住んでいる県南にはあまり情報が入ってこないので、たまに行くとなるとすごくワクワクします♪

どこに行こうか迷いましたが、常陸大宮市にある鷲子山上とりのこさんしょう神社を選びました。パンフレットなどでは住所を栃木県とされていますが、大変珍しいことに境内が茨城県と栃木県にまたがっています。少々強引ですが、茨城の観光スポットとしてご紹介します。

鷲子山上神社は古い歴史があるだけでなく、宝くじの当選など強力なご利益のある神社だそうです!見どころも他の神社とは一風変わっているので、普段お参りをしない方にもオススメできます。

神社の境内

混雑を予想したので10時前に到着。さすがに子どもたちは少なかったです。のんびりと参拝&散策スタートです♪

鳥の展示と鳥居

神の使いがフクロウということで、鳥とゆかりのある神社だとは思ってましたが・・・まさか本物の鳥たちのお出迎えがあるとは。管理されているのは地元の方々でしょうか?鳥たちはかごで大人しくしていますが、かごは閉まっておらず自由に触れました。写真だとわかりにくいですが、非常に立派な鳥たちです。にわとりの数倍あるのもいます。

プリマスロック

烏骨鶏(白)

視界がふさがっていそうな鳥は烏骨鶏うこっけいです。にわとりの一種でマルコポーロの『東方見聞録』にも書かれている希少種です。中国では霊鳥とされていて、お肉を食べると不老不死になれるのだとか・・・卵は高級品として有名ですよね。青い部分は耳たぶです。塗っているわけじゃないそうですよ〜。

神社鳥居

東天紅鶏とうてんこうが「いらっしゃい」とお出迎えをしてくれました。この鳥も先程の烏骨鶏も、国の天然記念物です。なんかスゴイところに来てしまった気がします。

水掛け不苦労

水かけフクロウ像

手水舎のお隣には水掛け不苦労があります。フクロウの像に水をかけてから、優しくなでて幸福を願います。明るく笑顔ですることが重要です!境内にフクロウの像がたくさんありますが、いずれも同じようにお願いをします。なぜ、明るく笑顔なのかわかりませんが、たしかにその方が神様も気持ちよく叶えてくれそうですね。

楼門・安養閣

楼門(安養閣)

楼門・安養閣あんようかくです。楼門の中央から左側が栃木県、右側が茨城県です。まさに県境に位置しています。

楼門には立派な仁王像があります。仁王像は仏像ですから、神仏が混合していますね!

手前には合格祈願ののぼりがあります。フクロウは知的な鳥ですから、その知性にあやかろうとする方も多いのでしょう。

フクロウの石段

フクロウの石段

社務所から拝殿までの石段は96段です。往復すると2×96段。296ふくろうなので、フクロウの石段と呼ばれています。こだわっていますね。

拝殿

鷲子山上神社本殿

拝殿です。両脇には二匹のフクロウ像があります。こちらのフクロウ像も優しくなでると家庭にご利益があります。

拝殿の後ろに本殿があります。本殿について神社のWebサイトから引用します。

大同二年(807年)鎮座。天日鷲命(あめのひわしのみこと)大己貴命(おおなむちのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)がまつられています。現存する本殿は、天明8年(1788)に再建されたもので、三間社流造の銅板葦で千木・堅魚木を配し、向拝を付している。

祀っている神様にわしの字があります。鳥が大切にされている理由のひとつでしょう。鎮座から数えると1200年ですか。。。考えてみれば日本以外の国は1200年前に存在しません。日本は日々、最長不倒記録を更新中なんですね。

wata

本殿も楼門と同じく、栃木県と茨城県の両県にあります。実はこの神社の社務所もそれぞれの県にあるんです。面白い!

それでは、少しだけ周辺をご紹介します。

千年杉

千年杉

本殿のすぐ隣りにあります。樹齢1000年と言われていて、栃木の名木百選にされています。とても立派ですが、周辺にはそれに近い大きさの樹々が。エネルギーを貰おうと森林浴に訪れる方がたくさんいるのも納得です!

三本杉社

三本杉神社

11月にこの社の前で『夜祭』という重要なお祭りがあります。開山以来の伝統のお祭りで、古来の作法で続けているそうです。詳しくはこちらをご覧ください。お祭りの最後には『ゆでたまご』を食べます。不思議なお祭りですが、こうしたものは続けることに意味があると思います。現代の理論ですべて説明できないからこそ大切なんですよね。

鷲子山上神社のカヤ

巨大なカヤの木

樹齢600年の巨木です。カヤは南方で育つ木です。この神社はカヤが育つ環境としてはギリギリで、これより北では育たないとか。でも、いまだに元気いっぱいに緑色の葉をつけています。県が指定した天然記念物です。

日本一のフクロウ像

最後になりましたが、ぜひ見ていただきたい写真を。境内の本宮に手前にあります。

巨大フクロウ像の前の鳥居

鳥居をくぐって、階段をのぼると・・・

日本一の大フクロウ像

日本一の大フクロウ像です。地上7メートルの高さがあります。像の下には『フクロウ御柱』があって、心を込めて叩くとご利益があります!フクロウは不苦労のほか、福老ともされ、大変縁起のよい鳥です。いろいろなご利益がありますが、境内では「宝くじに当たった!」という声をたくさん紹介しています。

体験談の書かれた紙には、”コツ”のようなものもあります。笑顔でフクロウ御柱をたたいた、境内の亀戸の神水をいただいた、宝くじを冷蔵庫に入れた・・・フムフム。ちょっと不思議なことも書かれていますが、面白くていいですね。

わたし自身は参拝でご利益を期待しているわけではありませんが、こうして神社やお寺で楽しむことは大歓迎です。本当にご利益かもしれませんし、ぜひ、たくさんの方に来てもらいたいです!

本宮

ついでのようになってしまいましたが、こちらが本宮です。古くはこちらに神社があったそうです。たくさんのフクロウに囲まれていて、なんだか賑やかな雰囲気です♪v(´∀`*v)

まとめ

鷲子山上神社は、とり(フクロウ)にちなんだものがたくさんあります。さまざまなご利益があると云われますが、宝くじに当たることが有名です。

紹介しきれませんでしたが、鷲子山上神社の境内は見どころもご利益も満載!水戸黄門が歩んだ道やゆかりの品々、伝説の亀戸などなど、面白いものがまだまだあります。次に足を運んだ際には評判の山菜おこわ定食をいただきたいですね〜。

アクセス

境内の売店

名称 鷲子山上神社
住所 〒324-0607 栃木県那須郡那珂川町矢又1948
Webサイト http://www.torinokosan.com/
駐車場 あり
その他 神社は山の上です。茨城県側と栃木県側、それぞれから入れますが、道路の広い茨城県側からお進みください。(神社Webサイトからのご案内