見頃を迎えた牛久市観光アヤメ園!おとなりの牛久沼と稲荷川もよろうしく!(牛久市)

牛久市観光アヤメ園

観光地はパンフレット片手にオススメのスポットを周ります。そうすれば、とても効率よく楽しめますが・・・さらに楽しいのは自分なりのオススメを見つけることですね。ほんの小さなことでも、自分で見つけられると行ってよかったと思います。いいところを見つけるって、すごく楽しくて大切なことです。

そんなことを牛久市観光アヤメ園で考えていました。この投稿をする頃、見頃は過ぎてしまうかもしれませんが、6月下旬は遅咲きの品種が咲くそうなので、まだまだ楽しめると思います。牛久駅のすぐ近くので、通りかかったらぜひお立ち寄りください!

牛久市観光アヤメ園

牛久市観光アヤメ園入り口

牛久市観光アヤメ園は、牛久沼から流れる稲荷川沿いにあります。カーナビを使うなら、目的地を『三日月橋学習センター』にセットすると行きやすいです。

観光協会のWebサイトにあるわかりやすい紹介を引用します。

 総面積8,000㎡の敷地に約200品種、2万本のアヤメ・花菖蒲・カキツバタがあり、紫、白、黄色と色とりどりに咲く花の魅力を楽しむことができます。
 花菖蒲は例年6月初旬頃から早咲き系の品種が開花し、中旬頃に一番の見頃迎え、下旬ごろに遅咲き系の品種が終わるまでの約一ヶ月間楽しんで頂く事ができます。
 また、市営の公園なので時間を気にせず自由に見学していただくことができます。
牛久市観光アヤメ園の紹介/牛久市観光協会

面積や品種、アヤメの数で規模を想像するのは難しいですよね。有名な潮来あやめ園は、面積約1.3ヘクタールで品種が500、数は100万本です。それと比較するとコンパクトに感じます。でも、潮来とは違った魅力があります!

わたしは2つを比べながら見たのですが、牛久ならではの良さを見つけました!

牛久市観光アヤメ園6

牛久市観光アヤメ園3

牛久市観光アヤメ園1

牛久市観光アヤメ園4

潮来のあやめ園は町中にありますが、こちらは郊外で田んぼに囲まれています。いまの時期は田植えが終わって、整然とした稲があります。鮮やかな緑と透き通った水が気分をリフレッシュさせてくれます。アヤメもきれいですが、素敵な田園風景があるのは牛久だけです。

色鮮やかな花たち

もちろん、たくさんのアヤメがあります。よく見ると、同じアヤメでもぜんぜん違いますね。奥が深い。こうしたものが200種類・・・人気だからこその種類ですね。

あじさい

『あじさい』や『デイリー・リリー』など、他にも鮮やかな花が咲いていました。とてもきれいに咲いていたので、アヤメ以外もアリですね♪

ところで、アヤメ園のお手入れは『NPO法人 うしく里山の会』がされているようです。この日、うしく里山の会の『のぼり』を見かけました。会のWebサイトには以下の説明があります。

アヤメ園管理業務
市のワインビレッジ構想「水と緑のネットワーク」の起点となる牛久沼に面した貴重な水辺空間の自然生態系の復活と、荒廃したアヤメ園を再生を目的としています。

荒廃したアヤメ園・・・ここは、もともと放置されていた地なのでしょうか。いまの景観になったのは、こうした活動のおかげなのですね!

園の管理について

アヤメ園は昭和60年に創設されたのですが、充分なお手入れがされていませんでした。それを12年前から『NPO法人 うしく里山の会』が管理をはじめて、いまがあります。アヤメの株分けをしたり、井戸水を引き入れたり・・・詳しくは、牛久市のインターネット情報番組『ちゃんみよtv』で知ることが出来ます!

牛久沼と稲荷川

稲荷川とかっぱの石像

牛久といえば牛久沼でしょう。『牛食う沼』の伝説があるユニークな沼です。(写真の奥に広がっているのが牛久沼です)

その牛久沼から流れているのが稲荷川です。とても立派な川で、アヤメ園からその景観を楽しむことができます。稲荷は「稲が成る」が由来のたいへん縁起のいい言葉です。周辺では稲荷川と同じ水で稲を育てています。

wata

稲荷川には三日月橋がかかっています。通行する車に注意が必要ですが、橋から見る稲荷川と牛久沼はとても美しいです!写真の奥にかすかに鉄塔や町が見えますが、それは龍ケ崎の町なんです♪

牛久と河童

あやめとかっぱの石像

アヤメ園や三日月橋には、河童かっぱの像があります。ご存知の方が多いと思いますが、牛久は河童の町です。(市のマスコット・キューちゃんも河童です!)古い伝承に河童がいますし、なにより郷土の日本画家・小川芋銭うせんが好んで描いていました。芋銭のことは改めてご紹介しますが、横山大観に認められた日本を代表する画家です。

芋銭は上京しましたが、生涯のほとんどを牛久で過ごしました。農村風景が好きで、晩年は牛久沼のほとりに住まいを兼ねたアトリエを建てています。きっとそこから見る風景が一番好きだったのでしょう。

ところで、そのアトリエは雲魚亭うんぎょていといいます。場所はアヤメ園から歩いて10分ほどで、住所も同じ城中町です。つまり、アヤメ園の周辺りや牛久沼、稲荷川の風景は小川芋銭が最期まで好きだったものです。そう考えて見直してみると、この地がもっと素敵に思えませんか?

牛久市観光アヤメ園2

アクセス

名称 牛久市観光アヤメ園
住所 〒300-1224 茨城県牛久市庄兵衛新田町210−3
(正式住所はカーナビで正しく誘導されないので『三日月橋学習センター』にしてあります)
Webサイト 牛久市観光協会内
駐車場 あり
定休日 なし